街裏ぴんくが「ラジオリスナーフェス2020」に出演!YoutubeやSNSも紹介!

街裏ぴんくはYouTubeをしているの!?SNSも紹介!


街裏ぴんくのプロフィール
◆生年月日:1985年2月6日
◆出身:大阪府
◆身長:178cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:トゥインクル・コーポレーション

街裏ぴんくのYouTubeチャンネルが注目度上昇中!

街裏ぴんくは、漫談を中心に活動しているお笑い芸人。スーツに蝶ネクタイという出で立ちで、自分のエピソードを物語風に語るという芸風です。テレビにはあまり出演しませんが、独演会はかなり前から定期的に行っています。

街裏ぴんくは2017年7月から、その独演会の様子をYouTubeの公式チャンネル「街裏チャンネル」で配信しています。2020年4月時点のチャンネル登録者数は現在4200人ほどですが、2019年に「R-1ぐらんぷり」の準決勝に進出してから知名度も上がり、注目度もアップしています。

街裏ぴんくのSNSも紹介!Twitterは頻繁に呟いている!

街裏ぴんくは、SNSでも頻繁に情報を発信しています。ツイッターでは独演会の告知を始め、かなりの頻度でいろいろなことを呟いています。フォロワー数は約8300人。また、「裏ぴんくの有名人目撃録」というツイッターアカウントも別にあり、こちらも人気が上がりつつあるようです。

街裏ピンクは「街裏ぴんく現代漫談の娘」というブログも1ヶ月に1度くらいのペースで更新しています。独演会の告知と共に、日常の出来事やふと思ったことなどを書いているブログで、街裏ぴんくの内面を垣間見ることができます。彼の穏やかな文章表現は、心を和ませてくれます。

芸人・ウエスPが海外で絶賛の嵐!1本の動画から「ゴット・タレント」決勝に進出!?

街裏ぴんくがプロフィールや過去出場歴を紹介!

街裏ぴんくがプロフィールを紹介!大学在学中にお笑いコンビを結成していた!?

街裏ぴんくは1985年2月6日生まれ、大阪府堺市の出身です。2004年、神戸学院大学在学中に「裏ブラウン」というお笑いコンビを結成しましたが、4年後には解散。ピン芸人として活動するようになりました。特技は甘い歌声と街で絡まれないことだそうです。

2012年に上京した街裏ぴんくは、悪役俳優を擁する事務所に所属していたこともあるようですが、2014年5月に現在のトゥインクル・コーポレーション所属タレントになり、ラジオやテレビ番組にも出演するようになりました。

これまでに出演したテレビ番組には、BSフジの「冗談手帳」「冗談騎士」、日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」などがあります。「冗談手帳」に出演した際、鈴木おさむに「番組史上一番おもしろい」「第二のタモリ、鶴瓶」などと絶賛され、スーツを買ってもらったというエピソードもあります。

街裏ぴんくが過去出場歴を紹介!賞レースにはあまり出ていない!?

街裏ぴんくの独演会は2010年2月6日、道頓堀中座くいだおれビルの100人劇場からスタートし、それ以来定期的に独演会を行ってきました。

賞レースにはあまり出てこなかったようですが、「R-1ぐらんぷり」には2017年、2019年と過去2回出場しています。2017年の大会では東京予選の準々決勝まで、2019年の大会では準決勝に進出しました。

「あまちゃん」再放送!宮藤官九郎のドラマ、舞台、歌舞伎に外れ無し!

街裏ぴんく、Radiotalkの番組配信で「ラジオリスナーフェス2020」の出演決定!Radiotalkの魅力を語ってくれる!?

街裏ぴんくがRadiotalkの魅力を語る?

街裏ぴんくは、東京・渋谷ユーロライブで4月5日に開催される「ラジオリスナーフェス2020」に出演しました。このイベントはラジオリスナーが作るラジオリスナーのためのトークフェスで、出演者がラジオにまつわる話を繰り広げるというもの。

街裏ぴんくは2019年6月からネットラジオ・Radiotalkで、街裏ぴんくの「UチューダイセンSO」という番組を配信しています。このイベントには「広がり続けるラジオの世界!Radiotalkとは」という企画があり、その魅力について語りました。

街裏ぴんくが出演する企画の他に、「リスナーが選ぶネット系ラジオ」「深夜ラジオ編成ドラフト会議」「誰でも出来るフリートークの組み立て方」があります。「リスナーが選ぶネット系ラジオ」は放送局の番組でなくても、リスナーが面白いと思って選んだものはOKということで、お笑いコンビ・ウエストランドはYouTubeやPodcastで「ウエストランドのぶちラジ!」というラジオ形式の番組を配信していることから出演が決まったようです。

この企画には、エレキコミック・今立進&原カントくん、ラランドも出演。「深夜ラジオ編成ドラフト会議」には、シンガーソングライター・百山月花、女優・奥森皐月、エレクトリックリボンの室井ゆうが、「誰でも出来るフリートークの組み立て方」には放送作家の藤井青銅が出演しました。

ネット以外のラジオ番組出演経験も!

多彩な出演者の中でも街裏ぴんくのトークを特に期待できるのは、ネットラジオだけではなく、TBSの「マイナビ Laughter Night」やMBSの「ヤングタウン日曜日」など、ラジオ番組出演の経験があるからです。舞台でも見た目のインパクトに頼ることなく、漫談で人を笑わせてきた街裏ぴんくの実力は、顔が見えないラジオ番組でも活かされてきました。漫談という形にこだわって頑張り続けてきたことと、何か繋がるものがあるような気がしますね。

新型コロナウィルスの感染拡大により当面の間は劇場で行う寄席などは難しく、芸人にとっては厳しい状況が続きます。しかしそんな現状をただ黙って耐えるだけでなく、YouTubeでの生配信などで自粛ムードの日本に笑いを届けてくれる芸人が続々と登場しています。

街裏ぴんくもzoomで自宅からの生配信という形で、4月14日に26回目となる大喜利バトル「大喜利珈琲」を芸人仲間と開催しました。4月28日に予定していた新作漫談会は中止になるようですが、こちらも何等かの形で配信できる方法を探っているとのこと。最新の情報は、随時ツイッターで配信されているので要チェックです。

アキナは元トリオ漫才として活動していた!?漫才コンビとして活動することになったきっかけや名前の由来は?
学天即も出演!吉本劇場から生配信!つくねが再改名!現在の芸名は!?
かが屋がネクストブレイクランキングでトップ10入り!新型コロナの影響で無観客ライブを実施!

関連記事

ページ上部へ戻る