「覚悟はいいかそこの女子。」が映画、ドラマ化で大注目!原作漫画とはここが違う!

スポンサーリンク

「覚悟はいいかそこの女子。」が映画、ドラマ化で大注目!ヘモテモテヘタレ男子の恋の行方は?

「覚悟はいいかそこの女子。」はヘタレ男子の告白から始まるラブストーリー!あらすじ

「覚悟はいいかそこの女子。」は、集英社「マーガレット」に連載されていた椎葉ナナの漫画作品です。少女漫画誌に連載されてはいましたが、主人公は、男子高校生の古谷斗和。イケメンで明るくてノリも良く、女子からの好感度は抜群で、誰もが好きになってしまうような少年です。

母や姉を含めた全ての女子に溺愛され、可愛がられてきた斗和でしたが、実は恋愛経験は皆無。みんなのアイドルではあるものの、特定の相手はいませんでした。彼女を作ろうと決めて相手に選んだのは、学年一の美少女・三輪美苑です。しかし、彼女がほしいというだけで告白した斗和は見事玉砕。

フラれたことで意地になり、何度もアタックを繰り返します。そうするうちに、美苑の抱えている事情や内面に触れることで本気で恋をしますが、彼女には片想いの相手がいました。果たして、斗和の初恋は成就するのでしょうか?「覚悟はいいかそこの女子。」は、イケメン男子のピュアな恋をコミカルに描いていきます。

「覚悟はいいかそこの女子。」でモテモテヘタレ男子の恋の行方は?

「覚悟はいいかそこの女子。」は、イケメンでモテるのに恋愛経験ゼロというヘタレ男子が、本気の恋に目覚めるというピュアなラブコメディ作品です。読み進むうちに、フラれても果敢に再チャレンジする斗和を自然と応援したくなります。それに対して、ちょっとクールな美苑は、一匹狼風の少女。実は父親を亡くして、ボロアパートで母親と2人暮らしをする中、寂しい想いを抱えていました。

スポンサーリンク

美苑の事情を知った斗和は、傍にいようと提案しますが、激しく拒絶されてしまいます。しかし、今までの自分から変わりたいと決意し、美苑の住むアパートの隣室に引っ越してきて、態度を気持ちで示した斗和。美苑が片思いしていた古典教師・柾木隆次に告白し、玉砕して物語は幕を閉じますが、斗和の恋が成就したか否かの明確な答えは出ていません。しかし、フラれたけれど涙を見せなかった美苑の気持ちがどこに向かっているのかが感じ取れる最後となりました。

「覚悟はいいかそこの女子。」が中川大志主演で実写映画化!原作漫画と映画はここが違う!

「覚悟はいいかそこの女子。」が中川大志主演で実写映画化!キャストは?

イケメンヘタレ男子とクール女子のピュアラブコメディ「覚悟はいいかそこの女子。」の実写映画化が、2018年4に発表されました。古谷斗和役で主演を務めるのは中川大志です。2008年にスカウトされて芸能界デビュー後、俳優として多くのドラマや映画に出演しました。

直近では、2018年のドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」馳天馬役や、2018年7月公開の映画「虹色デイズ」松永智也役など、イケメン俳優として人気を集めています。ヒロイン三輪美苑を演じるのは、透明感抜群の唐田えりかです。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された、2018年9月公開の映画「寝ても覚めても」でもヒロインを演じる注目の新人女優です。

スポンサーリンク

その他にも、新見律役を健太郎、澤田惟智也役を甲斐翔真、久瀬龍生役を若林時英が演じることが発表されています。また、モテ教師の柾木隆次役を演じるのは小池徹平です。

「覚悟はいいかそこの女子。」の原作漫画と映画はここが違う!

「覚悟はいいかそこの女子。」は、コミックス全2巻で完結しています。映像化するには少々短く、登場人物も少なめ。そのため、実写映画化に際しては、オリジナルキャラを登場させたり、目立たないキャラに設定を盛り込んだりと、漫画で描ききれなかったエピソードが登場すると作者の椎葉ナナがコメントしています。原作では斗和の友人は2人登場しますが、映画では3人と1人増えた4人組に。

また、美苑は美大を目指している設定なので、原作では古典教師だった柾木は美術教師に変更され、より繊細な印象になっています。とはいえ、ストーリーの詳細はまだ公開されていませんが、基本的な流れは原作と変わらない様子。男子の友情を描きながら、斗和と美苑の関係を描いていく、青春色の強い作品になるのではと予想されます。

「覚悟はいいかそこの女子。」中川大志主演映画の前日譚がドラマ化!

2018年4月に実写映画化が発表された「覚悟はいいかそこの女子。」は、テレビドラマ化もされています。深夜ドラマ枠「ドラマイムズ」で放送のドラマ版「覚悟はいいかそこの女子。」は、映画のスピンオフ作品です。新キャラクターなども登場する映画の前日譚で、斗和が美苑と出会う前のエピソードを全5話で描きます。

物語の中心は、女子にモテモテながら男女交際経験皆無の斗和が、女子を虜にする同級生の内藤冬馬をうらやみ、学校中の女子生徒を虜にしようと奮闘していくコミカルな姿。斗和と友人3人は映画と同キャストですが、ドラマ版にはオリジナルキャラクターも多数登場。

イケメン男子・冬馬を杉野遥亮、斗和のいとこの麻倉小雨を恒松祐里、モテない男子・真島奏太を田中偉登、映画部部長の中垣内賢治を中尾暢樹が演じています。ドラマ公式サイトには、あらすじとともに最新話の画像も公開されており、第4話では、賢治が斗和の頬にキスをしているという衝撃的なシーンも!

「ヘタレ役を演じて見たかった」という中川大志はやる気十分。撮影当時は19歳と、10代最後の主演作品になったこともあり、感慨もひとしおだったようです。役と実年齢が近いこともあり、「10代特有のエネルギーや、等身大の部分を大事に演じた」ともコメントしています。

また、斗和は、映画&ドラマを通して制服の着方に工夫をしているようなので、細かいところにも注目です。映画の公式サイトでは、予告ムービーが公開されており、美苑役の唐田えりかのコメントも公開されています。クールで動じないキャラクターですが、「斗和と関わることによって微妙に変化する気持ちや、心の変化を表現するように演じた」と語りました。

中川大志に壁ドンをするという驚きのシーンも用意されているらしく、映画の公開に期待が高まります。ドラマ、そして映画と続く、ヘタレ男子の青春とピュアな恋愛がギュッと詰まった物語をお楽しみください。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る