加藤優は美しすぎる女子野球選手!ジャパンカップでの活躍期待大!

加藤優はオリックス・バファローズの大ファン!美しすぎる女子野球選手はCDデビューも!

加藤優はオリ姫!オリックス・バファローズの大ファン!

加藤優は、埼玉アストライアに所属している女子プロ野球選手です。2015年9月にプロテストに合格した後、外野手として活躍しています。そんな加藤優は、大のオリックスファン、いわゆる「オリ姫」です。2016年5月に行われたオリックス・バファローズVS福岡ソフトバンクホークスの始球式で、チームメイトの川端友紀とダブル始球式を務めたことがきっかけでファンになったと言います。

この日行われたのは、男子プロ野球と女子プロ野球のスペシャルコラボマッチ。「もっと女子プロ野球を知ってもらおう」という趣旨の元、オリックス・バファローズの公式戦の後に、女子プロ野球の公式戦が開催されました。この始球式をきっかけに「オリ姫」となった加藤優は、関東の試合だけでなく、京セラドーム大阪やファームの舞洲サブ球場など、遠方までも足を運ぶほど熱狂的なファンに。その様子は、自身のツイッターでもたびたび発信されています。

加藤優は女子野球のプロ入り後に歌手としてCDデビューも果たしていた!

学生時代から「美しすぎる女子野球選手」と話題を集めていた加藤優。プロ入り後は、なんとCDデビューまで果たしました。それまでは趣味のひとつとして音楽を嗜んでいた加藤優が2015年にリリースしたのは、「ファイト!~たったひとりの応援歌~」。元気な加藤優のイメージにぴったりな明るい歌に仕上がっています。

また、同CDの収録曲「きみのそら」では、自ら作詞・作曲も担当しました。こちらは、スローで優しい雰囲気の曲調です。アコースティックギターを弾くことができる加藤優は、自身のツイッターで、アニメ「HUNTER×HUNTER」のオープニング曲の弾き語りを披露したこともあります。

加藤優の成績は?高校生時代「ミライ☆モンスター」に取り上げられていた!

加藤優はプロ1年目に新人特別賞を獲得!成績は?

2016年4月の開幕戦でデビューを果たした加藤優は、目標にしていた最優秀新人賞こそ逃したものの新人特別賞を受賞し、プロとしての華々しいスタートを切りました。プロ入りした同年の打率は.281でしたが、2018年度シーズンの打率は.301まで上昇。出塁率.384は、プロ入り3年目にして記録した自己最高成績です。チームとしては、2018年はリーグ3位にとどまりましたが、2017年には年間女王決定戦や女子野球ジャパンカップで優勝し、来シーズンの再起が期待されています。

加藤優は高校生時代「ミライ☆モンスター」に取り上げられていた!

加藤優が野球を始めたのは、5歳の時でした。小学生5年生になる頃には投手と捕手の両方をこなすようになり、小学6年生の冬には地元の秦野市少年野球チームの選抜メンバーに選ばれ、アメリカで行われた交流試合に参加しています。中学生になって二ノ宮大磯リトルに入団した加藤優は、全国大会にも出場。高校に進学した際にはソフトボール部に入部しましたが、やはり野球に強い魅力を感じたため、高校生ながら、アサヒ産業の企業チーム・アサヒトラスト女子硬式野球部に入団しました。

この頃から、将来が期待される女子野球選手として注目を集めるようになった加藤優をいち早く取り上げたのが、フジテレビの未来のスポーツ選手を応援する番組「ミライ☆モンスター」。番組内で映し出されたのは、高校生にして侍JAPAN女子代表のトライアウトに合格し、初めて日本代表候補選手になったものの、最終選考で惜しくも落選し、涙を流しながら悔しがる姿でした。

高校卒業後は、介護の仕事をしながら野球選手になるべくトレーニングを積んでいた加藤優。野球浪人を経て、2015年、加藤優が20歳の時に、ついに女子プロ野球の合同トライアウトのテストで合格してプロ入りを果たしました。

加藤優が勝ちにこだわった女子野球ジャパンカップ!

加藤優は2018年10月12日付けの自身のインスタグラムに、第8回女子野球ジャパンカップに向けて練習している様子をおさめた動画を投稿しています。迷彩柄のスポーツウエアを着て練習している加藤優の姿が映し出された動画に添えられたコメントは、「勝ちにこだわっている」という力強いものでした。

加藤優が万全を期して臨もうとしていた女子野球ジャパンカップとは、プロ・アマが一堂に介する、女子野球ならではの注目度の高い大会です。その年の真の日本一を決定する大会でもあり、2018年度は、アマチュア界からは高校の野球部が4校、大学の野球部が2校、女子プロ野球からの3球団に加え、クラブチーム2チームが出場しました。加藤優が所属している埼玉アストライアは2015年と2016年に準優勝し、2017年には優勝を果たしている強豪チーム。今季も優勝を狙いたいところでしたが、1回戦敗退というなんとも残念な結果で終わってしまいました。

自身のコンディションはとても良かっただけに、悔しさもひときわだった様子の加藤優。自身のツイッターでは「プロとして許されざる試合内容だった。申し訳ないと思う」とコメントしています。女子野球ジャパンカップをもって、加藤優の2018年度シーズンは終了となりました。しかし、反省の弁とともに「プロとして絶対的な力を付けるため、見えている課題に取り組んでいきます」と語った加藤優は、すでに来シーズンを見据えているようです。

関連記事

ページ上部へ戻る