きたろうの芸名由来はやはりゲゲゲの鬼太郎!息子・古関昇悟も注目俳優として活動中

きたろうの芸名由来はやはりゲゲゲの鬼太郎!息子・古関昇悟も注目俳優として活動中出典:http://rokumen.com
スポンサーリンク

きたろうはシティボーイズの最年長メンバー!芸名由来はやはりゲゲゲの鬼太郎

きたろうはシティボーイズの最年長メンバー!定期公演が2015年にファイナルを迎えるも……

タレントで俳優としても活動しているきたろうは、大竹まことと斉木しげると組んだ1979年結成のコントユニット・シティボーイズのメンバーとしても知られています。俳優を目指していた3人が出会った劇団俳優小劇場が1971年に解散すると、同期だった風間杜夫も加わって劇団「表現劇場」を立ち上げる一方で、シティボーイズとしての3人での活動もスタートさせました。

1981年にテレビ番組「お笑いスター誕生!!」に出演したシティボーイズは、10週勝ち抜きでグランプリを獲得して一躍有名になります。その後も、ナンセンスでシュールと評されながらも、時に鋭く社会を風刺するシティボーイズの舞台は、独特の世界観で人気を博してきました。後に続く世代にも多大な影響を与え続けているとも言われるシティボーイズも、結成から間もなく40年。メンバーの年齢はそれほど離れていませんが、1948年生まれで70代も間近なきたろうは、大竹まことと斉木しげるより1歳年上なので最年長メンバーということになります。

シティボーイズには、1980年から定期的に開催されてきた舞台公演「シティーボーイズ・ショー」がありますが、2015年に上演された「シティボーイズ ファイナルpart.1『燃えるゴミ』」が最後となっている現在。シティボーイズの解散が発表されたわけでもなく、「part.1」とされてもいるので、「もしかしたら『part.2』があるのかも」と期待しているファンも多いようです。

きたろうの芸名由来はやはりゲゲゲの鬼太郎!CMでは夢のコラボも実現

きたろうの芸名の由来は、ずばり漫画家・水木しげるの作品「ゲゲゲの鬼太郎」にあります。ある時、長髪でちゃんちゃんこ姿になったきたろうの風貌が、鬼太郎にとても似ていたことから芸名に使うことになったそうです。もちろん、ノリで使い始めたところも大きく、きたろうと名乗り始めた当初は、原作者の水木しげるに使用許可を取っていたわけではありません。そのため、世間に名前が知られるようになったきたろうは、水木しげるが怒っていると思っていました。

スポンサーリンク

しかし、ようやく機会が訪れて、いざ本人に謝罪すると、なんともあっさりと名前を使用することを許可してもらえたとか。こうして今では、原作者公認として、きたろうの名を使用しています。1998年にスズキのCM「スズキにきたろう」編に出演した際には、CMソングに流れた「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌の替え歌もきたろうが歌うなど、コラボも果たしました。

きたろうの息子・古関昇悟も注目俳優として活動中!結婚した妻も元劇団員!

きたろうと息子の古関昇悟は所属事務所が同じ!小劇場の注目俳優だった

きたろうには一人息子がおり、現在は俳優として活動しています。以前は北川昇悟という芸名でしたが、現在は古関昇悟に改名。きたろうの本名も「古関」なので、息子は本名に戻している可能性が高そうです。改名と同じタイミングで、父親のきたろうらシティボーイズや、ムロツヨシ、阿佐ヶ谷姉妹などの個性派タレントが所属している株式会社アッシュ・アンド・ディ・コーポレーションに移籍した古関昇悟。

口元にかすかに父親の面影を残しているものの、しょうゆ顔できりっとした顔立ちのイケメンです。現在は、主に小劇場などの舞台を中心に活動しているほか、映画の自主制作やDJ活動も行っています。独特なタッチの絵をアップしている古関昇悟のツイッターを見る限り、かなりクリエイター気質な様子です。2017年には、宮部純子と組んだユニット「昇悟と純子」によるコント劇「evergreen」に称賛のコメントが多数寄せられるなど、舞台俳優としてじわじわと注目が集まっています。

スポンサーリンク

きたろうが若くして結婚した妻も元劇団員!

きたろうは、23歳と若い頃に結婚しています。妻となった女性は、きたろうと同じ劇団に所属する劇団員だったそうです。一説によると、エチュード(即興劇)でキスの相手役だったことがきっかけで、そのまま交際に発展したとか。女優志望だった妻は、結婚後も演劇を続けていきたかったようですが、家庭に入ってもらいたいというきたろうの意思を尊重して、演劇の世界からは離れたと言います。

きたろう曰く、妻は、「トイレに入っていても話しかけてくるくらい、ものすごくおしゃべり」。どことなく朴訥とした印象のきたろうとは、バランスが取れている感じもします。自宅には互いに別々の部屋があるようで、「この距離が心地いい」そうです。

きたろうと笑福亭鶴瓶が孫自慢!孫から「きたさん」と呼ばれる

笑福亭鶴瓶が司会を務めるトーク番組「チマタの噺」にきたろうがゲスト出演した際に、お互いに孫自慢をするという場面がありました。かれこれ30年もの付き合いになるきたろうと笑福亭鶴瓶。お互いの孫の年齢が近かったり、早くに結婚したため一人暮らしをしたことがなかったりと意外にも共通点が多いと言います。

きたろうの息子の古関昇悟は、すでに結婚していて子供は2人。きたろうからすると孫になりますが、未就園児と小学生で、まだまだかわいい盛りだと言います。気の置けない笑福亭鶴瓶の前で安心しているせいか、「女だけど、やっと俺の血を継いだ(ギャグのセンスを持った)孫ができた」と、孫にデレデレな様子を隠すそぶりも見せないきたろう。

対する笑福亭鶴瓶も、「長男の息子はアホみたいに面白い」と負けじと反撃してきます。孫には自分のことを「きたさん」と呼ばせていることも明かすなど、どこにでもいるおじいちゃんのようなトークを展開し、お茶の間を和ませました。どうにも孫が可愛くて仕方がない様子のきたろうですが、70代も間近に迫り、サラリーマンならば定年を迎えてゆっくり老後を過ごす年齢となりました。

しかし、ドラマ出演などでコンスタントに活躍中で、2018年5月に公開予定の山崎努と樹木希林の共演でも話題の映画「死に花」に出演していることも発表されています。コメディセンスもシュールさも併せ持つ老俳優として、年齢を重ねていくきたろうの存在感は、今後ますます輝きを増していきそうです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る