三浦翔平が結婚した妻・桐谷美玲との出会いはあのドラマ!三浦春馬との関係と追悼の言葉は? 

三浦翔平はジュノンボーイ出身のイケメン俳優で結婚した妻は桐谷美玲!出会いや交際のきっかけは? 


三浦翔平のプロフィール
◆生年月日:1988年6月3日
◆出身:東京都
◆身長:181cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:バーニングプロダクション

Photo by Keith Tsuji/Getty Images

三浦翔平はジュノンボーイ出身!「ごくせん」でドラマデビューしたイケメン俳優

爽やかなルックスのイケメン俳優として知られる三浦翔平(みうらしょうへい)は2007年に開催された「第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、「フォトジェニック賞」と「理想の恋人賞」を受賞しました。現在までに多数の話題作に出演しており、演じてきた役柄もさまざま。ドラマデビューは、2008年4月より放送を開始した「ごくせん」の第3シリーズです。「ごくせん」は、2002年4月に第1シリーズの放送をスタートし、高視聴率を獲得し続けた人気ドラマシリーズ。三浦翔平は、仲間由紀恵演じる主人公・”ヤンクミ”の生徒である神谷俊輔役を演じ、人気を集めました。

その後も、2011年7月より放送を開始した「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」の中津秀一役や、2017年1月より放送を開始した「奪い愛、冬」の奥川康太役など、印象的なキャラクターをいくつも演じています。また2020年4月より放送を開始し、ヒットしたドラマ「M 愛すべき人がいて」では、安斉かれん演じるアユのプロデューサー・マサ役の熱演が話題となりました。新しいジャンルの仕事としては、「おジャ魔女どれみ」20周年を記念して制作された2020年11月13日公開の映画「魔女見習いをさがして」で、声優に初挑戦。共演者から「イケボ」と賞賛されています。

三浦翔平が結婚した妻は桐谷美玲!ドラマ「好きな人がいること」での共演がきっかけ 

三浦翔平は2018年7月25日に、結婚を発表しました。お相手は、女優の桐谷美玲です。誰もが認める美男美女カップルの2人。交際のきっかけは、2016年7月に放送を開始したドラマ「好きな人がいること」での共演だったそうです。三浦翔平、山﨑賢人、野村周平が3兄弟を演じ、桐谷美玲演じる主人公の揺れ動く恋模様を描いたストーリーのドラマでした。

作中では、桐谷美玲の初恋の相手でしっかり者の長男を演じていた三浦翔平。結婚発表の際には、「ドラマでは結ばれなかった2人が結婚!」と話題になりました。挙式は結婚発表から約5ヶ月後の12月16日に、ハワイで行われました。その後、12月23日に都内ホテルで行われた結婚披露宴には、2人と親交のある芸能人やアスリートなど、著名人ら約200人が出席。三浦翔平・桐谷美玲夫妻は、「これからも2人支え合いながら頑張っていきます」と、感謝の気持ちを述べていました。結婚から約2年後の2020年7月6日には、第一子となる男の子の誕生を発表しています。

野村周平がスノボからドラマ出演するまで。留学は海外進出の足がかり!?

三浦翔平の性格は?現場での姿!桐谷美玲との子供は男の子!

三浦翔平の性格は?撮影現場では、桐谷美玲が惚れる気遣いぶり

ドラマでは紳士的なキャラクターや、熱血キャラクターなど、さまざまな顔を見せている三浦翔平。実際の性格についても気になるところですが、妻である桐谷美玲が、三浦翔平の第一印象や現場での姿を語っています。

もともとモデルとして活躍していた2人の初対面は、雑誌の仕事だったといいます。なんと桐谷美玲は、「(三浦翔平に)好意を抱くどころか、ちょっと苦手だった」のだとか。なんでもその見た目から、三浦翔平に対して「モテる」「軽そう」といったイメージを勝手に抱いてしまっていたそう。しかしその後、三浦翔平の行動が、このイメージを覆すことになります。

2人の交際のきっかけとなった2016年放送のドラマ「好きな人がいること」の撮影現場で、自分が困っている時にフォローしてくれて、現場を盛り上げてくれる三浦翔平の姿に、ギャップを感じた桐谷美玲。結婚後には「最初のイメージが良くなかった分、小さなことが素敵に見えたのかもしれない」と語っていました。美男美女カップルの2人ですが、お互いに惹かれた部分は、内面の魅力だったのかもしれません。

三浦翔平の子供は男の子!噛みたいほどぞっこん?

2020年7月6日に、第一子となる男の子の誕生を発表している三浦翔平・桐谷美玲夫妻。同日、桐谷美玲が自身のインスタで、花の写真とともに「これから家族で力を合わせて過ごしていきたい」とコメントしていました。

2020年9月15日に、佐藤健と行ったライブ配信のなかで、三浦翔平は、家庭での自分の役割として「息子をお風呂に入れること」を挙げており、積極的に育児を行っているようです。この配信内では、息子を「チビ」「チビちゃん」と表現している点からも、三浦翔平のパパっぷりが伝わってきます。

また、別のインタビューでも息子について「かわいい以外に言えることがない」と溺愛。あまりのかわいさに「噛みたくなっちゃう」そうで、実際に「噛んでます」と明かしていました。

石垣佑磨はピアノにスポーツと多才!イケメン俳優が消えたワケとは?

三浦翔平は鈴木おさむ脚本ドラマと相性抜群?「M」が大ヒット「おカネの切れ目が恋の始まり」にも出演

三浦翔平は鈴木おさむ脚本ドラマと相性抜群?「M」が大ヒット

2020年4月より放送を開始し、ヒットしたドラマ「M 愛すべき人がいて」では、安斉かれん演じるアユのプロデューサー・マサ役を演じた三浦翔平。安斉かれんとのダブル主演となった本作品で、三浦翔平は、地上波ドラマ初主演を果たしました。「M 愛すべき人がいて」は、歌姫・浜崎あゆみのほか、実在する関係者への取材をもとに執筆されたフィクション小説を映像化した作品。三浦翔平は、キャストが発表された際「良くも悪くも、ものすごく注目される作品」としたうえで、「プレッシャーを感じています」と語っていました。

三浦翔平の熱演を始め、印象的なセリフの数々で、ツイッターなどSNSでも話題沸騰となった「M 愛すべき人がいて」。脚本を担当したのは、2017年1月から放送され、三浦翔平はじめ出演者の振り切った演技が話題になったドラマ「奪い愛、冬」と同じ、鈴木おさむでした。三浦翔平いわく、癖の強いセリフやストーリー展開は、「奪い愛、冬」とも似た部分があり、キャストや監督が面白がって楽しむことで相乗効果でよい作品になっていったとのことです。

さらに、プロデューサー・マサ役に続けてFODで2020年8月19日より配信が開始された主演ドラマ「時をかけるバンド」でも、音楽プロデューサー役を務めている三浦翔平。同作品については「音楽×ラブコメ×SFと盛りだくさん」と語っており、こちらも注目されています。

三浦翔平と三浦春馬、約11年ぶりの共演作だった「おカネの切れ目が恋の始まり」

三浦翔平は、2020年7月18日に急逝した三浦春馬と親交があり、プライベートでともにサーフィンに行く仲でした。2008年4月期の「ごくせん」で共演した頃は、エキストラのアルバイトの延長といった感覚で臨んでいるところがあったという三浦翔平。三浦春馬の芝居を目にして「演技がすごくて、もらい泣きした」と影響を受けたことを語っていました。

2019年6月に開催されたイベントでは、三浦春馬と食事をした際のエピソードを明かしており、2人で「そろそろ何かやりたいね」と話していたのだそう。三浦翔平は、共演したい作品のジャンルとして、重厚感のあるドラマ、壮大なスペクタクル映画、バディー役などを挙げており、「何でもいいから同じ作品に立てたらいいな」と期待を膨らませていました。

念願叶って、約11年ぶりの共演だったのが、三浦春馬の遺作となったドラマ「おカネの切れ目が恋の始まり」です。2020年9月15日から放送された同作品で三浦翔平は、松岡茉優演じる主人公・九鬼玲子の初恋の相手で、「お金の専門家」として活躍するコメンテーター・早乙女健役を演じていました。

友人の突然の悲報を受けてインスタにて「何度も現実逃避してる」と明かしていた三浦翔平でしたが、「受け入れるように頑張るから」と、前を向こうとしていました。「お前の意志を受け継いで、お前が見たかった景色を絶対見せるから」と三浦春馬に向けた俳優としての誓いの言葉も綴っています。

「カネ恋」の放送開始後はライブ配信アプリ「SUGAR」を通じて視聴を呼びかけ、三浦春馬との撮影時の話をしたり、辛くて作品を観られないファンを気遣ったりと、自身にできることを考えて行動に移しているようです。

「M 愛すべき人がいて」への出演の際に、「いただいた仕事を断ったことはない」と明かしており、「今が勝負どころ」と語っていた三浦翔平。少しハードルの高そうな役柄であっても、本人が熱意を持って取り組んでいるからこそ、作品もヒットするのでしょう。これからも、視聴者の印象に残るような役柄をいくつも演じてほしいものです。

松岡茉優が子役時代は負け組だったと告白!ドラマ・映画で目指すポジションは八嶋智人?
キムラ緑子が朝ドラでブレイク!旦那と2度結婚?ブログで三浦春馬との別れにコメント
町田啓太がダンスを辞めて俳優に専念した理由は?役者としての魅力や出演ドラマも紹介!

関連記事

ページ上部へ戻る