中島美嘉のデビューはまさにシンデレラストーリー!交友関係がスゴすぎ!病気は完治した?

中島美嘉のデビューはまさにシンデレラストーリー!

中島美嘉(なかしまみか)は鹿児島県出身の歌手・女優です。1983年2月19日生まれ、2001年11月7日にドラマ「傷だらけのラブソング」の主題歌「STARS」で歌手デビュー。同作では、ヒロインも演じています。

そんな中島美嘉を一躍有名にしたのは、2003年10月にリリースした「雪の華」でしょう。数々のアーティストがカバーし、J-POP史に残る名曲とも言われるこの曲について、中島美嘉は2016年のインタビューで「いつも少し雰囲気を変えて歌っています。原曲をそのまま聴きたい人たちもいるとは思うんです。でも、慣れ切ってしまった歌は面白くないと思うし、自分でも新しい歌のように感じたいから」と、思い入れを語っています。

「STARS」で歌手デビューした際、中島美嘉は19歳でした。以来、第一線で活躍していますが、それまで何をしていたかということは、あまり知られていません。

鹿児島市内の中学校を卒業後、中島美嘉は高校に進学せず、地元のファーストフード店などでアルバイトをしていたそうです。1年が過ぎた頃、福岡へ移った中島美嘉はモデルのアルバイトをしながら様々なオーディションに応募。その一方で歌手になる夢を叶えるため、2000年の秋に1本のデモテープをソニー・レコードへ送ります。

中島美嘉の歌声はソニー・レコードのスタッフを惹きつけ、同社主催のオーディションに出場。見事合格を勝ち取ります。それと同時に、ドラマのヒロインを発掘するオーディションにも応募。ここでも3千人の中から選ばれた中島美嘉は、まったくの新人ながらヒロインを務め、さらに主題歌で歌手デビューという異例の大抜擢で話題をさらいました。

こちらもおすすめ!足立佳奈が始球式で豪速球を投げこんだ!キムチの歌でブレイクのシンガーソングライター

中島美嘉の交友関係がスゴすぎ!

中島美嘉は、芸能界の交友関係が広いことでも知られています。

ファンを公言していた4人組ユニット・SPEEDのメンバーと親しく、憧れている一人に挙げる夏木マリは、中島美嘉が2007年6月に発表した写真童話集「Samsara」のDVDでナレーションを担当しています。その他にも、Every Little Thingの持田香織、女優の加藤あい、EXILEのATSUSHI、歌手の加藤ミリヤ、映画「NANA」で共演した伊藤由奈とも交友があるという中島美嘉。平井堅や椎名林檎とは、メールのやりとりをする仲だそう。

また、2008年7月に「MICA 3 CHU」でコラボしたお笑いトリオ・森三中は番組での共演をきっかけに森三中のファンになった中島美嘉が、自らオファーしてバンド結成が実現したのだとか。歌手のJUJUとも仲が良く、2019年1月に2人で新年会をした時のツーショット写真をインスタにアップ。ファンから「豪華すぎるツーショットですね」「最高の組合せ」「そこで飲みたい」など、多数のコメントが寄せられました。

中島美嘉が活動休止!病気は完治した?

中島美嘉は2010年10月、一時的な音楽活動休止を発表しています。「両側耳管開放症」という病気を患ったのが、その理由でした。

両側耳管開放症とは、通常は閉じており、必要な時にだけ開く耳管(耳と鼻とをつなぐ管)が開いたままになる病気で、耳が詰まっているような感じがしたり、自分の声や呼吸音が頭の中で響いたりする症状が起こります。このような状態では、当然抑揚をつけたり、音程を取ったりすることが難しく、歌手にとっては致命的な病気といえます。

2010年は中島美嘉にとって、デビュー10周年の節目となる年でした。病気により、大阪城ホールと日本武道館で開催予定だった10周年記念ライブの中止を余儀なくされた中島美嘉は、ライブを行うはずだった日に会場へ出向き、自らファンに謝罪しています。

活動休止から約4ヶ月で復帰した中島美嘉ですが、完治はしていないのだそう。2015年1月30日に放送されたバラエティ番組「アナザースカイ」で病気について語った中島美嘉は、有効な治療法が見つかっていない病気であるため医師から治らないと告げられ、歌手活動の引退も考えたことを告白しています。

また、周囲に病気を告白できず、声が思うように聞こえないのを歌い方でカバーしようと喉を酷使し、声が出なくなってしまったそう。どんどん歌えなくなっていき、病気を知らされていなかった周囲からは「『努力してない』って責められた」と、悔しい思いをしたことも明かした中島美嘉。現在は「うまく付き合う方法を覚えた」といい、三半規管を鍛えるトレーニングなどをしながら、歌手活動を続けているようです。

2014年12月25日、中島美嘉は約3年の遠距離恋愛を実らせてバレーボール選手の清水邦広と結婚。しかし、東京と大阪で離れての生活が大半だったことで徐々にすれ違いが生じ、2018年2月2日に離婚。結婚生活は3年余りで終わりを迎えています。中島美嘉が耳の病気で苦しんでいた時期も清水邦広が励ましていたといい、結婚後しばらくは仲の良い様子が伝えられていただけに離婚は残念ですが、「お互いの将来ために最善。今後もお互いの人生を応援していきたい」と清水邦広がツイッターで発表したように、それぞれの道で活躍が続くよう願うばかりです。

2019年1月30日、中島美嘉はベストアルバム「BIBLE」をリリースしました。同アルバムは「雪の華」のリリース15周年を記念したものです。そして2月1日には、同曲をモチーフにした映画「雪の華」が、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル・登坂広臣と中条あやみの主演で公開され、1ヶ月足らずで興行収入10億円を超える大ヒットを記録しています。

また、2019年5月7日の北海道公演を皮切りに、全国ツアー「Mika Nakashima Premium Live Tour 2019」がスタート。中島美嘉の真骨頂ともいえるアコースティックなバラードで聴かせるライブは、全国のファンが楽しみにしていることでしょう。今後彼女が生み出す新曲も含め、中島美嘉の歌声はこれからも長く愛されるに違いありません。

<こちらもおすすめ!>

伊藤由奈といえば「NANA」「海猿」―2005年に話題を呼んだ歌姫の今
BENI、32歳を迎えますます美しくなるシンガーソングライター
Erikaはシンガーソングライター ナカイの窓でも紹介された告歌で有名!最新曲は?

関連記事

ページ上部へ戻る