オール巨人対とろサーモン久保田騒動の行方!M-1審査員の後任は?

オール巨人・とろサーモン久保田は和解した?物議を醸した著書の内容とは


オール巨人のプロフィール
◆生年月日:1951年11月16日
◆出身:大阪府
◆身長:184cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:吉本興業

オール巨人の著書にとろサーモン久保田が不満爆発

お笑い界の巨匠として慕っている後輩芸人たちが多い、オール巨人(きょじん)。2007年から2009年と、2016年から2021年の計9回にわたり、M-1グランプリの審査員を務めています。

古希を迎えて発表した著書「漫才論 僕が出会った素晴らしき芸人たち」(2022年3月24日発売)で、M-1グランプリの審査員を務める心境を綴ったオール巨人でしたが、一部の内容が物議を醸しました。

2017年のM-1グランプリで優勝したのはお笑いコンビ・とろサーモンですが、オール巨人は「僕は和牛が優勝だと思っています」と告白。加えて、松本人志と上沼恵美子も和牛に投票した上で、とろサーモンに敗れたことを「名誉ある敗退」と表現したことが話題に。

そんなオール巨人の著書に対して不満を爆発させたのが、とろサーモンの久保田かずのぶです。2022年5月29日に、久保田かずのぶは自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画内で、オール巨人に対する不満をコメント。自分たちは「恥辱の勝者」なのか?と、内容に疑問を呈しています。

タイミングや表現に違和感を覚える芸人も少なくなかったようで、爆笑問題の太田光も、翌月7日深夜に放送されたラジオ番組「JUNK 爆笑問題カーボーイ」で、久保田かずのぶを擁護しました。

オール巨人VSとろサーモン騒動、その後は?

オール巨人は、2022年6月8日に放送されたラジオ番組「Clip」にゲスト出演した際に、とろサーモンをめぐる騒動について言及。「本出すとき、全てのタレントさんに、マネジャー通じてOK取ってるねん」「つらいとこです」と明かしました。出版までの過程で、情報が十分に共有されていなかったことがトラブルの要因のようです。

さらに、同年7月17日の自身の公式ブログで、久保田かずのぶと新人漫才選考会の審査員を務めたことを明かしたオール巨人。騒動について、改めて直接謝罪をしたそうです。ブログに掲載された写真では、久保田かずのぶの表情がどこか曇っているようにも見えますが、和解はできたのでしょうか。

著書を購入するほど敬っていた相手から、5年後にM-1優勝を否定されたダメージが和らぐのには、時間が必要なのかもしれません。オール巨人は「言動には気を付けます」と綴っており、反省しているようですから、わだかまりが残らないことを祈りたいものです。

オール巨人と上沼恵美子がM-1審査員を卒業した理由は?

オール巨人と上沼恵美子の審査は時代に追いつけなくなった?

若手お笑い芸人の登竜門といわれているM-1グランプリで、長年レギュラー審査員を務めてきたオール巨人と上沼恵美子。2021年12月20日に、同年開催の大会を最後に、2人とも審査員を卒業すると報じられました。

自身のブログで卒業を決めた心境を綴ったオール巨人は、番組が始まる前に上沼恵美子と顔合わせをした当時を回想。2人は、お互いが出演するから、という思いで同年の審査員を引き受けていたと判明したのだとか。その上で、一緒に審査員を卒業する約束を交わしたことも明かしました。

また、2022年6月25日に関西の情報サイト「Lmaga.jp」で公開されたオール巨人のインタビューでも、M-1グランプリの審査員を卒業する理由を語っています。

「なんで審査員を辞めるかって言ったら、ホンマに疲れるんですよ」「メッチャしんどい」と本音を語ったオール巨人。加えて、ネタの内容を理解できないことが増えてきたことも話していました。

70歳を迎えて、若者文化も反映したネタに頭が追いつくよう勉強するのに、限界を感じたというのが本心なのかもしれません。

オール巨人卒業後のM-1審査員後任は誰?有力候補を予想

オール巨人がM-1審査員の後継者になってほしい芸人は?

M-1グランプリの審査員を卒業することにしたオール巨人と上沼恵美子の後任に、誰が抜擢されるのかが注目を集めています。

オール巨人は「サンスポ」のインタビューに対し、千原ジュニアを推していることを明かしました。漫才の経験や巧みなトーク、幅広い知識に一目置いているようです。

一方、上沼恵美子の後任で候補に挙がっているのが、ブラックマヨネーズ・吉田敬やNON STYLE・石田明などのM-1優勝経験者。特に、石田明はナイツ・塙宣之のYouTubeチャンネルにゲスト出演した際に、M-1グランプリ審査員の打診をマイルドに受けたことを示唆する発言もありました。

上沼恵美子自身は、2021年12月20日に出演したラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」で、テレビ局側に自身の代役として4人の女性を推薦したことを打ち明けていました。

ファンの間では、オール巨人と上沼恵美子が卒業したM-1グランプリに悲しみの声も多く上がっていますが、「海原やすよともこのどちらかでは?」という予想も繰り広げられています。

毎年M-1グランプリ決勝戦の様子を放送しているABCテレビの社長は、2022年7月22日にオンライン会見を開催。現場は、まだオール巨人と上沼恵美子の後任選出に悩んでいると告白していました。

決勝進出者と同じくらい注目される審査員に、誰が選ばれるのか、続報を楽しみに待ちましょう。外側から見守っていくことになる、オール巨人の言動にも注目です。

関連記事

ページ上部へ戻る