小澤征悦と妻の出会いは?歴代熱愛彼女は滝川クリステルや杏?華麗なる父母、家族の経歴

小澤征悦と妻の出会いは?歴代熱愛彼女は滝川クリステルや杏?華麗なる父母、家族の経歴

小澤征悦と妻・桑子真帆の馴れ初めは?歴代熱愛報道の相手は滝川クリステルや杏?


小澤征悦のプロフィール
◆生年月日:1974年6月6日
◆出身:アメリカ合衆国 カリフォルニア州
◆身長:183cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:TOM company

小澤征悦と妻・桑子真帆の出会いは和田正人の結婚式!目の輝きに一目惚れ

俳優の小澤征悦(おざわゆきよし)はモテ男として有名でしたが、2020年4月22日にNHKのアナウンサー桑子真帆との交際が報道されました。

そして2021年9月2日、情報番組「スッキリ」にて小澤征悦は桑子真帆との結婚について報告をしています。入籍した日は父であり世界的指揮者として知られる小澤征爾の誕生日、9月1日。「おやじの誕生日でした。それを伝えたら、おやじも母も向こうの両親も喜んでくれました」と語っています。

「NHKニュース おはよう日本」を担当する桑子真帆との出会いは、交際報道時に伝えられていた通り、仲の良い俳優である和田正人がきっかけとなって実現したそうです。

2人の出会いの場は和田正人と吉木りさの結婚式で、「目を見た瞬間に、あれ? この人なんだろうって」と特別なものを感じたのだとか。「よくわからないですけど、目の奥の光が気になるなと思って」ということで、一目ぼれしたようです。

結婚の決め手については「自分が持っていない尊敬できる部分があったりとか、すごく僕が頼っています」と語っています。

小澤征悦はモテモテだった?熱愛報道があった相手は滝川クリステルや杏

これまで小澤征悦に熱愛報道があった元彼女といえば、滝川クリステルや杏の名が挙げられます。2009年6月にダイヤモンドブランドForevermark(フォーエバーマーク)の会見で、杏が小澤征悦との交際について質問された際、無言でうなずいたと報じられていました。

それから半年後の2009年12月には、滝川クリステルとの熱愛報道が。当時は、滝川クリステル・杏・小澤征悦との三角関係という記事まで出ていました。

後に関係者の言葉として掲載された情報によると、小澤征悦は滝川クリステルとはつき合っていたものの、杏は仲の良い飲み友達だったのだとか。

本人や事務所の公式コメントではないため断定はできませんが、小澤征悦の姉の結婚式で滝川クリステルと杏が隣同士だったことや3人で飲みに行くこともあったという話が事実ならば、杏とは交際していなかったか、一時交際していたとしても友人関係の期間が長かったのかもしれません。

滝川クリステルとの交際をカモフラージュするため、友人の杏が認めたような素振りをしたという説もありますが、実際のところは不明です。

結婚秒読みか、と言われていた滝川クリステルとの破局理由については、多忙によるすれ違いなど様々な話が出ていましたが、こちらも真相は本人にしか分かりません。

いずれにしても、2009年から数年間見られた小澤征悦との報道の後、杏は2015年1月に東出昌大と結婚して、滝川クリステルは2019年8月に小泉進次郎と結婚しています。そして、小澤征悦はアナウンサーの桑子真帆と結ばれました。

杏は高視聴率女優で父と兄も俳優!多才すぎで英語も堪能?元夫・東出昌大との子供は何人?

小澤征悦の父母、家族の経歴がすごい!ハーフなの?

小澤征悦はハーフなの?父と母は?

小澤征悦の家族といえば、父は言わずと知れた世界的指揮者の小澤征爾。そして、小澤征悦の母は元モデルで女優でもあった入江美樹。母・入江美樹は、ロシア人の父と日本人の母の間に生まれたハーフで、小澤征爾との結婚後は、本名の小澤ヴェラと名乗り、ファッションデザイナーとして活躍しています。

つまり小澤征悦はハーフではなく、ロシア系クオーターということになります。父や母の職業からすると、小澤征悦が芸能の道へ進んだのは自然の成り行きかもしれません。

偉大な両親のもとに生まれ、プレッシャーに押しつぶされても不思議ではない環境ですが、小澤征悦には重圧など微塵も感じさせない雰囲気があります。元々肝が据わった気性だったようで、子供の頃にスティーブン・スピルバーグ監督の前でE.Tの真似をして気に入られた、といった逸話も。

音楽については自宅でギターを弾いて趣味で楽しんでいるといい、職業としては両親と比べられにくい道を選んでいるあたりに、器用さも表れています。

小澤征悦の家族の経歴がすごい!?

小澤征悦の両親は世界的指揮者の小澤征爾に、ファンションデザイナーの入江美樹ですが、両親以外の家族や親族も凄い経歴の持ち主ばかりです。実の姉は、エッセイストの小澤征良。ベストセラーとなったエッセー「おわらない夏」でも有名です。小澤征悦自身も、実はアメリカのサンフランシスコ出身で、グローバルな家庭とも言えます。

その他の親族を見渡してみても、叔父である小澤俊夫は筑波大学の名誉教授でドイツ文学者、叔母・小澤牧子は国内でも有名な臨床心理学者と肩書きが華やかな人物ばかり。そして、小澤征悦の従兄弟には、オザケンことミュージシャンの小沢健二もいます。

この小沢健二の方から遡って行くと、首相も務めた芦田均にもつながります。さらには社長や牧場主など、その道の上に立つような肩書きのない人が1人もいないと言ってよい小澤家。その家族の経歴には圧倒されるばかりです。

黒田勇樹の現在は再び俳優?演出家!?若すぎる芸能界引退理由は何だったの?

小澤征悦は英語が得意で国内の枠ではおさまらない俳優?吹き替え声優にも挑戦

小澤征悦のドラマや映画での活躍は数えきれないほど!

近年の小澤征悦はテレビドラマや映画、CMなど映像分野を中心に活躍しています。出演してきたドラマの数はもはや数えきれないほど。

2019年1月6日から放映されたNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では子爵であり、銀行家であった三島弥太郎を演じ、2019年1月に放映された「釣りバカ日誌」にも登場しました。

2020年2月から放送されたフジテレビ系のドラマ「パパがも一度恋をした」では主演を飾るなど、毎年のようにドラマでその活躍を見せています。

映画での活動も目覚ましく、2020年3月20日に公開された映画「一度死んでみた」や同日に公開された作品「弥生、三月-君を愛した30年-」、さらに2020年6月12日公開の映画「水上のフライト」と2020年は出演映画が3作も公開されました。

2021年7月よりオンエアの「パーフェクトサントリービール」のテレビCMにも出演しています。俳優としての活動以外にも、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」にて、不定期ではありますがコメンテーターとして登場することもあります。

小澤征悦は英語が得意!インタビューにジョークも

小澤征悦は、アメリカのボストン大学で演劇の勉強をしたという経歴を持っています。アメリカとは縁があり、2019年10月2日から日本で放映されたアメリカのテレビシリーズ「S.W.A.T.」第3シーズンの第13話にて警察の情報提供者・サトウ役で登場。撮影のインタビューにも流ちょうな英語で答えていました。

2020年11月に行われた東京国際映画祭では、映画「水上のフライト」の舞台あいさつで、海外セレブの通訳を担当する通訳第一人者の鈴木小百合がコメントを英訳している姿に、小澤征悦は「英語、うまいっすね」と突っ込み、会場を笑わせました。

さらに訳に対して英語で日本ならではの謙遜だといった説明を加えて沸かし、自分を鼓舞する心の持ちようについて聞かれた際には「I drink a lot」(お酒をたくさん飲む)と冗談を飛ばしてから真面目に回答するなど、英語力を披露しています。

小澤征悦は吹き替え声優にも挑戦

2021年12月24日公開の映画「キングスマン:ファーストエージェント」にて小澤征悦は主人公・オックスフォード公爵の日本版吹き替えを担当しています。同作は2015年9月日本公開の「キングスマン」、2018年1月日本公開の「キングスマン:ゴールデンサークル」に続く3作目となり、「キングスマン」誕生秘話について描かれています。

同役抜擢にあたり「このような大作の主人公役に参加させていただき、とても嬉しく思います。喜びと同時に大きなプレッシャーを感じながらも、気合いを入れて臨まさせていただきました」と語っていた小澤征悦。ドラマや映画で俳優として培った経験は映画の吹き替えにもしっかりと生かされています。

海外でも十分に通用する、英語力と演技力を持つ小澤征悦。これからは日本国内だけでなく海外でも活躍する、国際派の俳優としても経験を積んでいくのではないでしょうか。世界を舞台に、日本を代表する俳優になっていくのかもしれませんね。

竹財輝之助が「東京男子図鑑」で主演!結婚相手は?プロフィールもご紹介!
市原隼人が結婚した嫁はモデルの向山志穂!「ROOKIES」不良、近年の役は?写真家としての顔も話題!
武田真治には食欲不振に悩まされて激ヤセだった過去が!?筋肉マッチョになったきっかけやサックスの腕前は?

関連記事

ページ上部へ戻る