桜田ひよりがドラマ「あなたには帰る家がある」で透明感あふれる演技!将来の朝ドラ女優候補?!

桜田ひよりがドラマ「あなたには帰る家がある」で透明感あふれる演技!

桜田ひよりがドラマ「あなたには帰る家がある」で透明感あふれる演技!

桜田ひよりは、子役時代から活躍を続けている女優です。中谷美紀が主演を務めた、不倫がテーマのTBSドラマ「あなたには帰る家がある」にも出演しています。桜田ひよりが演じているのは、中谷美紀演じる佐藤真弓の娘・佐藤麗奈。中谷美紀や玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江といった演技派の中にあって一歩もひかない演技を見せ、その透明感あふれる存在感で、視聴者にとって癒しの存在にもなっていました。

かねてより演技力の高さを評価する声も多く、2018年1月公開の映画「祈りの幕が下りる時」で共演した阿部寛や溝端淳平も、「あの子は誰?」「泣いているシーンが天才的」と桜田ひよりを大絶賛。同じく共演していた松嶋菜々子も「感受性もすごい」と褒め称え、演技に引き込まれたことを明かしました。

桜田ひよりは「明日、ママがいない」のピア美!

子役出身の注目株女優として、話題作への出演が続いている桜田ひより。多くの人にその顔と名前が知られるきっかけとなった出世作と言えば、「明日ママ」ことドラマ「明日、ママがいない」でしょう。児童養護施設に暮らす少女を主人公にしたサスペンスドラマで、主演を務めたのは、天才子役と名高い芦田愛菜。

ショッキングで難しい題材を扱った内容だけに、ドラマの中心になる子役たちが演技派揃いだったことでもずいぶん話題になりました。そんな中、桜田ひよりは、ピアノがうまいことから「ピア美」と呼ばれる鳥羽直美役を熱演。もとは裕福な家で生まれた自信家という役どころを演じ切り、ブレイクすることとなりました。

桜田ひよりは現在、舞台にも挑戦中!兄も子役だった?!

桜田ひよりは舞台にも挑戦!

現在は高校生で、今まさに伸び盛りといっていい桜田ひよりは、2017年からは舞台にも挑戦しています。桜田ひよりが初舞台を踏んだのは「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」という作品で、戦時下、特攻隊に志願する四兄弟を中心に描いた物語。舞台は好評で、2018年8月に再演されることが決まっています。

共演は、市川知宏や上杉柊平、入江甚儀、瀬戸利樹の主要キャストに加え、喜多乃愛や矢作穂香、山賀琴子ら注目株の若手キャスト揃い。続投する桜田ひよりは、「コミカルに可愛く、そして心を込めて大切に演じていきたいと思います」と意気込みも十分です。

桜田ひよりは子役時代、本名の成田ひよりで活動していた

ドラマや映画を主軸に、舞台へも活躍の場を広げている桜田ひよりのキャリアのスタートは、実はモデル。かつては本名の成田ひよりとして活動していました。キッズモデルデビューするきっかけになったのは、実の兄である成田ゆうしです。兄が、キッズモデルや子役を中心にマネジメントする事務所クラージュキッズに所属していたことから、興味を持つようになった桜田ひよりも一緒に活動するようになったとか。

兄妹で、モデルや子役として活動していたそうですが、桜田ひよりは現在、所属事務所を大手の研音に移籍。兄の成田ゆうしについては、特に情報は発表されていません。

桜田ひよりは将来の朝ドラ女優候補?!

2002年12月19日生まれの桜田ひより。最初は、兄を真似て始めた芸能活動でしたが、次第に「本格的に女優を目指したい」と考えるようになり、小学校4年生の時に芸能事務所研音のオーディションを受けました。山口智子や天海祐希、成海璃子、志田未来ら多くの人気女優を抱える研音のオーディションを突破するだけでも狭き門だったことでしょう。

しかし、キッズモデルとして幼い頃から活動していた桜田ひよりのこと、ルックスは申し分なかったはずですし、演技力に加え、女優を目指す上で将来的にどれだけの伸びしろがあるのかも評価されたのかもしれません。

期待に応えるかのように、研音に移籍した桜田ひよりは、次々に話題作に出演。出世作となった「明日、ママがいない」をはじめとして、さまざまな場で頭角を現していきます。2015年に出演したEXILEのTAKAHIROが初主演を務めた「ワイルド・ヒーローズ」ではヒロインを演じ、演技経験が浅いキャストが多い中で、当時は中学生ながら際立った存在感を示しました。

桜田ひよりが大人の女優へと本格的な脱皮をはかるのはもう少し先になるでしょうが、透明感あふれる可愛さと高い演技力を持ち合わせているだけに、この先スター女優となることは想像に難くありません。事実、若手女優としてトップの人気を誇る広瀬すずの次を担う「ポスト広瀬すず」とも言われています。2~3年後には、すでに将来の朝ドラ女優との呼び声も高い桜田ひよりが、ドラマや映画で主演を飾りまくる日がくるかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る