とよた真帆、結婚相手の青山真治との関係や性格は?YouTuberカルマの育ての母?!

とよた真帆の結婚相手は青山真治!子供はいないはずだけどカルマの母?性格は?

とよた真帆のプロフィール
<俳優・タレント>
◆生年月日: 1967年7月6日
◆出身:東京都
◆身長:173cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:トップコート

とよた真帆を「母」と呼ぶYouTuberカルマとの関係は?夫・青山真治との結婚生活は順調?

とよた真帆と夫である青山真治との間に子どもはいないようですが、人気YouTuberカルマの動画の中で、カルマから「母」と呼ばれ慕われている様子がうかがえます。

2人が出会ったのは、撮影でとよた真帆が訪れた博多でした。当時特攻服を着て中年男性に何かをしていたカルマの姿を見て、とよた真帆が「少年がおじさんを恐喝している!」と慌てて近づいたところ、カルマはおじさんを助けているところだったとか。少年・カルマの優しさを感じたとよた真帆は、帰るところがないというカルマに、東京へ来るように誘ったのだそう。とよた真帆は人をふわりと包み込むような空気感をまとっていますが、カルマの入院時も気にかけるなど温かく見守ってきたようです。

とよた真帆と夫・青山真治の夫婦仲については特に報道を賑わすようなニュースは見当たりません。過去には青山真治が監督を務めた2003年9月公開の映画「月の砂漠」や、演出を手掛けた2013年3月公演の舞台「私のなかの悪魔」にとよた真帆が出演して話題になっていました。近年の青山真治は2013年9月公開の映画「共喰い」以降、2015年に短編映画「破れたハートを売り物に」を制作したきり、監督として映画は作っていません。2016年には映画「はるねこ」にプロデューサーとして関わり、2020年3月29日放送のドラマ「金魚姫」の演出を手掛けるなど以前よりは仕事のペースを落としている感じがありますが、とよた真帆との時間を大切にしているのかもしれません。

とよた真帆の身長や体重、そして性格は?

とよた真帆は、学習院女子高等科在学中にモデルを始め、アニエス・ベーの日本人モデルとしてパリコレクションにも出演しています。そんなモデルとしての輝かしい経歴をもつとよた真帆の身長は、173㎝です。体重は公開されていません。一時期ダイエットをしてモデルに復帰したと話題になりましたが、一般的に見れば、充分痩せているとよた真帆。身長173㎝の女性の平均体重よりもかなり低い値でしょう。

ブログに登場する愛猫の写真からも分かるように、とても猫好きなとよた真帆。猫は猫でも、怪我をしていたり、放置されていたりする猫を保護して飼っているのだそうです。動物好きに悪い人はいないともいいますから、とよた真帆の性格も、きっと慈愛に満ちているのでしょう。またとても努力家な性格であるという話もあります。

松たか子の家系が華麗すぎる!知られざる結婚生活や驚きの歌唱力とは?

とよた真帆の愛猫秘話が泣ける…ブログで披露した着物・団扇がセンスハンパない

とよた真帆は動物保護活動に積極的!動物にとっては天使のような人?

とよた真帆は、動物の殺処分をなくして新たな飼い主につなげようと訴える「TOKYO ZEROキャンペーン」の呼びかけ人を務めています。宮本亜門やトータス松本、倍賞千恵子、杉山愛など、賛同した有名人が多数いるキャンペーンです。殺処分をされる猫や犬が、毎日何百匹もいるという現実を知ったとよた真帆、不幸な猫や犬がなくなるように具体策を提案し、取組んでいます。

これ以外にも、2020年6月11日からオープンした東京・有明のミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS」に動物保護支援企画の事務局長として参加しています。とよた真帆のミニチュアはヨーロッパの街並みが見られる、世界エリアにありますが、新しいスタイルの動物保護のための情報発信拠点を作り、来場客がミニチュアの世界を楽しみながら動物保護への意識を高められるものとなっています。

とよた真帆は自宅で保護猫との生活を送っていることでも有名です。2020年時点ではオスの保護猫4匹とメスの保護犬と暮らしているようです。ロケ先で野良猫との出会いが多いようですが、保護するときは「親も兄弟もいない、地域で世話もされていない、ケガをしていたり私が拾わないとどうなってしまうかわからない子だけ」を保護するようにしているそうです。保護に至るまでのポリシーもしっかりとしていて、とよた真帆の元であれば保護猫や保護犬たちは幸せな生活を手に入れられることでしょう。多い時は8匹の猫を保護していたそうです。

とよた真帆の着物・団扇のセンスがハンパない

とよた真帆はモデルや女優として活躍しながら、美術学校にも通っていました。個展を開くほど、絵を描き続けている本格派です。京友禅の絵師としても活動しているとよた真帆は、自身のブログに自分の描いた着物や団扇の写真をUPしています。

いずれも、淡い色彩の中に現代的なモチーフが散りばめられていて、現代女性らしいセンスの良さが伝わってくる作品ばかりです。職人の技、日本の伝統を守りたいという思いで、着物や団扇、扇子の制作に取り組んでいる、とよた真帆。「着物は着る芸術です」と語り、裏千家で茶道も習っているといいます。和文化に触れることで、女性の魅力が引き出されるようだ、と和の魅力を語っていました。着物を着る機会が少なくなった現代ですが、着物を着ただけで優雅な気分になれて背筋がしゃんとする感じなど、共感する女性も多いのではないでしょうか。

浅茅陽子は朝ドラ「雲のじゅうたん」で人気女優に!「なつぞら」での演技も話題

とよた真帆はSNSでの活動が盛ん!?テレビやラジオは?

とよた真帆はインスタなどの最新ツールを使いこなしている!

とよた真帆はブログやインスタなどで自ら情報発信をする頻度も高く、SNSでその姿を見かけることも珍しくありません。カルマのYouTube動画に登場したり、交流している芸能人仲間のインスタライブに登場したりなど、積極的に情報発信ツールを活用しています。

50代のとよた真帆ですが、最新のメディアに対して物おじすることなくしっかりと使いこなし、その活動をアピールしています。ファンにとっては気軽に彼女の情報がチェックできて喜ばしいことですし、若い世代にとってもその人柄を感じられる場となっています。

とよた真帆の活動内容は?ラジオパーソナリティのレギュラーなどマイペースに活躍中

最近のとよた真帆の芸能界での活動ですが、TVでは2020年6月時点ではレギュラー出演している番組はなく、時々ゲスト出演するようなスタイルです。映画は2018年に公開された「覚悟はいいかそこの女子。」以来出演していません。舞台では2020年4月20日と5月3日にリーディングドラマ「シスター」への出演が予定されていましたが、新型コロナウィルスの影響で公演中止となり、次回の公演予定は決まっていません。

ラジオではbayfm78にて毎週土曜日「SATURDAY BRACING MORNING」のレギュラーパーソナリティとして活躍しています。家には保護猫4匹、保護犬1匹がいるので、仕事をしすぎて彼らのお世話がおろそかにならないよう、仕事のペースを調整しているのかもしれません。夫婦ともに以前よりのんびりと仕事をしている印象ですが、またいつか映画や舞台で夫婦揃って活躍する姿を見てみたいものです。

沢口靖子が結婚しているか気になる!「科捜研の女」はトレンド攻めまくり?!
本上まなみがドラマ「パパがも一度恋をした」に出演!東京から京都に移住していた!?
伊藤歩は「昼顔」の乃里子役ですっかり悪役女優に!実は歌手だった!?

関連記事

ページ上部へ戻る