佐野勇斗(M!LK)はイケメンなだけじゃない!演技力を見せつけた話題作は?

佐野勇斗(M!LK)の身長・体重、プロフィールが気になる!芸能界入りのきっかけは?

佐野勇斗のプロフィール
◆生年月日:1998年3月23日
◆出身:愛知県
◆身長:178cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:スターダストプロモーション

佐野勇斗(M!LK)は愛知県出身!身長・体重は?

佐野勇斗(さのはやと)は、スターダストプロモーション所属の5人組アイドルグループM!LK(みるく)のメンバーです。女性ファンを夢中にさせる爽やかな顔立ちであることに加え、俳優として高い演技力をもっています。

1998年3月23日生まれの佐野勇斗。出身は愛知県です。佐野勇斗の身長は179cmですが、体重は公表されていません。中学・高校時代、サッカー部に所属していましたが、高校時代は怪我続きで、ほぼマネージャーのような存在だったそう。しかし、空手が得意でアクロバットにも挑戦中といいますから、運動神経が良いことは間違いありません。本人のツイッターによると理数系は壊滅的だったようで、高校数学では0点をとったこともあるといいます。とはいえ、書道も6段の腕前とのことですから、文系が得意なのでしょう。2016年4月に大学に進学し、現在は1人暮らしをしているそうです。2020年時点では卒業についての情報は出ていません。

佐野勇斗(M!LK)の芸能界入りのきっかけは母親?ジュノンコンテストがデビューの入口

佐野勇斗が芸能界入りしたきっかけは、母親が応募した2012年、14歳の時の「ジュノンスーパーボーイコンテスト」。残念ながら、ベスト30入りすることはできませんでしたが、そのルックスがスターダストプロモーションの目に留まり、デビューの足掛かりとなりました。

佐野勇斗はもともと、芸能界入りを夢見ていたのでしょうか。実は佐野勇斗の母親が芸能人に憧れをもっていて、テレビを観る度に「勇斗もこうなるんだよ」と言っていたのだとか。「目立つこと」が好きだった佐野勇斗は、いつか芸能界に入りたいと思ったと語っています。きっかけを作ったのは母親ですが、多くの人の注目を浴びる仕事に就くことができていますから、佐野勇斗自身にとっても満足のいく道だったと言えるのではないでしょうか。

桜田通の年齢・身長・体重や佐藤健との関係は?発売中カレンダー に不満があった!?

佐野勇斗(M!LK)は新垣結衣主演映画で俳優デビュー!演技力を見せつけた話題作は?

佐野勇斗(M!LK)新垣結衣主演映画「くちびるに歌を」一発目のオーディションで俳優デビュー!

佐野勇斗(M!LK)は、2015年2月公開の新垣結衣主演映画「くちびるに歌を」で俳優デビューを果たしました。同作は、アンジェラ・アキのヒット曲「手紙」が課題曲だった、全国学校音楽コンクールをテーマに描かれた小説を映画化したもの。新垣結衣演じる、長崎県の離島に赴任してきた元ピアニストの教師が、佐野勇斗が演じる向井ケイスケら、合唱部の生徒たちをコンテストに導く様子を描いた物語です。

佐野勇斗にとっては、映画「くちびるに歌を」のオーディションが、スターダストプロモーションに所属してから初めて臨んだものでした。いきなり新垣結衣のような人気女優との共演がかなったわけですから、佐野勇斗が大興奮するのも無理はありません。お調子者で正義感の強いケイスケは、合唱部の中でも特に目立つ役でした。この映画が各方面で高く評価されたことを考えると、佐野勇斗には、すでに主要キャストに起用するだけの魅力があったと見ることができそうです。

佐野勇斗(M!LK)ドラマ「砂の塔」お兄ちゃん役でブレイク!

佐野勇斗(M!LK)がブレイクしたのは、初の連続ドラマレギュラー出演となった、2016年10月期ドラマ「砂の塔」でした。「砂の塔」は、菅野美穂演じる高野亜紀が、松嶋菜々子演じる隣人・佐々木弓子に追い詰められていくサスペンスストーリー。憧れの高級タワーマンションに引っ越すも、羊の皮を被って近づいてきた弓子に、家族崩壊の危機に追いやられていく高野家の攻防がスリリングな作品でした。

佐野勇斗が演じた”お兄ちゃん”こと高野家の長男・和樹は、家族を気遣う心優しい高校生。しかし、外では、不良グループのパシリとして夜遊びするという二面性を持ちあわせている上、最終的には超複雑な家庭の事情が発覚するという、かなり影のある役どころ。難しい役ではありましたが、大女優たちを前に、初の連ドラとは思えない堂々たる演技を見せました。

佐野勇斗(M!LK)「ミックス。」で新垣結衣と再共演!

2017年秋には、新垣結衣・瑛太がW主演する映画「ミックス。」に出演しました。「ミックス。」は、アラサーの元天才卓球少女・多満子が、妻子に見捨てられた元プロボクサー萩原と男女混合ダブルスのペアを組んで、卓球の全日本選手権を目指すラブコメディです。

佐野勇斗が演じた佐々木優馬は、卓球クラブに所属する高校生。家庭環境が悪く、引きこもりの卓球オタクという役で、「砂の塔」に続き、またしても影のある役柄を演じました。2015年の俳優デビュー以降、着々と経験を積み上げていった佐野勇斗は、ドラマ・映画界にとって欠かせない存在として成長していったのです。

橋文哉が仮面ライダーゼロワン主演で大注目!俳優になる前に持っていた夢とは!?

佐野勇斗(M!LK)は映画「ちはやふる」で新人男優賞受賞!ZIPパーソナリティも

佐野勇斗は映画「ちはやふる」で筑波秋博役

佐野勇斗(M!LK)は、2018年3月に公開された映画「ちはやふる-結び-」に出演。広瀬すず演じる主人公が所属するかるた部の新入部員・筑波秋博役を演じました。佐野勇斗は、かるたの練習をして本作の撮影に臨んだそうで、初めて挑戦したかるたについて「想像していたより遥かに奥が深く、集中力、体力が必要なもの」とコメントしていました。

また佐野勇斗は、同作品で演じた筑波秋博役で、第28回日本映画批評家大賞の新人男優賞を獲得。2019年5月30日に開催された授賞式では、「この作品と筑波という役に出会えたことに幸せを感じています」と、受賞した喜びを述べていました。

佐野勇斗は2019年、3本の映画に出演。9月に公開された「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」では、コミュニケーションが苦手な生徒会会計・石上優を演じました。この役柄について佐野勇斗は、「僕自身とはかなり違う性格の持ち主だったので、すごく難しかったです」とコメントしています。また同作品で共演した平野紫耀とは、同世代でなおかつ地元が同じ愛知県ということもあり意気投合。撮影の休憩時間には、「一緒にはしゃいでくれて嬉しかった」と語っています。話題作への出演が続いている佐野勇斗。これからもいろいろな役柄が見られそうです。

佐野勇斗はZIPのパーソナリティにも挑戦

俳優として数々の作品に出演する佐野勇斗ですが、最近は演技以外にも活躍の幅を広げています。2020年3月には、朝の情報番組「ZIP!」の月替わり・金曜パーソナリティを務めました。

収録時はとても緊張していたそうですが、番組スタッフが励ましてくれたのだとか。自身のインスタには、ファンから「朝から元気をもらえて最高」「癒されました!」とのコメントが寄せられていました。M!LKとしての活動だけでなく、ソロでも着々と活躍の場を広げている佐野勇斗から、目が離せません。

賀集利樹は仮面ライダーアギトで主役を務めた俳優!気になる結婚相手は!?
板垣瑞生がM!LKを卒業!今後は?映画「ソロモンの偽証」に出演した時は中学生だった!
吉田仁人は板垣瑞生と同じM!LKのメンバー!身長体重、プロフィールは?

関連記事

ページ上部へ戻る