たむらけんじの年収が気になる!芸人引退のタイミングと理由は?

たむらけんじの年収が気になる!芸人引退のタイミングと理由は?

たむらけんじの「炭火焼肉たむら」の最高年商がスゴイ!


たむらけんじのプロフィール
◆生年月日:1973年5月4日
◆出身:大阪府
◆身長:180cm
◆血液型:AB型
◆所属事務所:吉本興業

たむらけんじが手掛ける事業は?

たむらけんじは、吉本興業所属のピン芸人。バラエティ番組では、こてこての関西弁でのツッコミと、一発ギャグでスベる芸風でもお馴染みです。

「炭火焼肉たむらの社長」という肩書きも、芸人と同じくらい有名かもしれません。たむらけんじは、元妻の家族から受け継いだ焼肉事業の他に、カレー店や中華料理店といった様々な事業を展開しています。

「炭火焼肉たむら」の最高年商は、6億円にも上ったのだとか。実業家として十分に成功していると言えるでしょう。

2019年2月には「大阪ほんわかテレビ」内で最高月収を「840万円」と告白。関係者の見立てでは、この値は吉本興業からの収入額である可能性が高いようです。

最高月収から、お笑いの給料だけで1億近いと仮定すると、事業収入や運用での利益も合わせた場合、かなりの高年収であることがうかがえます。

たむらけんじの性格は経営者向き?

たむらけんじは2015年10月に奈良市内にカフェ「nagood」をオープンしました。

しかし、料理のアドバイスやレシピ提供を依頼した兵庫県のレストランのシェフと、たむらけんじとの間で、プロデュース料をめぐるトラブルが発生。シェフ側は給料を元に130万円を請求しましたが、たむらけんじが提示したのは30万円~40万円でした。

たむらけんじは改めて100万円の分割払いを打診しましたが、相手は拒否。そこでたむらけんじが、内容証明を送って自分は間違っていないと主張したところ、シェフの怒りを買い、裁判も辞さないという騒動になりました。

この件では裏目に出てしまったものの、シビアな金銭感覚が、たむらけんじのビジネス成功の秘訣なのかもしれません。同店のグルメサイトの口コミは良好で、利用者からは評価されていました。

その後も新事業の展開をためらう様子はなく、犬のフード、シャワーヘッド販売など、多様なビジネスに挑戦しています。

また、自身が手掛けたカレー店が契約満了で閉店する際には、「従業員の働く場所を僕の力不足で無くしてしまうのが悔しい」とコメント。従業員を大切にするのも、優れた経営者に必須の要素ではないでしょうか。

中田敦彦がYouTube大学やオンラインサロンで爆発的人気!宮迫博之との革命的新番組が話題に! | 斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!)

たむらけんじは仮想通貨を広めた?

たむらけんじの抱く野望とは

ビジネスの世界でも成功を収めているたむらけんじ。その嗅覚の鋭さが表れているのが、仮想通貨のエピソードです。

実はたむらけんじは、世間で話題になるよりも前から複数の仮想通貨を所有しており、「芸人に仮想通貨を広めた男」と呼ばれています。

2018年2月18日放送の「EXD44」では、それまでに儲けた最高額は「350万円投資で3500万円」と告白。「芸人初の自分の仮想通貨『TAM』を作りたい」と、将来のビジョンを明かしていました。

いずれ芸能界を引退した際には、「仮想通貨で儲かって辞めたんやと思って」という衝撃の発言もあり、目安は、100億円なのだとか。

「炭火焼肉たむら」では、ビットコイン払いも採用。2022年2月10日には定番ギャグ「ちゃ~!」の音声をNFT化したものが、77861XYM(同時点で日本円の約170万円相当)で落札されるなど、仮想通貨の話題が尽きません。「自分の仮想通貨を作る」という夢も、いつか実現しそうです。

アイクぬわらは高学歴の元金融マン!ビットコインを先取り?矢作との英会話CMが人気! | 斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!)

たむらけんじが引退にまつわる本音を暴露!渡米の目的は?

年商6億円を叩き出す実業家と、テレビやYouTubeで活躍する芸人の、二足のわらじを履いているたむらけんじ。2021年12月4日放送の「幸せやねん!7時間30分SP」の中で、50歳の誕生日である、2023年5月4日をもって芸能界を引退すると宣言しました。

引退後は、渡米してモーテル経営などの事業を考えているのだそう。ダウンタウン・松本人志にも意向を報告したと明かしたことからも、本気度が伝わってきます。

2022年の元旦に「AERA dot.」にて公開されたインタビューでは、引退の理由について「簡単に言うと“燃え尽き症候群”」と説明しています。「芸人の仕事は大好き」としながらも、モチベーションの低下を感じたと告白。多くの新人が台頭してきても、「危機感も感じなかった」と、率直な思いを明かしていました。

過去には、芸能界引退の目安となる資産について「100億円」と語っていたため、仮想通貨で得た利益が100億円に到達したのか?と推測する声もあるようです。

2022年2月6日、陣内智則のYouTubeチャンネルにアップされた動画で、「現金で1億円持ってるとかない」との発言がありましたが、真相は本人のみぞ知る、といったところでしょうか。「現金で」ということは、仮想通貨を含む総資産は別だと推察できます。

第2のキャリアをスタートさせるにあたり「ワクワクしてる」と語った、たむらけんじ。世界的な実業家として、再び注目を集める日が来るかもしれません。

松本人志が後輩芸人を“松本ローン”で救済!驚愕の内容とは?筋トレを始めた理由が意外! | 斜め上からこんにちは(芸能人、有名人の過去、今、未来を応援するブログ!)

関連記事

ページ上部へ戻る