鳥肌実は芸風が際どすぎてテレビに出られない芸人!イケメンだったのに今は……

鳥肌実は芸風が際どすぎてテレビに出られない芸人!イケメンだったのに今は……出典:https://matome.naver.jp
スポンサーリンク

鳥肌実の芸風が際どすぎる!イケメンだったのに今は!?

鳥肌実は芸風が際どすぎてテレビに出られない芸人

芸人の鳥肌実(とりはだみのる)を見るときには、セリフも衣装も「これは全てネタだ」という前提を理解しておく必要があります。さらに、著名人の名前や時事情勢にある程度の知識がないと、ネタを見ても笑えないので要注意です。

鳥肌実のネタは、政治や国際情勢、宗教やマルチ商法、ゴシップや下ネタなど、普通のお笑い芸人がテレビで口にすれば、芸人人生がその日の内に幕をおろしてしまうような過激な内容ばかり。戦時中のスローガンを刺繍した“玉砕スーツ”に身を包み、狂気に満ちた表情で行われる「演説スタイル」のネタは、2000年代のサブカル・アングラ好きの男女をトリコにしました。

それは、日比谷野外音楽堂や国立代々木競技場第一体育館といった大きな会場もすべて完売御礼にするほどの人気ぶり。テレビでは鳥原実の姿を見られないことが、かえってファンを会場に集めカルト的な人気を呼んだという唯一無二の芸人です。

鳥肌実の劣化がひどい!イケメンだったのに今は……

鳥肌実のファンの中には、鳥肌実の整った容姿に惹かれていた人も少なくありません。しかし、2006年頃から徐々に中年太りが始まった鳥肌実は、2012年頃には“玉砕スーツ”に体が収まらない事態にまで陥りました。スーツを仕立て直すも、そのたびにまた太るという悪循環で、みるみる体型が崩れていき、オマケに頭髪もどんどん心許ない状態に……。

スポンサーリンク

現在の鳥肌実はイケメンとは程遠く、「劣化がひどい!」と叫ばれる有様。整った容姿に魅力を感じていたファンはすっかり離れていってしまいました。また、右翼的なネタはあくまで芸風であり、実際は非政治的(ノンポリ)であると公言していた鳥肌実でしたが、2011年に、ヘイトスピーチで知られる桜井誠主催のデモに呼ばれた際に「自分は似非右翼ではない」と発言。

右翼発言はネタではなく本気となり、本当に芸風が揺らいでしまったのではとの見方をされるようになり、「笑えない」「ミイラ取りがミイラになった」と、ファン離れが加速していきました。

鳥肌実の名言がヤバイ!本当のプロフィールは?

鳥肌実の名言だらけのヤバイ自己紹介ネタとは?

鳥肌実に自己紹介ネタは欠かせません。自己紹介の中で、17年以上も「鳥原実 42歳 厄年」と言い続けていることから分かるように、あくまでも全て“ネタ”です。朝、枕元に置いてあった物の説明から始まるこの自己紹介ネタは、支持政党・勤務先・休憩時間と休日の過ごし方など、全てがヤバイ名言だらけ。

スポンサーリンク

他にも、嫁(夏江37歳)との馴れ初めや、息子(健太10歳)とクワガタを買いに行く話などもファンに愛されていますが、どのネタも鳥肌実の名言のカタマリです。また、鳥肌実の名言は、ネタの中だけではなく、毎年のように開催される「時局講演会」のサブタイトルや、公式ホームページ上に掲げられていたスローガンでも見ることができます。

鳥肌実の本当のプロフィールは?芸人生活の目標は?

鳥肌実は、長年、「42歳 厄年」と言い続けてきましたが、2012年2月に、本当に42歳になったことを公表しています。鳥肌実の「誕生祝賀会」というイベントの景品で用意されたものの中には記名済みの婚姻届けもあり、それによると、鳥肌実の本名は村山太一。高校は、広島県にある崇徳高校を、大学は大阪学院大学を卒業しているようです。

1994年頃に、吉本興業所属で芸人人生をスタートさせるもクビになり、試行錯誤した末に、露出芸による公然わいせつ罪での逮捕などを経て、1998年頃に現在のような演説スタイルの芸を確立。1999年から、浅草キッドの自主ライブ「浅草お兄さん会」に参加して評価をあげていき、業界内外に広く名を知られるようになりました。

同年に芸人としての今後を問われた鳥肌実は、「テレビ対応のキャラに変えてでも売れたい!しかし金への執着はなく、美女を抱ければそれでいい」とコメント。どうやら、この時点での芸人生活の目標は、女性を抱くことだった様子です。そんな鳥肌実の性格は、「わがままで協調性はなく、問題がある(しかし芸は素晴らしい)」と、浅草キッドの水道橋博士がブログに綴っています。

鳥肌実の地上波出演が伝説に!?テレビに出ないからやっぱり会場に観に行くしかない!

鳥肌実は、「キャラを変えてでも売れたい!」という発言とは裏腹に、今まで素喋りで対応したことはなく、雑誌のインタビューやテレビ出演時にも、ネタのキャラクターのままで対応しています。俳優としてドラマや映画にも多数出演している鳥肌実ですが、普通に喋らせれば右翼的な思想や宗教批判に満ちた問題発言しかしないため、私たちが、鳥肌実をテレビで見る機会は今後もほとんどないでしょう。

鳥肌実が地上波放送(2001年元旦のTBS新春番組「SAMBA TV・21世紀の主張」)に出演したこともありましたが、朝の4時18分から始まった出番は、持ち時間10分のところ、5分28秒後に強制的にCMが差し込まれ、放送事故扱いに。このとき披露したのは「自己紹介ネタ」で、宗教団体の名前を出したために出番が打ち切られたと言われています。

しかし、打ち切らなければ、さらにテレビ向きではない「妻との馴れ初め」ネタが始まるところでしたので、番組スタッフの判断は正しかったと言えそうです。この鳥肌実の新春番組出演は、現在まで“伝説”として語り継がれています。これもまた、2000年代のカルト的な人気に繋がったことは間違いないでしょう。

全盛期の鳥肌実を知るファンは、現在の変わり果てた姿を見ると必ずショックを受けますが、「久しぶりに鳥肌実を観てきた」という人の話を聞くと、ルックスは変わり果てていても、話芸は健在。変わらない面白さだということです。現在は、以前のような大きなホールではなく、ライブイベントのゲストとして出演したりしている鳥肌実。往年のファンも、まだ未体験という人も、近場で行われることがあれば、公演に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る