バシリー・アルテミエフはロシア代表のラグビー選手!俊足のトライゲッターと呼ばれている彼のプレイスタイルは?

バシリー・アルテミエフの気になる年収は?

バシリー・アルテミエフは俊足ウイングのラグビー選手!

バシリー・アルテミエフは、1987年生まれのロシア出身のラグビー選手。ウイングのポジションを任され、俊足で知られる彼は、チームの得点源となる要です。

「ベアーズ」の愛称で呼ばれるロシア代表は9月20日に日本で開幕するラグビー・ワールドカップの開幕戦で日本と対戦することから、主将を務めるバシリー・アルテミエフは、日本のラグビーファンの間でも注目を集めています。

バシリー・アルテミエフの年収は未知数!?

バシリー・アルテミエフの年収は不明ですが、2008年からロシアのVVAでプレーを始め、ロシアを代表する選手である彼は、その活躍に見合った収入を得ているのではないでしょうか。

ラグビー選手の年棒は、日本では高くても1億円程度ですが、海外に目を向けると、5億円前後の年収を得る選手も存在するスポーツです。有名ラグビー選手の年棒で過去最高額は、かつてオールブラックス(ニュージーランド代表)のウィングとして活躍し、2015年11月に40歳の若さで急逝したジョナ・ロムー。稀代のトライゲッターと言われた彼の契約額は、日本円で6億5千万円と報じられました。

こちらもおすすめ:山下真司はラグビー未経験だった!?主演ドラマ「スクール・ウォーズ」とは

バシリー・アルテミエフのラグビー経歴やプロフィールを紹介!

バシリー・アルテミエフはアイルランドでラグビー選手として鍛えられていた?

バシリー・アルテミエフはロシア出身ですが、10代の頃にアイルランドのカトリック系の学校に留学し、大学もアイルランドで通いました。

大学時代にはメトロカップやコンロイカップなどを獲得して主力として活躍。ラグビーの強豪国として知られるアイルランドでラガーマンとしての技術を鍛えられたバシリー・アルテミエフは2008年にロシアへ戻り、同国の強豪・VVAとプロ契約を結びます。

バシリー・アルテミエフ、イングランドで衝撃のデビューを果たしていた!?

ロシアでラグビー選手として活躍し始めたバシリー・アルテミエフは、2011年にイングランドのノーサンプトン・セインツに引き抜かれます。

デビュー戦となったカップ戦でハットトリックを達成する衝撃のデビューを飾ると、リーグ・デビュー戦でも強豪ニューカッスル・ファルコンズを相手に2回もトライを獲得。世界的に名を知られる選手となります。

そんなバシリー・アルテミエフは、2014年からロシアのクラスニー・ヤールでプレーしています。

こちらもおすすめ:雨瀬シオリ漫画「ALL OUT!!」ラグビーブームで最注目!あらすじネタバレ

バシリー・アルテミエフは日本代表が警戒すべきロシア代表の俊足のトライゲッター!

ロシア代表として2009年にデビューしたバシリー・アルテミエフは80キャップを超え、通算獲得ポイント数は150を超えます。彼がプレーするウイングの目的は様々ですが、俊足でなければこなせないポジションを任されている彼に最も期待されているのは、トライをとることです。

トライをとるために走っていてもディフェンスがタックルを仕掛けてくるため、ウイングには簡単に倒れない強靭なフィジカルや体幹も重要となります。身長183cm、体重約87kgのバシリー・アルテミエフはその両方を兼ね備えており、日本にとっては警戒すべきロシア代表のキーマンといえます。点取り屋としての役目を担うバシリー・アルテミエフをいかに自由にさせないかが、勝利をつかむ大きなポイントとなるでしょう。

ロシア代表は世界ランキング20位で、10位の日本には勝ち点の獲得が必須といわれています。とはいえ、ロシアは1次グループで対戦する相手国の中では最も格下の相手となる一方で、昨年は逆転勝ちを収めたものの、前半は10対22で苦しんだ相手でもあります。

昨年戦ったのはイングランドでしたが、今回は多くのファンから声援を浴びて戦うことでできる日本が舞台。ワールドカップ初戦ということでロシア代表もモチベーション高く挑んでくるものと思われますが、全力を出し切って勝利し、幸先良いスタートを切ってほしいですね。

<こちらもおすすめ!>

ジェイミー・ジョセフ新ヘッドコーチ就任!ラグビー日本代表はどう変わる?
グレイグ・レイドローはスコットランド出身のラグビー選手!キャプテンを務める彼のインスタが素敵すぎる!
スチュアート・ホッグはスコットランド出身のラグビー選手!親戚は有名人!?ヨーロッパ最高のフルバックと呼ばれる実力は?

関連記事

ページ上部へ戻る