ワタナベマホトが活動休止を終えYouTuberとして復活!ファッションブランドを立ち上げていた!?

ワタナベマホトはファッションブランド「REBERTAS」を立ち上げていた!現在の販売状況は?


ワタナベマホトのプロフィール
◆生年月日:1992年12月8日
◆出身:大分県
◆所属事務所:UUUM

ワタナベマホトはファッションブランド「REBERTAS」を立ち上げていた!

ワタナベマホトは、超人気者YouTuberとして知られています。2020年3月の時点で、チャンネル登録者数は50万2000人、総再生回数が370万8000回となっています。

そんなワタナベマホトは、2013年にデザイナーのTOMO¥Aと共にファッションブランド「REBERTAS(リベルタス)」を立ち上げました。同ブランドのコンセプトは「とらわれた価値観からの解放」。ストリートカルチャーが中心の個性あふれるアイテムですが、2020年3月時点ではブランドの公式オンラインショップが販売中止となっており、購入することができません。

ワタナベマホトの「REBERTAS」販売状況は?

ワタナベマホトの「REBERTAS」は、2018年10月にTシャツ等の人気商品が再販されたのを最後に、公式サイトの更新もされていません。これは、ワタナベマホトがそれまで所属していた事務所・GENESIS ONE(ジェネスワン)からUUUM(ウーム)に移籍したことに関係あるようです。

ワタナベマホトが事務所を移籍したのは、2018年11月のこと。移籍の報告動画では、「『REBERTAS』はこのまま続ける」と話していたので、UUUMでの環境が整えば、またアイテムの企画販売を再開するものと見られています。

HIKAKINは最強のユーチューバー!?年収や家賃が桁外れだった!

ワタナベマホトのプロフィールを紹介!話題になった理由は?

ワタナベマホトのプロフィールを紹介!中学時代からYouTuberだった!?

ワタナベマホトは1992年12月8日生まれ。大分県佐伯市の出身です。中学3年生の頃から動画投稿をしていたといい、2007年に「サシマン」という名前でニコニコ動画デビュー。この時からYouTube等でも動画を投稿していました。

現在の「ワタナベマホト」というハンドルネームにしたのは、YouTuberとして本格的に活動していくことを決意したから。「ワタナベマホト」は、彼の本名である渡辺摩萌峡(わたなべまほと)を、そのまま片仮名表記にしたものです。

ワタナベナホトのYouTubeチャンネル「ワタナベナホト」は、2016年6月17日から配信を始めました。また、YouTuber・imigaとヒットポップユニットを組んで、ラッパーとしても活躍。ワンマンライブやアルバムなども発売しています。

ワタナベマホトが話題になった理由は?

2019年6月18日にワタナベマホトが傷害容疑で逮捕されたというニュースが流れ、大きな話題となりました。逮捕の理由は6月2日、ワタナベマホトがお酒を飲んでいた知人女性と口論の末、女性に全治2週間の怪我をさせてしまったというもの。

ワタナベマホトはすぐに釈放されますが、報道後の6月19日に自身のYouTubeチャンネルで無期限の活動休止を発表。翌月には、事務所から2019年12月31日まで謹慎、禁酒の処分が下されました。謹慎中は、猛省しながら事務所の補助業務活動を行っていたようです。

水溜りボンドは2人組YouTuber!「YouTube界のNHK」と言われる彼らの年収は…?

ワタナベマホトが動画投稿を再開!批判の声も真摯に受け止めて前を向いて進んでいく!

公式サイトで現在の心境を語る

ワタナベマホトが謹慎処分を解かれ、2020年2月14日から心機一転、動画投稿活動を再開することがUUUMの公式サイトで発表されました。2月17日にはワタナベマホト本人が「お久しぶりです」という動画を投稿。現在の心境を語っていました。

ワタナベマホトの傷害事件は不起訴処分になり、示談も成立しているようですが、動画投稿を再開することも考えられないほど落ち込んでいたようです。それでも、謹慎中にUUUMで働かせてもらったことで、社会人としてのマナーをはじめ色々なことを学べたと感謝していました。ツイッターなどではワタナベマホトを批判する声も少なからずありましたが、それも真摯に受け止めたうえで前に進んでいく決意をしているようです。

コメント欄を開放、どんな意見も受け入れる

ワタナベマホトは今後の活動の方向性として、これまで自分がやり続けたことを背負う意味でも続けていきたいとしています。15歳の頃から毎日動画を投稿してきたワタナベマホトにとって、YouTuberとしての活動は生き甲斐になっているのではないでしょうか。

ワタナベマホトは今、YouTubeチャンネル「マホトMAHOTO」で動画のコメント欄を開放しています。心配や迷惑をかけてしまったので、どんな意見でも受け入れるという覚悟もあるようです。2020年3月6日には「マホトは休止中何をしてた?全て答えます」というタイトルで動画を配信。時間にして4分余りのこの動画は約半月で180万回以上の再生数を記録し、2万回近いコメントが寄せられています。

人は失敗や色々な経験の中から学び、向上していくものです。再出発したワタナベマホトが、これからも楽しい動画を配信してくれることを期待しています。

小池友仁が前人未到のNPCJ5連覇の快挙を達成していた!!YouTuberとしても活躍の彼は実は社長だった!?
KissBeeはYoutuber・URA-KiSSとしても活動するアイドルグループ!ラーメン屋でバイトをしているメンバーがいる?
本田翼の知られざる下積み時代とは?YouTuberとしてデビュー!

関連記事

ページ上部へ戻る