柳田悠岐が結婚した嫁は誰?歴代熱愛彼女の噂は?生涯ホークス宣言!

柳田悠岐が結婚した嫁は誰で子供は何人?歴代熱愛彼女の噂は?


柳田悠岐のプロフィール
◆生年月日:1988年10月9日
◆出身:広島県
◆身長・体重:188cm・96kg
◆出身校:広島経済大学
◆ポジション:外野手、
◆所属チーム:福岡ソフトバンクホークス

柳田悠岐が結婚した嫁は3歳年下の一般人女性!子供は?

ギータの愛称で親しまれている柳田悠岐(やなぎたゆうき)は、俊足にして強肩強打と3拍子揃った大型外野手として、ソフトバンクホークスで活躍しています。

2015年に打率3割に30本塁打、30盗塁のいわゆる「トリプルスリー」を達成し、球界屈指の身体能力を誇る点でも高評価されている選手です。そんな柳田悠岐が結婚したのは、2015年7月。イケメンぞろいのチームの中でも、女性ファンが多いことには定評があり、球団から「結婚禁止」とされているという噂もあったほどの柳田悠岐。結婚のニュースにショックを受けた女性ファンも少なくなかったのではないでしょうか。

柳田悠岐が結婚したのは、3歳年下で当時24歳の一般人女性。柳田悠岐と嫁が出会ったのは、2013年の夏だそう。知人の紹介で知り合い、交際に発展。結婚に至った理由は、柳田悠岐がケガで戦線を離れて苦しんでいた時に、献身的なサポートを受けて心打たれたからだとか。

2015年7月に結婚していた、と発表した11月にはすでに嫁は妊娠中で、翌2016年1月20日に第一子の女の子が誕生しています。一般人女性のため嫁の詳細は不明ですが、柳田悠岐が「可愛い」とアプローチしたほどですから、かなりの美人なのでしょう。柳田悠岐は嫁について「明るく元気で、一緒にいると面白く、犬っぽい」と表現していました。結婚後は勤務先を退職し、家庭に入ってサポートに専念しているそうです。2020年2月14日には、第二子となる男の子が誕生。柳田悠岐は現在、2人の子供をもつ父親ということになります。

柳田悠岐は女優の桐谷美玲やテレ朝女子アナの青山愛らと噂になっていた?

柳田悠岐は、過去にさまざまな女性との熱愛関係が噂されていました。信憑性のの低い噂レベルでは2015年のキャンプで取材に訪れたという桐谷美玲や、柳田悠岐と同じ広島出身で「報道ステーション」のスポーツキャスターをとして取材中、仲が良さそうだったという青山愛、観戦していたようだという話などから「アイドリング!」の元メンバー大川藍など。ただし、どの女性もプライベートで会っている様子を撮った報道は存在しません。単に取材中のフレンドリーな対応などから、想像をふくらませて生まれただけの話だった可能性が高いでしょう。

目撃談などは、後に結婚した妻だった可能性もあります。女性に人気のある柳田悠岐ですから、確かな情報がなかったことによって、さまざまな噂が出ていたのも仕方ないのかもしれません。

伊藤裕季也は1996年世代の大砲!?本塁打率がすごい!私物プレゼントに大注目!

柳田悠岐の年棒や成績推移!天然エピソードが面白すぎる!

柳田悠岐はトリプルスリー達成!年俸も5億円超えに

柳田悠岐は、2010年10月のドラフト会議で、ソフトバンクの2巡目指名でプロ入りしました。年俸は、1200万円からのスタートで、ルーキーイヤーの1軍での成績はパッとしませんでしたが、2年目にはプロ入り初ヒット、初ホームランを記録。ホームランは、推定飛距離135mに及ぶ特大アーチでした。3年目で開幕1軍メンバー入りを果たした柳田悠岐は、バッティングは好調でしたが、ケガに悩まされるなど、レギュラー出場はままならず。それでも、104試合で打率2割9分5厘、11本塁打41打点10盗塁と、ホームランと盗塁で2桁に到達して、年俸は3200万円へ。好調を維持した4年目は、144試合で、打率3割1分7厘、15本塁打70打点33盗塁とシーズン通じて活躍。日本シリーズでも打率4割を記録するなど、チーム日本一にも大きく貢献しました。

5年目となった2015年シーズンの成績は、138試合で打率3割6分3厘、34本塁打99打点32盗塁、出塁率4割6分9厘でした。初の首位打者と最高出塁率タイトル獲得に加え、プロ野球史上10人目のトリプルスリーを達成。この記録は、球団史上初めてで、かつ東京ヤクルトスワローズの山田哲人とともに両リーグ同時達成の快挙となりました。両リーグでの同時達成は、65年ぶり。その好成績が評価されてリーグMVPに選出された柳田悠岐は、ゴールデングラブ賞も受賞。契約更改した年俸も2億7000万円に跳ね上がりました。

その後も日本を代表する最強打者としていくつも輝かしい記録を打ち出し、2017年12月の契約更改では推定年俸5億50000万円に出来高という3年契約を締結。ソフトバンクでの日本人初の5億円超えの年俸にふさわしく、勢いのある活躍を見せていた柳田悠岐ですが、またしても怪我に襲われてしまいます。2019年4月7日、柳田悠岐は左ひざ裏の違和感を訴えてロッテ戦を途中交代すると、翌日「左半膜様筋腱損傷」と診断されます。

その後、思うように状態が回復せず、シーズン前半は9試合のみの出場にとどまりました。それでも、ファン投票によるオールスターに選出された柳田悠岐。ファン人気の高さがうかがえます。最終的に、2019年シーズンは38試合のみの出場となりました。この怪我が、その後の柳田悠岐の野球人生を大きく決定づけることになります。

柳田悠岐の面白すぎる天然エピソードの数々!自称「カープ男子」のカープファンだった!

柳田悠岐は、トリプルスリーを達成するパーフェクトな能力を持つ一方で、天然な言動がもたらすエピソードにもこと欠きません。ピッチングマシンの調子が悪くなった時、立腹した柳田悠岐が、「ちゃんと投げんからガン飛ばしたッス」と睨み付けたら、マシンの調子が回復したとか。

また、もともと広島出身であり、広島市民球場に通いつめて「スクワット応援」にも参加したほどのカープファンの柳田悠岐。「好きな球団は広島カープ」と発言し、「カープ男子」を自称しています。「ホークスは好きだけど、ホークスファンにはならない」とコメントした後に、球団から発言禁止令を言い渡されたという話もありました。

そんな柳田悠岐でしたが、2019年12月25日に、ソフトバンクとの7年の大型契約を結んだことを発表しました。以前より「大リーグ挑戦」を公言していた柳田悠岐が、「生涯ホークス」を宣言するに至ったのはなぜでしょうか。

きっかけは、2019年に負った左ひざ裏の怪我。これにより海外フリーエージェント権が取れなくなったタイミングで、球団側から提案があったのだそう。このとき柳田悠岐は、「怪我をした選手をなんでこんなに評価してくれるんやろ」と、感謝の気持ちでいっぱいだったと言います。

そこから「しっかりここで野球をしたい」という想いに至り、今回の超大型契約が実現しました。日本選手では、歴代最長タイの長期契約。さらに7年契約が満了したタイミングでの「フィニッシュ」つまり、引退も明言しています。この「生涯ホークス宣言」を受けたホークスファンは、ますますギータ愛が深まってしまうのではないでしょうか。

山田哲人が球団史上最高額でトップに!?トリプルスリー4度目はあるか!?

柳田悠岐の勢いが止まらない!初の4割打者に期待も!

柳田悠岐が好調!コロナ禍ならではの理由も?

コロナ禍の影響で、何もかもが例年とは異なっている2020年シーズンにおいても、好調をキープしている柳田悠岐。8月18日時点での打率は3割7分7厘と、その勢いはとどまることを知りません。好調の要因のひとつではないかと言われているのが、コロナ禍での練習状況。柳田悠岐が所属するソフトバンクホークスは、練習量が多いことで知られています。

しかし2020年シーズンは感染防止のため、練習時間が少なかったうえに、開幕自体も遅れました。これにより柳田悠岐は、調子を整えて万全の状態で開幕を迎えることができたと言います。コロナ禍での開幕は、もちろんどの選手にとっても初めての経験でしたが、柳田悠岐の場合、このイレギュラーな状況さえも自身の力に変える形となりました。

柳田悠岐の超特大12号ソロが話題に!

2020年8月9日に行われた楽天戦で柳田悠岐が放った12号ソロホームランが話題を呼んでいます。この日、スタメン出場していた柳田悠岐。8回の第4打席で、楽天の酒居知史が投じた144キロの直球を捉えると、右翼スタンドの最上段まで豪快に飛ばしました。

YouTubeの「パーソル パ・リーグTV」チャンネルには、「【超特大】柳田悠岐“敵も味方も絶句”な豪快12号」と題されたこのシーンの動画が投稿され、8月21日時点で100万回以上再生されています。これを観た視聴者からは、「球場全体が引いてる」「カメラが追えてない」など驚きのコメントが多数寄せられており、柳田悠岐の実力がいかに並外れているかを思い知らされます。

「生涯ホークス」を選んだのは、若手に夢を与えたいという理由もあったのだとか。日本初の4割打者への期待も高まるソフトバンクホークスのスター・柳田悠岐は、これからどんな景色を見せてくれるのでしょうか。ギータの今後の活躍が楽しみです。

千賀滉大が育成の星と言われるようになった理由は!?令和初のノーヒットノーランを達成!
秋山翔吾が今オフ最大のレッズ補強となっている!?プロフィールや打撃成績なども紹介!

関連記事

ページ上部へ戻る