箭内夢菜の歌うまCMがかわいいと話題!「殺カレ死カノ」の再現度にファン歓喜

箭内夢菜はミスセブンティーン!粉雪のCMが可愛すぎる!

箭内夢菜はミスセブンティーン!5981名の中から選ばれた美少女!

箭内夢菜(やないゆめな)は、ファッション誌「Seventeen」の専属モデル。2000年6月21日生まれ、福島県郡山市の出身。2017年のミスセブンティーンで、なんと約6000名の応募者の中からグランプリに選ばれた美少女なのです。

2017年2月には大塚製薬のポカリガールに選ばれ、東京マラソンのWeb動画にも出演した箭内夢菜。その後、東洋システム株式会社、東進ハイスクールなど数々のCM、そしてドラマにも出演するようになり、最近は特に注目されるようになってきました。

箭内夢菜、粉雪のCMが可愛すぎる!可愛いだけではなく美しい歌声にも魅了された!?

箭内夢菜が出演したCMの中でとりわけ話題を呼んだのが、2018年6月に発売された「森永乳業 光と雪」のCMです。可愛さだけではなく、レミオロメンのヒット曲「粉雪」を歌う美しい歌声に魅了されたという人が続出。

ネットでも「箭内夢菜の歌をフルコーラスで聴きたい」「レミオメロンとコラボしてほしい」などの声が多く、歌手としても活躍できるのでは?という期待もあるようです。

こちらもおすすめ:箭内夢菜は高校在学中にポカリガールに抜擢!ドラマ「チア☆ダン」で女優デビュー

箭内夢菜が「3年A組」で熱演!「チア☆ダン」共演者との友情がアツい!

箭内夢菜が「3年A組」で熱演!本当に恐くなって泣いてしまった!?

箭内夢菜は、2019年1月から菅田将暉主演で放映されたドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です- 」に出演していました。役柄は、アイドル志望の結城美咲。

オーディションを受けてこの役を勝ち取った箭内夢菜ですが、これは普通の青春ドラマではなく学園ミステリー。第3話では、課題をクリアできなかった責任を取るために、結城美咲を含む5人が担任の柊一颯に銃殺されることになったシーンがありました。

このシーンの撮影で、本当に恐くなって泣いてしまったという箭内夢菜。それでも臨場感あふれる狂乱場面を見事に演じ切り、高い評価を得ることができました。

箭内夢菜と「チア☆ダン」共演者との友情がアツい!手作りミサンガをプレゼントしていた!

箭内夢菜が初めてテレビドラマに出演したのは、2018年7月から放送された「チア☆ダン」です。同作は、チアダンス部「ROCKETS」のメンバーたちが強豪チアダンス部「JETS」打倒と全米制覇を目指して頑張る姿を描いたもので、箭内夢菜は橘穂香役で出演していました。

箭内夢菜は「チア☆ダン」の共演者たちに、友情の印として手作りのミサンガをプレゼント。そのミサンガが第8話に登場したことがわかり、ドラマの中だけではない共演者たちとの熱い友情に、多くのファンたちが感動したということです。

こちらもおすすめ:石崎なつみは高校時代チアで世界大会出場!ドラマ「チア☆ダン」に出演

箭内夢菜が「殺カレ死カノ」君が代ちゃんに!気になるあらすじは?

箭内夢菜は、2019年11月15日公開予定の映画「殺さない彼と死なない彼女」に出演します。本作は、Twitterで話題になっている漫画家・世紀末の作品を実写化した青春ラブストーリーです。

殺さない彼・小坂れい、死なない彼女・鹿野ななの友達以上恋人未満的な関係を描く物語の他、メインキャラクターの「きゃぴ子と地味子」「君が代ちゃんと八千代くん」「イケメンくんとサイコキラーくん」、それぞれの物語があります。

箭内夢菜が演じるのは、「君が代ちゃんと八千代くん」の君が代ちゃん。映画では撫子という名前になっています。八千代くん役にはモデルのゆうたろうが扮し、撫子は大好きな八千代に何度フラれても、毎日告白し続けるというストーリーです。

箭内夢菜の映画出演は、本作が初めてではありません。2019年2月に公開された映画「雪の華」で主人公の妹・綿引初美役で出演していました。しかし、撫子のように恋する少女の役柄は今回が初めての経験で、最初は少し不安もあったのだそう。それでも相手役のゆうたろうやスタッフに支えられながら、最後までしっかり演じ切ることができたといいます。

自身はストレートに告白できるタイプではないという箭内夢菜が、どのように撫子を演じているのか、11月の公開が待ち遠しいですね。映画やドラマ、CMで活躍中の箭内夢菜。これからもっと、いろいろな姿を見せてくれることでしょう。

<こちらもおすすめ!>

桜田ひよりは「明日、ママがいない」で話題沸騰!SEVENTEENモデルに女優活動でも人気
八木莉可子は水原希子の妹分!CM・ドラマでも話題の人気モデル
広瀬アリスはハーフ?CM共演する妹・すずとのドラマ共演はある?

関連記事

ページ上部へ戻る