安達祐実 絶縁した母、離婚した元旦那井戸田との現在は?再婚した旦那、子供や家族の理解を得て花宵役も評判に

安達祐実 絶縁した母、離婚した元旦那井戸田との現在は?再婚した旦那、子供や家族の理解を得て花宵役も評判に

安達祐実 絶縁した母と離婚した元旦那井戸田の現在とは?

安達祐実 母と絶縁状態!?凄すぎる母!!

安達祐実と同じくらい有名な、安達祐実の母。

はじめは娘のサポートをしていたはずなのに、いつの間にかタレント安達有里として活動するようになっていましたね。報道を見ていると、一般的な常識の範疇を軽々と飛び越えている方のようで、話題にはこと欠きません。総費用609万円をかけて全身美容整形手術をしたり、大人向けビデオに出演したり、娘の初恋の人であるADと再婚したりと、やりたいことは何でもやっています。母と娘という関係よりも、女性対女性の関係になってしまっているようで、見ていてもちょっと辛いものが。そうした経緯から、安達祐実とも、そして安達祐実の娘とも不仲になってしまったと言われています。少しでも関係が修復できるとよいのですが、自由奔放すぎて改善策を想像することすら難しそうです。。

安達祐実 元旦那井戸田潤との現在の関係は?

安達祐実が元旦那井戸田潤と結婚したのは2005年。2006年には長女が誕生しますが、結婚から4年後の2009年に離婚となってしまいました。この安達祐実と元旦那井戸田潤の離婚、安達祐実の母親の存在が原因の一つとも言われていますが、お互いの価値観の違いなども原因の一つのようです。安達祐実のほうは「(お笑い芸人との結婚は)もうない」とサッパリ。度重なる井戸田の「復縁発言」にも、「迷惑」「『あいつ凄いイヤな奴だった』と言われるよりは良い」などとコメント。どうやら、安達祐実と元旦那井戸田潤の心情には、かなりの温度差があったようです。娘の親権は安達祐実が持っているので、①子供と会うのは週末でなければならない、②週末に井戸田のスケジュールがあいている、③週末に安達のスケジュールは入っているの3つの条件が揃わないと、元旦那の井戸田潤は、子供に会うこともできないところへ、「パパ」から「潤さん」と呼び方も変わったことが、現在の井戸田潤にはショックのようです。「いつか(安達祐実が再婚)するんだろうな」と思っていても、「多少はヘコみますね」「彼女の幸せを願います」とコメントしている井戸田潤。元旦那の井戸田潤にも幸せが訪れますように。

安達祐実 再婚した旦那、子供や家族の理解を得て花宵役も評判に

安達祐実と再婚した旦那ってどんな人?

安達祐実が2014年に出した写真集「私生活」のカメラマンを務めていた桑島智輝と再婚。安達祐実が母親と絶縁状態なので小学校に上がった娘を群馬県の親戚のところに預けて仕事の時には群馬県から上京していたようですが、親子3人東京で新生活をスタートさせるようです。安達祐実の再婚相手桑島智輝はバツイチ。2012年に離婚していますが、安達祐実と知り合ったのが離婚前と言う事もあり、略奪婚とも噂されています。「2度と結婚したくない」と思っていた安達祐実が再婚。安達祐実の再婚は公私ともに良い方向に影響しているようです。

スポンサーリンク

安達祐実 20年ぶりの主演映画出演!花宵役にチャレンジ!!

20年ぶりの映画主演作「花宵道中」では体当たりの演技で、「家なき子」から根強かった“子役”のイメージから脱却した安達祐実。大人の演技派女優として、活動の幅を着実に広げています。どうしても“脱いだ”ということろに話題がいってしまいがちなのは、やむをえないところ。けれども、本人の演技への思いが伝わった反応も返ってきたそうで、手応えも感じている様子です。今回の出演作は、俳優としての“覚悟”と“成長”を見せることができるタイミングがちょうど良く合ったのでしょう。“大人”の女性としての安達祐実が背伸びせず、自然体に見えるのも“覚悟”と“成長”の成果なのかも。プライベートも落ち着いて安心できるようになったのも大きいのでしょう。今後は、女優としてさらに飛躍していく姿を見せてもらえそうです。

安達祐実 まさかの整形疑惑!?所属事務所の関係者からも疑われる!?

安達祐実が芸能活動を始めたのはなんと0歳の時!!可愛らしい子役のイメージを重ねてみていた方も多いと思います。そんな中、ここ最近では安達祐実の雰囲気が変わったような気がしたと感じる方も多いのではないでしょうか?たしかに、安達祐実は、顔立ちこそ子役時代の面影が残っているものの、出演作品といい、発表されるコメントの内容といい、この頃ではすっかり大人の女性に変身!!おかげで所属事務所のエライ人が「最近、安達(整形を)やっただろう」と担当マネージャーに聞いていたとか。整形疑惑に対しては「整形していません!!」と安達祐実本人がきっぱり否定しています。整形したのでは?と思えるほど綺麗になったと言うことですよね。代表作ともいえるドラマ「家なき子」を演じたあたりから、“カワイイ、明るい”だけじゃない役が増えたという安達祐実。10代前半に30代の役、20歳近くで5歳前後の役をこなすなど、早くから演技派女優として活躍していたのですから、実力はお墨付きなのです。とはいえ、強烈な印象を残した「家なき子」のイメージはプラスにもマイナスにも働いたようで、20年ぶりの主演映画「花宵道中」では「ここまでやれる」という女優としての“覚悟”を示す意味もあったと語っています。「家なき子」のパロディを演じられるようになったのも“成長”の証でしょうね。再婚するも、街頭インタビューで離婚しそうな芸能人の1位になってしまったことについては、「できれば(離婚は)もうしたくない」「今回は頑張っていこう」と思っているそうです。年齢と雰囲気が合うようになったのか、自然な美しさが見受けられるように感じます。幼い頃から大人の世界で、人生の荒波をくぐり続けてきた安達祐実。これからは、女性としても、母親としても、そして成熟した演技派女優としても、どうか幸せでい続けて欲しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る