浅川梨奈はスーパーガールの童顔セクシーアイドル!グラビア水着が大人気!

浅川梨奈はスーパーガールの童顔セクシーアイドル!グラビア水着が大人気!出典:https://matome.naver.jp

浅川梨奈はスーパーガールの童顔セクシーアイドル!グラビア水着が大人気!

浅川梨奈はスーパーガール発の童顔巨乳アイドル!奇跡のグラビア水着で席巻中!

浅川梨奈(あさかわなな)は、エイベックス初のアイドルグループ・スーパーガール(SUPER☆GiRL)のメンバーですが、最近は、グラビア界のエースとして注目を集めています。

浅川梨奈は、本格的な水着グラビアに乗り出した2015年6月発売の「週刊プレイボーイ」をきっかけに、「1000年に1度の童顔巨乳」として話題をさらいました。少し下がった眉と、無垢な瞳が、16歳という実年齢より幼く見える浅川梨奈。スーパーガール、通称スパガのライブでは、弾けんばかりの無邪気な笑顔が魅力的です。

しかし、ひとたびグラビアのカメラを向けられると、あどけない表情に、ジワリと艶っぽさを滲ませるのですから、思わずドキッとさせられてしまうというもの。わずかに憂いを帯びた表情は、幼いがために、水着から溢れてしまいそうな推定Gカップの美乳を持て余しているようで、これでもかというくらいに男の庇護欲をかきたててきます。

浅川梨奈が青年誌のグラビアジャック!アンチを一蹴する度量に大物の予感が!

浅川梨奈は、グラビアの申し子とも言うべき童顔巨乳に恵まれ、水着グラビア初挑戦の2015年6月以降は、奇跡的な活躍を見せています。わずか1年半のうちに、25回も名立たる青年誌の表紙を飾るなど、グラビア界は、まさに浅川梨奈祭り状態。特に、「週刊ヤングマガジン」初登場となった2015年8月号では、表紙、巻頭・巻末グラビアの全てを浅川梨奈が飾るという、新人としては同誌創刊以来初となる快挙を成し遂げています。

スポンサーリンク

そんな浅川梨奈の「1000年に1度の童顔巨乳」という触れ込みを支持する声が激増する一方で、「そこまで可愛い?」とゴリ押しを指摘する声が多数挙がっていることも事実です。そこで、「顔的には3日に1度くらいですから~」と、自らSNSで言ってのける浅川梨奈には、大物の予感がしてしまいます。

浅川梨奈の出身中学、高校、プロフィール!出演映画「14の夜」あらすじネタバレ

浅川梨奈の出身中学、在学中の高校は?アイドルオタクの成り上がりストーリーが情熱的

浅川梨奈は、1999年4月3日生まれで、埼玉県出身。出身中学や高校名は明らかにされていませんが、中学時代から精力的にアイドル活動を続ける傍ら、高校にも進学したようですから、日出学園や堀越学園といった芸能系の学校に通っているのかもしれませんね。浅川梨奈は、小学生の頃から、スーパーガール(SUPER☆GiRL)やAKB48に憧れるアイドルオタクで、オタ芸を習得してしまうほどの情熱の持ち主です。

しかし、2012年にオーディションを経て、憧れのスーパーガールのストリート生となったものの、その中から同年に結成されたアイドルグループGEM(ジェム)の正式メンバー選考に落選してしまいました。それにめげることなくストリート生としての活動に専心した浅川梨奈は、2014年2月、念願のスーパーガールの正式メンバーの座を射止めます。

スポンサーリンク

浅川梨奈出演映画「14の夜」”性春もの”で示した豹変演技が凄かった!

浅川梨奈は、グラビア活動より前から女優業にも乗り出しており、演技力でも大物の片鱗を見せています。大きな話題となったのは、2016年12月14日に公開された映画「14の夜」。安藤サクラ主演映画「百円の恋」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した脚本家・足立紳の監督デビュー作は、1980年代の田舎のレンタルビデオ店を舞台に、男子中学生たちの”性春”が描かれています。

物語の主人公は、ありあまる性欲に暴走気味の主人公タカシを含む男子中学生4人。レンタルビデオ店でAV女優のサイン会が行われることを知り、バカげた騒動を巻き起こすという展開です。浅川梨奈が演じたのは、タカシの性欲を日々悶々とさせる巨乳の幼馴染みメグミでしたが、普段の童顔とは打って変わって、煙草片手に原付バイクにまたがる不良少女という役柄でした。

普段からグラビアで水着姿を披露しているとはいえ、スーパーガール(SUPER☆GiRL)のアイドルが、パックリ開いた胸元を差し出し、タカシに「揉めよ!」と詰め寄る姿は、衝撃どころの迫力ではありません。この度量たっぷりの豹変演技で、浅川梨奈は女優としても強烈な存在感を示すこととなりました。

浅川梨奈は大女優の器!?ドラマ・映画「咲-Saki-」からの飛躍に期待!

浅川梨奈は、「1000年に1度の童顔巨乳」としてグラビア誌上を席巻し、2016年1月には、シングル「恋☆煌メケーション!!!」で、初めてスーパーガールのセンターに抜擢されました。勢いが加速するばかりの浅川梨奈には、映画「14の夜」をきっかけに、期待される女優としての需要も高まりつつあります。そんな浅川梨奈は、2016年12月にTBSドラマイズム枠で放送された連続ドラマ「咲-Saki-」に続き、2017年2月3日公開予定の劇場版にも出演しています。

「咲-Saki-」は、現在、「ヤングガンガン」で連載中の人気漫画を実写化した作品。清澄高校麻雀部に所属する主人公・宮永咲と原村和が、全国大会の頂点を目指して激闘を繰り広げるスポ根ものです。主人公の宮永咲を演じる浜辺美波は、2015年のドラマ「あの日みた花の名前を僕達はまだ知らない。」のめんま役で注目を集め、2017年のブレイクが期待されている女優の1人として知られています。

その浜辺美波と横並びの伸びを見せているのが、原村和を演じる浅川梨奈。今作での役柄も、巨乳が全面に押し出されたキャラクターではありますが、「14の夜」で魅せた底知れぬ演技力は、巨乳アイドルという看板を外しても通用しそうな気がします。”変わり者”を自称するだけあって、人前でオタ芸を披露するほどの捨て身も臆さない浅川梨奈は、大女優の器といえるかもしれません。2017年の活躍だけではなく、童顔アイドルが長い時間をかけて熟成していく様を追っていきたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る