檀れい、子供の予定は? 性格、評判は?江原啓之、松田聖子との確執の真相

檀れい、子供の予定は? 性格、評判は?江原啓之、松田聖子との確執の真相

檀れい 子供は諦めた?性格・評判がよろしくないのはなぜ?

檀れい 子供の予定は?夫・及川光博との関係は?

檀れいと及川光博が2011年に結婚して2カ月で、及川光博に不倫疑惑が持ち上がってから絶えず「離婚」の話が出てきますが、5月16日にTBS系「新・チューボーですよ」に檀れいが出演したときには家庭での話題で「ノロケ」を連発していました!

温かいつゆで冷たい素麺を野菜たっぷりでいただく「及川家風そうめん」を紹介したり、料理の後は及川光博が「作ってくれたから」と後片付けを手伝ってくれるなど円満ぶりを披露していました。檀れいが43歳、及川光博が45歳なので「子供」の事を考えると早いに越したことは無いのでしょうが、檀れいの母親が介護が必要で「子供」まで余裕がないとか。檀れいの母親と及川光博との不仲説なども噂されていますが、檀れいが「ノロケ」ていられるならばそれで良いのではないでしょうか?

檀れい 性格・評判は?江原啓之や松田聖子との確執の真相

檀れいのイメージは「可愛い」「きれい」「上品」など思い浮かびますが、なかなかの苦労人だったようです。ご存知の通り宝塚歌劇団出身で月組、星組のトップ娘役として活躍し、中国公演では「楊貴妃の再来」と賛辞を受けました。しかし、名声と実力はなかなか正当に評価されていなかったようで、宝塚時代はいじめにあっていたとか。順風満帆とはいかなかったからか、性格が悪いなど評判が良くありません。檀れいは苦労して実力をつけてきたそうなので、周りにも妥協を許せないところがあるのでしょうか?記者からの失礼な質問に対して(いったいどんなに失礼な質問だったのでしょう!?)「私を誰だと思っているの?」発言や、共演者への一言でもいろいろ問題になっています。松田聖子の演技力に対して「演技が下手」と言い切ったとか、納得がいかないと「台本を書き換えさせる」などとの話も。家庭内でのダメ出しについて聞かれていた時には「(夫からの)演技に対するダメ出しはありません」と答えていました。江原啓之にカウンセリングを受けた時に「(実父について)死んだお父さんは『宝塚受験』を見守っていた」と言われましたが、檀れいの実父は健在で、亡くなったのは母親の再婚相手の義父であったことから檀れいだけでなく、江原啓之も「疑惑」をもたれることに・・・情報を正確に伝えるのは難しいですね。

檀れい 鼻の整形疑惑、宝塚での成績、演じてきた役柄は?

檀れい 鼻の整形疑惑とは

檀れいは1971年8月4日生まれの43歳。実際の年齢よりも若く見られます。檀れいの「鼻」に整形疑惑が出ていますが、幼いころと変わっていないので単なる噂でしょうか。高校生の頃、ファッション雑誌のモデルをし、宝塚音楽学校に入学。ずば抜けた成績というわけでは無かったのですが、宝塚劇団「月組」「星組」のトップ娘役に!!そんなことろから「いじめ説」や「檀れい性格悪い説」が出てきたのかもしれません?真琴つばさの相手役として2度の中国公演へも参加しました。現役時代に演じた「王家に捧ぐ歌」が12年ぶりに再演されることになり、5月18日にお披露目会が行われ、当時のOGとして湖月わたる、安蘭けいとともに舞台に登場した檀れいは「死んでもいい」と感激。体力が勝負の舞台対策として、後輩へ「パンはダメよ!お米よ!お米!」とエール(笑)宝塚歌劇が本当に大好きなのですね。

スポンサーリンク

檀れい 母親役への思い

2005年に宝塚歌劇団を退団。2006年に「武士の一分」で映画デビュー。2010年にはNHKドラマ「八日目の蝉」でドラマ初主演を果たします。テレビ朝日ドラマ「相棒」で共演した及川光博と2011年に結婚。結婚の決め手に「田中好子の死」や「東日本大震災」などが影響したそうです。「相棒」で共演した水谷豊・伊藤蘭夫妻の存在も「結婚」や「夫婦」について考えるきっかけになったそう。最近は母親役が多くなった檀れい。母親の介護問題をかかえ、また子供をなかなか授からないご本人としては複雑な思いがあるのかもしれません。

檀れいの出身地 兵庫県浜坂町

檀れいの出身地 兵庫県浜坂町のオススメグルメ「ホタルイカ」「松葉ガニ」

兵庫県浜坂町は日本海に面しており、「ホタルイカ」「松葉ガニ」共に水揚げ日本一を誇ります。春は「ホタルイカ」冬は「松葉ガニ」に代表されるように海産物が豊富で海の幸を満喫できます。春には「ホタルイカ祭り」を開催。「ホタルイカ」を食べつくす「わんこそば」ならぬ「わんこほたる」選手権などのイベントや、ホタルイカを様々な調理法で味わえるコーナーも!!「ホタルイカの沖漬」はもちろん、「ホタルイカのお好み焼き」「ホタルイカの炊き込みご飯」「ホタルイカのかき揚げうどん」など、食べてみたくなるメニューが盛りだくさんです。冬には豪勢に「カニ祭り」!!カニ汁の無料サービスや、カニソムリエがさばく「カニお食事コーナー」など、今から楽しみな企画が盛り沢山です。季節を問わず水産直売所では新鮮な海の幸が購入できますし、隣接されているお食事どころではとれたての海の幸を味わえますよ。

檀れいの出身地 兵庫県浜坂町 「ひょうたん民芸品」

「ひょうたん」は昔から縁起物として扱われてきました。末広がりの形や、ごろ合わせで、ひょうたんが3つで三拍(瓢)子揃って縁起が良い。ひょうたんが6つで無病(六瓢)息災でこれも縁起が良い・・・という具合です。浜坂町の「ひょうたん民芸館」では「ひょうたん民芸品」を展示・販売しています。毎年「干支」のひょうたんを制作したり、アイディアを生かした加工品を制作しています。ひょうたんの大きさも様々、親指くらいの大きさから、人の背丈ほどもあるものまで大小様々なひょうたんを販売しています。年中無休。営業時間は9:00~17:00、入場無料です。お気に入りのひょうたんを見つけに行ってみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る