ガル・ガドットは世界で最も美しい顔2位!結婚相手や子供は?

ガル・ガドットは世界で最も美しい顔2位!結婚相手や子供は?出典:http://matome.naver.jp

ガル・ガドットは世界で最も美しい顔2位!結婚相手や子供は?

ガル・ガドットは、ミス・イスラエルで、世界で最も美しい顔2位!

ガル・ガドットは、1985年生まれのイスラエル出身のハリウッド女優です。映画「ワイルド・スピード」シリーズのジゼル・ヤシャ役でお馴染みですね。

1度見たら忘れられない美貌とスタイルの持ち主のガル・ガドット。それもそのはず、2004年には、母国でミス・イスラエルに輝いています。ミス・イスラエルに輝いた5年後に、ハリウッドで「ワイルド・スピード」シリーズの大役を射止めると、ガル・ガドットには、「デート&ナイト」のナターニャ役、「ナイト&デイ」のナオミ役など話題作への出演が相次ぎ、存在感を発揮。2015年には、世界で最も美しい顔2位にも選出されました。

ガル・ガドットの結婚相手や子供は?

ガル・ガドットは、2008年、「ワイルド・スピード MAX」の撮影中に結婚しています。ガル・ガドットの結婚相手は、俳優仲間や芸能関係者ではなく、不動産関係の男性。一般人なので、詳細は明らかにされていませんが、2011年には女の子を出産したと発表したガル・ガドット。現在、ガル・ガドットと結婚相手、子供の3人は、イスラエルのテルアビブに住んでいます。

スポンサーリンク

ガル・ガドット出演映画「バッドマンVSスーパーマン」あらすじ、評判は?

ガル・ガドットも出演!話題作『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』のあらすじ

ガル・ガドットは、2016年公開の映画「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」で、 ワンダーウーマンのダイアナ・プリンス役に大抜擢されました。

「バッドマンVSスーパーマン」は、ベン・アフレック演じるバットマンと、ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンという2大ヒーローが対決する超話題作です。本作の舞台は、2013年公開の映画「マン・オブ・スティール」で崩壊の危機を迎えるも、スーパーマンが救った街メトロポリス。スーパーマンの並外れた力を目にした住民たちは、スーパーマンを英雄視するどころか、恐怖を抱いていました。バットマンもその一人で、人間には歯がたたない力を持ったスーパーマンの存在を危惧してメトロポリスを訪れたことから、2大ヒーローの対決が始まります……。

ガル・ガドットの最新出演作『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』の評価は?

ガル・ガドットの最新出演作「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」の監督は、ザック・スナイダーで、制作陣には、クリストファー・ノーランも名を連ねています。共演はベン・アフレック、ヘンリー・カヴィルのほか、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ。制作陣も含め、キャストも豪華なこの大作「バッドマンVSスーパーマン」は、世界中で話題通りの爆発的ヒットを記録。北米では、3月に公開された映画の中で歴代トップに立つ興行収入を記録しました。バットマンとスーパーマンだけでなく、アクアマン、ザ・フラッシュ、サイボーグなどのヒーローが登場することも好評の要因となっています。

スポンサーリンク

ガル・ガドット、ワンダーウーマンは「彼女は完璧な女性」と語る!

ガル・ガドットが「バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生」で演じるワンダーウーマンは、メタヒューマンというスーパーパワーの持ち主。ガル・ガドットは、その恵まれたルックスとシルエットで、迫力のあるアクションシーンを演じています。

スクリーンでは存在感を見せているガル・ガドットですが、本作のオーディションを受けた際、何の役なのか知らずにカメラテストをしていたそうです。その後、合格したのがワンダーウーマン役と知らされたときには、大のコミックファンというわけではなくとも、ワンダーウーマンのことは知っていたため、驚いたと同時に、飛行機の中で叫んでしまったほど歓喜したのだとか。ガル・ガドットはワンダーウーマンについて「とても心が優しくて、愛と平和を一番に考えている。完璧な女性」と語っています。完璧な女性であるワンダーウーマンを、完璧な美女のガル・ガドットがどう演じているのかも本作の注目ポイントの1つですね。

ガル・ガドットは、来年公開予定の、ワンダーウーマンが主役の映画への主演が決まっているように、今ハリウッドで最も旬な女優です。それとともに、母国イスラエルでは兵役をこなして、実生活では母親という面も持ち合わせているなど、若手女優の中でもとりわけ個性的なバックグラウンドを持っています。今後は、そうした多彩な経験からも、幅広い役を演じて映画ファンを楽しませてくれそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る