片平なぎさと船越英一郎はサスペンスの女王と帝王!実は恋愛関係だった?

片平なぎさと船越英一郎はサスペンスの女王と帝王!実は恋愛関係だった?出典:http://genryu08.com

片平なぎさと船越英一郎はサスペンスの最強コンビ!実は恋愛関係だった?

片平なぎさと船越英一郎はサスペンスの最強コンビ!2時間ドラマの女王と帝王

片平なぎさは、言わずもがなサスペンスドラマでおなじみの大女優。しかし、最初に知名度を上げたのは、1983~1984年に放送されたドラマ「スチュワーデス物語」でしょう。堀ちえみ演じるヒロインをいじめる役として、美しくて冷たい、高慢なお嬢様姿を演じました。

その演技にすご過ぎて、当時は、街中でいやがらせを受けることもあったとか。その後、片平なぎさが出演してきたドラマの数は100本以上。特にサスペンスドラマでは数多くの主演を務め、今や「2時間ドラマの女王」と呼ばれています。片平なぎさは、江戸川乱歩作品の他、松本清張作品や山村美紗作品のドラマに多く出演しています。

そんな片平なぎさと同様、サスペンスドラマに多数出演する俳優は船越英一郎。彼は「2時間ドラマの帝王」「サスペンスドラマの帝王」と呼ばれる存在です。片平なぎさとの共演も多く、特に火曜サスペンス劇場「小京都ミステリー」シリーズは、1989~2001年の足掛け12年、全30回に及ぶ一大シリーズとなりました。

片平なぎさと船越英一郎は実は恋愛関係だった?2人の関係に松居一代が嫉妬?

片平なぎさと船越英一郎には、熱愛の噂がありました。12年も共演していた「小京都ミステリー」での絶妙なかけ合いを見ると、たしかに「プライベートでも仲が良いのでは?」と思ってしまいそうです。実際、当時の船越英一郎のマンションで、「片平なぎさを目撃した人がいた」「同棲していたようだ」という話もあったとか。

スポンサーリンク

さらには、船越英一郎が、片平なぎさを両親に紹介をして、結婚直前までいったという話までありました。真相は明かされていませんが、2001年に行われた、松居一代と結婚した船越英一郎の結婚披露宴に、長年共演してきた片平なぎさが姿を見せなかったことを鑑みると、案外2人の関係は本当だったのかもしれません。

しかも、船越英一郎が結婚してからというもの、彼と片平なぎさの共演もぱったりとなくなってしまいました。そのため、松居一代の嫉妬深さが原因で、2人の共演がNGになったという噂もまことしやかに流れています。

片平なぎさの年齢やプロフィール!結婚しない理由の真相は?

片平なぎさの年齢やプロフィール!「スター誕生!」からデビューし女王へ

片平なぎさは、東京都品川区出身で、1959年7月12日生まれ。片平なぎさが芸能界への第一歩を踏み出したのは、1974年の人気オーディション番組「スター誕生!」出演がきっかけでした。もともとは友人の代役として出場しましたが、見事合格を勝ち取った片平なぎさ。自ら応募したのではなかったので、家族、特に父親の理解を得ることがとても大変だったそうです。

スポンサーリンク

ひとまず「3年やってみる」と、ようやく父親の許しを得て、1975年にアイドル歌手としてデビューしました。さらに同年、映画「青い山脈」で女優としてもデビューした片平なぎさですが、父親との固い約束で、「絶対脱がない」を守り通しています。

片平なぎさが、2時間ドラマで活躍し始めたのは1990年代からです。日本テレビの「火曜サスペンス劇場」のほか、フジテレビ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車シリーズ」、テレビ朝日「土曜ワイド劇場」など、主要放送局でのサスペンスドラマに多数出演し、その地位を不動のものとしました。

片平なぎさが結婚しない理由の真相は?「嫁に行く気は全くない」

片平なぎさは、未だ未婚です。見目麗しく、仕事も順調な片平なぎさが結婚しない理由として、世間では「実は同性愛者?」「口臭がきつい?」など、さまざまな憶測が飛んでいます。

片平なぎさが同性愛者かどうかについては、そもそも根拠が不明で、おそらく違うだろうというのが大半の見方。一方の、片平なぎさが口臭のせいで結婚できないのではないか、ということについては、彼女がヘビースモーカーであることが理由とされています。

片平なぎさは、1日に1箱吸うというレベルのヘビースモーカーなのだとか。一般に、喫煙者は口臭がきつくなる傾向があると言われているため、誰からかに口臭を指摘されることもあったのかもしれません。しかし、片平なぎさ本人は結婚について、「一人がいい、楽だから」とのこと。結婚によって、自分の生活ペースが崩されることが好きではないというのが、本音のようです。「嫁に行く気は全くない」とはっきり答えています。

片平なぎさが藤原竜也主演ドラマ「リバース」に登場!息子の死に苦しむ母親役

片平なぎさが出演するドラマが、2017年5月から始まります。原作は、イヤミスの女王・湊かなえによる小説「リバース」。2017年でデビュー10周年を迎える湊かなえが、自身の作品で初めて男性を主人公としたヒューマンミステリーです。主人公は、深瀬和久、32歳。有名大学を卒業してはいるものの、パッとしない人生を歩んできました。物語は、主人公の恋人のもとに届いた、1通の告発文から始まります。告発文には「深瀬和久は人殺しだ」と書かれています。これによって、主人公・深瀬和久は、10年前に起きた親友の失踪事件と向き合うことに。

主演は、常に際立った存在感を放ってきた藤原竜也です。その演技力から、個性の強いキャラクターを数多く演じてきました。今回演じるのは、おそろしく地味な男・深瀬和久。どう演じるのかにも大きな期待が寄せられています。片平なぎさが演じるのは、親友の母親・広沢晶子役です。愛媛でミカン農家を営んでおり、もともとはとてもおおらかな性格でした。

しかし、息子の失踪事件から一変。10年経っても、息子の死を受け入れられない母親という役柄です。ドラマ「リバース」は、主演・藤原竜也のほか、親友役に小池徹平、恋人役に戸田恵梨香、大学のゼミ仲間に玉森裕太、三浦貴大、市原隼人らと豪華絢爛キャスト。さらに、ドラマオリジナルキャラクターで武田鉄矢も出演します。前評判も上々のようです。片平なぎさの演じる役柄も繊細で複雑ですが、ベテラン女優の1人として、物語を大いに盛り上げてくれることでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る