かとうかず子は東国原英夫の2人目の妻!離婚理由と子供たちの現在は?

かとうかず子は東国原英夫の2人目の妻!離婚理由と子供たちの現在は?出典:http://www.oricon.co.jp

かとうかず子は東国原英夫の2人目の妻!離婚理由は何?

かとうかず子は1980年代を代表するトレンド女優だった

1980年代の男性にとって、かとうかず子は、二度残念だった女性と言えます。第一は、たけし軍団のそのまんま東こと東国原英夫との結婚と離婚。第二は、その後すっかりオバサン化してしまったことです。1958年生まれのかとうかず子は、1978年、20歳の時に、つかこうへい構成・演出による「サロメ」のオーディションに合格しますが、役は、その他大勢の1人。1年間芝居の勉強をして、翌1979年に、同じく、つかこうへいの「広島に原爆を落とす日」で本格デビューしました。

1980年に、TBSのポーラテレビ小説「マリーの桜」のヒロインに抜擢されると、1981年に、80年代の時代風俗を鋭く風刺した田中康夫の小説を映画化した「なんとなく、クリスタル」の主人公の役を射止めます。くりっとした目で、ショートカットにスレンダーなボディ。都会的で硬質なイメージのかとうかず子は、まさにクリスタル。トレンド女優として、当時の若者たちに人気を博しました。

しかし、その硬質なイメージは、裏返せば、演技のぎごちなさとも言えます。その後は、さまざまな映画やテレビドラマに出演しますが、これといった代表作もないまま、1990年、推理小説「ビートたけし殺人事件」がベストセラーになった東国原英夫と、同ドラマで共演しました。

かとうかず子を嫁にしたのはたけし軍団のそのまんま東という衝撃

やがて世間は、この美女とお笑い芸人の結婚を、驚きをもって迎えることになります。実は、東国原英夫は、フリーアナウンサーの片平夏貴と結婚して子供もいましたが、かとうかず子との交際が原因で離婚。そしてその後、2人は結婚しました。一男一女をもうけ、意外にも円満に過ごします。東国原英夫の幾度かの浮気や、未成年女性との淫行問題、その謹慎中に早稲田大学に通っていた時も、けなげに一家の生活を支えていたのはかとうかず子でした。

スポンサーリンク

しかし2006年、東国原英夫が宮崎県知事選出馬を決意し、政治家を目指した時、ついに堪忍袋の緒が切れたのか、かとうかず子は離婚を宣言。決定的なやりとりとなったのが、かとうかず子に「私と宮崎、どっちが大事なの?」と問われ、東国原英夫が「宮崎!」と答えたことだと伝えられています。

かとうかず子の子供たちの現在は?若い頃はイケイケだった?

かとうかず子と東国原英夫の子供は2人とも留学経験があり、ただ今進路模索中

浮気・政治道楽の夫を見限ったかとうかず子は、2人の子供を育てるため、テレショップなど、なりふりかまわず仕事に励み、しっかりオバサンさん体型になってしまいました。しかし、かえってそれが功を奏したのか、現在は力みも取れ、年相応の主婦を演じたり、旅ものやバラエティに出演したりと、オールラウンドに仕事をこなしています。

2人の子供も、男の子はアメリカの大学へ留学し、卒業後は日本に帰国して、政治関係のシンクタンクでインターンを経験。どうやら政治に興味があるようです。女の子も、理系の大学を卒業。ともに独り立ちの時を迎えています。

スポンサーリンク

かとうかず子名古屋のお嬢様は意外に堅実で家庭的?!

かとうかず子は、芸能界の仕事で中退をよぎなくされましたが、もとは愛知のお嬢様学校として有名な愛知淑徳大学の出身。若い頃はイケイケで勝気なお嬢様だったのでしょうが、他府県のイケイケ娘と異なるのは、名古屋の女性は極めて堅実で家庭的なことです。そんな彼女が、なぜ東国原英夫のような男と結婚したのかは、今でも謎とされています。

その当時、かとうかず子は、デビューして10年近くイメージばかりが先行していたせいか、見せかけだけの芸能界にほとほと疲れていたようです。そんな時、垣根なくストレートにアプローチしてきて、親身に悩みを聞いてくれたのが東国原英夫だったと言います。美人は得もするけれど、損も多い……男性諸君にとっては、美人ほどアタックしたほうがよく、おまけに意外な良妻を得ることができるチャンスということかもしれません。

かとうかず子が阿川佐和子の結婚で再婚に意欲的に?!

もはやすっかり主婦タレントと化したかとうかず子ですが、最近、意外な発言をしています。それは、NHK「ごごナマ」に、舞台で共演中の俳優・吉田栄作とともに出演した際のことです。永く独身だった63歳のエッセイスト阿川佐和子が、69歳の元慶大教授と結婚した話題に及び、司会の美保純から「男性との出会いやきっかけはありますか」と問われたかとうかず子は、「ないです」と即答。続けて、「普段は夜8時半に就寝するという生活だけれど、別に寂しくはない」と答えました。

そして阿川佐和子の結婚に関しては、「衝撃でした。まだ(結婚)できるんだ、って。ちょっと勇気もらいましたね」と感慨深げに話したのです。考えてみれば、かとうかず子は59歳。高齢化社会においては、まだまだ若い世代と言えます。それに、たとえ少し太ったとはいえ、まがりなりにも1980年代を飾った女優の1人。

申し訳ないですが、その辺の一般のオバサンと比べれば、その美しさは雲泥の差です。熟年離婚も多い反面、高齢者の再婚もまた増えている今。いっそ、かとうかず子には、もう一度世間を裏切ってもらって、素敵な男性と再婚してほしいものです。しかし、60年も生きた女性は、男性も腹を決めてかからないと、なかなか手ごわいものですが……。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る