小池徹平の最近の出演ドラマって?消えたと言われるワケを検証

小池徹平の最近の出演ドラマって?消えたと言われるワケを検証出典:http://pinky-media.jp

小池徹平の最近の出演ドラマって?消えたと言われるワケを検証

小池徹平の最近の出演ドラマって?31歳で大学生役を演じていた

俳優の小池徹平が最近出演したドラマは、2017年4月から放送されていたTBSドラマ「リバース」です。人気ミステリー作家・湊かなえの小説が原作で、小池徹平は、藤原竜也演じる主人公・深瀬和久の大学時代に亡くなった親友・広沢由樹を演じました。広沢由樹の死を軸にストーリーが展開されていくという、重要な役です。

実年齢31歳の小池徹平ですが、広沢由樹は22歳の大学生。しかし、年齢ギャップなどまったく感じさせなかったのは、演技力はもちろん、彼の童顔が大いに役立ったと言えそうです。「リバース」の前には、2017年2月15日に、NHK BSプレミアムにて放送された足立区発地域ドラマ「千住クレイジーボーイズ」にも出演していました。

主人公が、下町の人情あふれる人々と触れ合ううちに、一度はやめた漫才にまた情熱を取り戻していくというストーリーで、小池徹平は、主演した塚本高史の元漫才コンビの相方役として出演しています。

小池徹平が「消えた」「干された」と言われるワケを検証

一時期はテレビに引っ張りだこだった小池徹平ですが、ここ数年はテレビで見かけることが少なくなっていました。そのため、「消えた!?」「干されたのでは?」など囁かれることも。消えた理由として噂されていたのは主に3つ。1つ目は、小池徹平が活動していた音楽デュオ「WaT」の元相方ウエンツ瑛士との不仲説です。

スポンサーリンク

「WaT」のデビュー当時こそ2人での出演も多かったものの、年を追うごとにソロでの活動が目立ちはじめ、新曲リリースも滞っていったことから「仲があまり良くないのでは?」との声が。しかし、ウエンツ瑛二によると、「(お互いに)作品いっぱいやっているので必ず行きますし、その時には楽屋行って話しますし」とのことでした。しかし、活動停止状態が続き、「WaT」は解散しています。

2つ目は、小池徹平の劣化説。「可愛い」「美少年」路線で仕事している人ほど、年を重ねるにつれて、その路線のまま続けていくことが難しくなるものです。しかし、童顔の小池徹平も、近年の出演ドラマを見る分には、いい意味で落ち着きを感じさせるようになっています。そのため、劣化を感じる人はそれほど多くはなさそうです。3つ目は、ジャニーズ事務所が関係しているのでは?という説。

少年らしさがアピールポイントのジャニーズのタレントたちと小池徹平とはキャラがかぶるため、美少年枠を彼らと奪い合うことになり、出演回数が減っていったのではないかと見る向きもあるようです。たしかに、ジャニーズ所属するタレントとポジションが競合していた可能性はあったのかもしれません。

スポンサーリンク

小池徹平の歴代熱愛彼女まとめ!出身地やプロフィールは?

小池徹平の歴代熱愛彼女まとめ!初代は年上彼女の女優だった!

童顔で、女性から圧倒的に支持されている小池徹平は、芸能界でもモテモテの様子です。2006年5月にフライデーにスクープされたお相手は、モデルで女優の滝沢沙織でした。交際が事実であれば、5歳の年上彼女でした。翌2007年には、人気女優の綾瀬はるかとの噂が週刊文春に掲載され、2013年にはタレントの芹那とも噂になりました。しかし芹那については、小池徹平自身が熱愛を否定していることに加え、2014年には芹那と大倉忠義の熱愛報道もあったことから、友人関係の可能性が高いと言えそうです。

一部ネット上では、2013年に放送されたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」出演をきっかけに、のん(能年玲奈)と付き合っていたとも噂されましたが、それらしき写真などはない状況です。以降は、特に目立った熱愛報道のない小池徹平。30代を迎え、次に報じられるのは結婚という可能性もありそうです。

小池徹平の出身地やプロフィールは?主演も務められる俳優に成長

小池徹平という名前は芸名ではなく本名で、父親が、少年漫画「おれは鉄兵」が好きだったことから名付けられたと言います。また、父方の親戚に俳優の京本政樹がおり、小池徹平自身も交流がある様子です。トーク番組などで関西弁をしゃべる姿を見ると分かる通り、小池徹平の出身地は大阪。

中学2年生の時、音楽に興味を持ち始め、「ゆず」に憧れてギターを弾き始めたことがきっかけでした。そして、地元の大阪府立長野高等学校に入学した2001年、15歳の時に、第14回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に自ら応募し、見事グランプリを受賞。これをきっかけに芸能界入りが決まったことから、2002年に上京して、堀越高等学校へ編入します。

同年、ドラマ「天体観測」で俳優デビューすると同時に、同じ事務所のウエンツ瑛士と「WaT」を結成して音楽活動もスタート。路上ライブなどで経験を積んだ努力が報われて、2005年に「僕のキモチ」という曲でメジャーデビューしました。一方で、2004年放送のドラマ「WATER BOYS2」出演の頃から「可愛い!」と人気が出始めます。

当時大人気だった仲間由紀恵主演の学園ドラマ「ごくせん」(2005年)には第2シリーズより武田啓太役として、第4シーズンまで続いた医療ドラマ「医龍-Team Medical Dragon」では第1シリーズより伊集院登役を演じた小池徹平。その後は、映画「ホームレス中学生」(2008年)、映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」(2009年)などの映画を中心に、主演に抜擢されるまでになりました。

小池徹平は舞台俳優としても活躍中!2017年11月は「ロッキー・ホラー・ショー」のブラッド役!

小池徹平は、2012年から舞台俳優としても活動しています。最近では、2017年1月より上演された「キャバレー」に、主演の長澤まさみ演じるサリーの恋人クリフ役として出演しました。さらに、2017年11月に公演予定の舞台「ロッキー・ホラー・ショー」に出演することも発表されています。

1973年に初公演された「ロッキー・ホラー・ショー」は、SFやホラー、カルト要素をふんだんに取り入れたホラーコメディミュージカル。物語は、恋人同士のブラッドとジャネットが、結婚の報告をしようと恩師の家へ向かう道中、車がパンクしてしまい、古城に立ち寄るところから始まります。そこで待ち受けるのが、マッドサイエンティストのフランク・フルター。彼が作った人造人間ロッキー等、個性あふれる登場人物たちとの間で繰り広げられる騒動を描いた作品です。

小池徹平は、古城に立ち寄ることになる恋人役の1人、ブラッドを演じています。フランク・フルター役を演じるのは、前回に引き続き古田新太です。演出は、女優ともさかりえの元夫で、読売演劇大賞「優秀演出家賞」を受賞している人気演出家の河原雅彦が担当します。

さらに、音楽監督はROLLY、振付は東京ゲゲゲイのMIKEYと超強力な布陣だと知ると、かなり刺激的な作品となることは約束されたも同然でしょう。バイセクシャルでもあるフランク・フルターとブラッドとの絡みも気になる本作。「カルト・ロック・ミュージカルの金字塔」とも称される人気作で、小池徹平が新境地を見せてくれるのではとの期待も高まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る