篠山輝信の父は篠山紀信、母は元アイドル南沙織!結婚しないのはマイペースな性格にあり?

篠山輝信の父は篠山紀信、母は元アイドル南沙織!結婚しないのはマイペースな性格にあり?出典:http://ayapanland.com
スポンサーリンク

篠山輝信の父は篠山紀信、母は元アイドル南沙織!篠山輝信の兄弟の現在は?

篠山輝信は篠山紀信の息子で母は南沙織!顔は母にそっくり!

篠山輝信(しのやまあきのぶ)は、ドラマや舞台で活躍しているイケメン俳優ですが、最近はテレビの情報番組などで見る機会も多くなってきました。NHK「あさイチ」のリポーターとしてご存じの方も多いでしょう。
篠山輝信は、俗にいう2世タレント。篠山輝信の父は、一流カメラマンの篠山紀信で、母は、元アイドルの南沙織です。

目がクリッとした顔立ちをしている篠山輝信は、どちらかと言えば、「シンシア」の愛称で親しまれ大人気だった南沙織似かもしれません。2世タレントの篠山輝信が俳優になったきっかけは、高校時代に出演した英語劇。親の影響ではなく、純粋に演じることに面白さを感じたため、俳優の道を志すようになりました。

篠山輝信の兄弟の現在は?芸能界に入ったのは篠山輝信だけ?

篠山輝信は、男ばかりの三人兄弟の2番目で、4歳年上の兄と、2歳年下の弟がいます。兄は、篠山紀信の事務所に勤務して父の活動をサポート中。弟は、ソニーの研究員として活躍している知る人ぞ知る天才とか。華々しい経歴を持つ両親の元に生まれた兄弟の中で芸能界に入ったのは篠山輝信だけということになりますが、かつて父・篠山紀信は「3人の中で自分の跡を継ぐとしたらお前だな」と言ったとか。

その意味は、篠山輝信は表現するエネルギーを持っているから。篠山輝信は、芸術家の父・篠山紀信も認めた表現力を、今のところはお芝居の道を中心に生かしているようです。

スポンサーリンク

篠山輝信の彼女はホラン千秋?結婚しないのはマイペースな性格にあり?

篠山輝信の彼女はホラン千秋?スクープ写真はないけれど……

1983年12月10日生まれで30代半ばに差し掛かる篠山輝信は、そろそろおめでたい話があってもいい年齢です。最近、熱愛彼女として名前が浮上したのは、NHKEテレ「しごとの基礎英語」で共演していたタレントのホラン千秋。芸能人カップルには、共演がきっかけで交際がスタートしたというパターンも多いですが、篠山輝信とホラン千秋の熱愛が事実ならばマスコミも黙ってはいないでしょう。

しかしこれまでのところ、スクープ写真などもなく、週刊誌による熱愛報道は一切されていないことから、単なる噂ではないかと思われます。実は、篠山輝信は、2016年に朝日放送「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」に出演した時に、「1年ほどお付き合いしている一般女性がいる」と話しました。一般女性ということで情報が出回りにくいのかもしれませんが、現在も交際は続いているのかが気になります。

篠山輝信が結婚しないのはマイペースな性格が原因?

篠山輝信の性格は、マイペースで面倒くさがり。そのため、人に合わせることが苦手だと言います。「そんな性格だから結婚できなのでは?」と指摘する声も少なくありません。とはいえ、篠山輝信のマイペースな性格は、違った見方をすれば、素直で正直だと言えます。

スポンサーリンク

自分の気持ちに正直に生きているからこそ、本当に結婚したい相手が現れない限り、妥協はしないのでしょう。お互いに本当に分かりあえる相手に出会えたら、情熱的に突き進んでいくに違いありません。

篠山輝信もNHK「あさイチ」リポーター卒業?!純粋で真面目なキャラが人気の秘密!

篠山輝信は現在、NHKの情報番組「あさイチ」に出演中です。「産直LIVE」コーナーのリポーターとして活躍しており、アッキーの愛称でも親しまれています。MCを務めるのは、有働由美子アナウンサーとV6の井ノ原快彦の名コンビですが、2018年3月いっぱいでそろって降板することが、2月7日の放送で告げられました。

すると、この日は出番がなかったはずの篠山輝信が、なぜかスタジオのセットの陰にいて大泣きしている姿をカメラがキャッチ。大きな目からぽろぽろ涙を流す篠山輝信を見た井ノ原快彦から「あいつ、何泣いてんの?」と突っ込まれる場面がありました。8年もの長きに渡って共にしてきたMCの降板に感無量になったのでしょうが、泣きながら「花粉症です」と強がって見せる姿は純粋な少年のよう。「思わずもらい泣きしてしまった」という視聴者もたくさんいたと言います。

篠山輝信は玉川大学芸術学部を卒業した後、舞台「ANGEL GATE -春の予感-」で芸能界にデビューして以来、映画やドラマに出演してきました。「あさイチ」のリポーターになったのは2010年のことで、以来、全国各地での旬の食材を取材してリポートする「産直LIVE」コーナーを担当しています。本番では楽しく元気なトークを繰り広げている篠山輝信ですが、リハーサルも手を抜くことはなく、とても真剣に取り組んでいるとか。

そんな篠山輝信の人間性を一番良く知っているのは、取材を受けた方々かもしれません。周りの人への気配りを忘れないところや、視聴者にぜひ伝えたいと思うことを何度もつぶやいたりしている真面目さに、「アッキーのファンになった」と話す方も多いと言います。MC井ノ原・有働コンビのもと、のびのびとレーポトしてきましたから、2人の卒業に続かないで欲しいですね。

「親の七光り」と言われることには特に抵抗はなく、逆にエネルギーにしていると語る篠山輝信から感じられるのは、素の自分で勝負している芯の強さです。甘いマスクの裏には、ぶれない信念や精神力の強さが隠されているような気がします。世界的に有名な父・篠山紀信も認めた表現力を武器に、これからもありのままの自分で、いろいろなことに挑戦し続けてほしいものです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る