桜庭ななみは鹿児島美女女優!「干された」疑惑の真相とは

桜庭ななみは鹿児島美女女優!「干された」疑惑の真相とは出典:http://iam-publicidad.org

桜庭ななみは鹿児島美女女優!本名や年齢、出身校は?

桜庭ななみは鹿児島美女女優!デビュー直後に映画主演やミスマガジンに

女優の桜庭ななみは、「鹿児島県にものすごい美少女がいる」という噂を聞きつけた芸能事務所にスカウトされ、芸能界に入りました。その後1年も経たないうちに、テレビドラマ「栞と紙魚子の怪奇事件簿」第6話で女優デビュー。3カ月後には、映画「同級生」と「体育館ベイビー」で初主演を果たしました。

さらに、ミスマガジン2008で、約17,000人からグランプリに選ばれ、全国高校ラグビーフットボール大会のイメージキャラクターを務めるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せます。勢いは止まらず、2009年には、劇場アニメ「サマーウォーズ」で声優として出演し、2010年には日本雑誌協会キャンペーンキャラクターに選ばれました。また、映画「最後の忠臣蔵」や「書道ガールズ!!」で、日本アカデミー賞「新人俳優賞」や第84回キネマ旬報ベスト・テン「新人女優賞」などを受賞しました。

2013年までの出演テレビドラマ数は20本弱で、出演映画は10本以上、加えてグリコやサントリーフーズのなっちゃん、ロッテのCMなどにも出演するなど、まさに引っ張りだこ状態でした。2009~2014年までは、アイドルグループbump.y(ばんぴー)のメンバーとしても活動しています。

桜庭ななみの本名は「瞳」か「ひとみ」?出身校などプロフィールは?

桜庭ななみは、1992年10月17日生まれで、鹿児島県出身です。芸能界入りは2007年の夏、まだ高校生のときです。出身高校は、世田谷にある日本大学女子体育大学附属二階堂高等学校なので、芸能活動を開始するため、高校進学を機に上京したのでしょう。桜庭ななみの本名について確かな情報はありませんが、所属事務所のスウィートパワーに在籍するタレントが皆芸名を用いていることから、「桜庭ななみ」も芸名である可能性は濃厚です。

スポンサーリンク

インターネット上で出回っているのは、「宮内瞳」「宮内ひとみ」「宮崎瞳」の3つの説。自称・桜庭ななみの友人だという人物が明かしたと言われているので、決め手に欠けるものの、これ以外に取り沙汰されている情報は今のところありません。

桜庭ななみは干されて消えた?中国語がデキる理由とは?

桜庭ななみは干されて消えた?2015年と2016年のドラマや映画出演状況は?

桜庭ななみの2014年までの活躍ぶりは、目を見張るものがありますが、一転、2015年や2016年は、あまり姿を見なくなりました。そのため、「消えた」「干された」という声が囁かれるように。「干された」理由として言われているのは、「可愛くない」「演技がうまくない」ということです。しかし、「干された」というわりには、2015年のテレビドラマ出演は中居正広主演の「新ナニワ金融道」など3本、映画では、大きな話題を呼んだ「進撃の巨人」サシャ役で2作に出演、加えてローソンのCMにも出演しています。

スポンサーリンク

2016年も石田ゆり子主演のドラマ「コントレール〜罪と恋〜」など、テレビドラマ3本、映画1本、出水酒造のCM出演など、活動は順調でした。それまでの圧倒的な活躍ぶりの印象が強すぎるあまり、露出が少し落ち着いただけでも、「干された」「消えた」と感じられたのかもしれません。とはいえ、2014年以前に比べて出演作品数が激減したのは事実で、それには理由がありました。

桜庭ななみ中国語がデキる理由とは?「干された」疑惑の真相と台湾ドラマ出演

桜庭ななみの出演作品リストを見ると、台湾のドラマにもゲスト出演していることが分かります。セリフはもちろんすべて中国語でした。その語学力は監督を唸らせるほどで、監督よりも中国語がうまいと言われることもあったとか。桜庭ななみの中国語がこれほど上手いワケは、台湾映画への出演がきっかけで、2年間、中国に語学留学していたからです。

それが2015~2016年。つまり、桜庭ななみが「干された」と言われていた時期にあたります。また、2016年9月に公開された日韓合同製作映画「絶壁の上のトランペット」では、桜庭ななみが、共演者や監督と韓国語で会話していたという話も!2016年10月に、アジア地域の映画に貢献した人物に贈られる「APNアワード」を受賞した際には、日常会話が容易にこなせるレベルの中国語と韓国語を披露し、授賞式の参加者から賞賛の拍手を浴びました。桜庭ななみは、語学センスが非常に優れているのかもしれませんね。

桜庭ななみが2018年大河ドラマ出演決定!西郷隆盛の妹・糸に

桜庭ななみが、2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」へ出演することが発表されました。原作は、林真理子の「西郷どん!」。鈴木亮平が主人公の西郷隆盛を演じ、その妹・西郷糸を、桜庭ななみが演じます。会見では、「糸という人物は調べてもどういう人物かなかなか出てこなくて、周りの人を深く知ろうとしています」と、史実にそった作品ならではの難しさを語った桜庭ななみ。一方で、舞台が地元の鹿児島であることについて「うれしかった」と頬を緩ませています。

2017年4月20日には、警視庁公安部によるバスジャック訓練の激励に訪れた桜庭ななみ。テロリストによってバスジャックされたという想定のもと、テロリストを刺激しないように行動することや、非常事態を通報する方法などが確認される様子を見て、「(自分も)少しでもテロ防止に協力できたら」と話しています。

このように、大河ドラマへの出演が決まった今、桜庭ななみのメディア露出は再び増えていくことでしょう。ドラマの中では得意の中国語や韓国語を披露する機会はなさそうですが、番宣でバラエティ番組に出演したりすれば、語学習得の秘訣が披露される機会もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る