佐藤健の性格は実は悪い!?「徹子の部屋」出演エピソード!

佐藤健の性格は実は悪い!?「徹子の部屋」出演エピソード!出典:http://topicks.jp

佐藤健の性格は実は悪い!?「「徹子の部屋」出演エピソード!

佐藤健の性格が悪すぎ!女性の扱いが鬼畜過ぎ!?

佐藤健といえば、年齢を問わず大人気の名実兼ね備えたイケメン俳優ですが、実は、性格が最悪という噂があります。噂の出どころは、以前、佐藤健主催の合コンに参加したことがあるという20代女性。佐藤健は、女性陣のルックスがお気に召さなかったようで、

後輩俳優の三浦翔平に目配せして「ブース!帰れ!」とコールさせたり、カラオケでも歌詞の端々に「ブス」と入れ替えさせて歌わせたりして、満足気に振る舞っていたというのです。自分の手は汚さないという狡猾さが、最も女性の目にあまったという話。前田敦子とのあられもない痴話げんか風写真が週刊誌に掲載された時には、「狙ってもいない奴のことで騒がれて迷惑!」と周囲に漏らしていたのだとか。

人気者になって、すっかり天狗になってしまったことで、女遊びも派手になってしまった佐藤健には、親友である三浦春馬さえも愛想を尽かせて離れていったといいますが、あまり信じたくない話ですよね。

佐藤健「徹子の部屋」出演エピソード!性格は自信家?

佐藤健が「徹子の部屋」に初出演したのは2012年。高校1年生の時に原宿でスカウトされた話や、ブレイク作となった「仮面ライダー電王」の話題から始まり、4歳年下の妹が「お兄ちゃんが自分の好きな俳優と共演するのがうらやましい」と話しているなど、初々しい佐藤健の素顔がうかがえました。

スポンサーリンク

また、幼少期から非常にシャイで、オーディションを受けた時も、自己アピールに苦しむといった奥ゆかしい一面や、小学生の時に学校で見上げた木の枝が毛虫だらけだったことがトラウマになって、毛虫を異常に恐れるようになったというナイーブな一面も披露。

静かに自分の弱点を話す佐藤健でしたが、微動だにしない澄み切った瞳には、みなぎる自信のようなものを感じたという意見もありました。芸能人の憧れの地「徹子の部屋」で初出演にして、番組終盤には「徹子さんの頭の中に隠してあるアメが見てみたい」とブッ込めるくらいですから実に堂々としたものです。

佐藤健の身長体重は?主演映画「世界から猫が消えたなら」あらすじキャスト!

佐藤健に身長詐称疑惑!体重が軽すぎて小さく見えるだけ?

佐藤健は、身長170cmと公式プロフィールに書いてありますが、「え?170はないでしょ!」と誰もが一度は思うはず。きっちり「170」というのも、身長詐称疑惑臭がしてしまいます。とはいえ、一般男性だって、身長168cmと正直に言わずに、「170cm」を自称するものです。

スポンサーリンク

佐藤健は、体重を公表していませんが、かなりの痩せ型ですから55kg前後ではないかと思われます。痩せているのと、小尻すぎるのとで、身長が小さく見えてしまっている可能性はなきにしもあらず。例の前田敦子とのスクープ写真を確認してみると、身長161cmの前田敦子と佐藤健の身長差10cmはあったのではないかと見受けられます。この時の前田敦子は裸足で、佐藤健は靴を履いていたと言われればそれまでですが……。

佐藤健主演映画「世界から猫が消えたなら」あらすじ!実力派キャストが感動作を約束!

佐藤健主演映画「世界から猫が消えたなら」が、2016年5月14日から絶賛現在公開中です。「世界から猫が消えたなら」は、川村元気のLINE連載小説を実写化したもの。脳腫瘍が発見され、余命宣告を受けた30歳郵便配達員は、ある日、自分と瓜二つの悪魔と出会い、自分の死期が明日であることを知ってしまいます。”世界から何か1つ消す代わりに、1日の命を得られる”という悪魔に持ちかけられた契約に戸惑いながらも、携帯電話や映画など、慣れ親しんだものを消し去った世界で、かつての彼女や親友、家族と再び向き合っていく切ない物語です。

「世界から猫が消えたなら」では、佐藤健は、主人公の郵便局員と悪魔の二役を熱演。彼女役には、佐藤健とは初共演となる宮崎あおい、親友役を濱田岳、主人公の父親役を奥田瑛士、死別した母親を原田美枝子と実力派揃いのキャストにも感動作の匂いがしますよね。

佐藤健の真の性格!類い稀なチャレンジ精神が確固たる自信を作った!

佐藤健は、今でこそ「彼氏にしたい」「デートをしてみたい」とモテモテですが、小学校時代は”サル”と呼ばれ、その上、人見知りな性格の少年でした。とはいえ、昔から可愛らしい顔をしていたため、年上や大人の女性ばかりに可愛がられるショタ要素はあったようです。「仮面ライダー電王」では、従来の勇猛果敢なヒーローたちとは違って、佐藤健演じる主人公は、華奢で気弱な性格。お姉さまたちが抱きしめてあげたくなる設定です。

ところがひとたびスイッチが入ると、弱々しい佐藤健に加え、猛々しい佐藤健や、斜めなヤツに、ブレイクダンスを踊り狂うヤツと、実に4つの人格を憑依的に演じ分けて、共演の渡辺裕之をも圧倒。まだこれからという新人の登竜門・仮面ライダーでは異例中の異例とも言っていいほどの仕上がりをすでに見せていました。

その後、学園、刑事、ファンタジー、時代ものと、毎度違う世界を求め続けた結果、今や「佐藤健が出る作品はおもしろい」という通説さえあります。近年では、完全にイケメンを捨て去ったドラマ「天皇の料理番」、スタントなしで傷だらけになりながらアクションに挑んだ映画「るろうに剣心」で、さらに評価が高まったのも、佐藤健が、常に人気に甘んじず進化を求めた結果。

人気が出て火遊びをする俳優なんてごまんといますが、本業では、少しも慢心などしていなかったのです。今回の主演映画「世界から猫が消えたなら」では、佐藤健が演じる1人2役で物語の大半が構成されています。佐藤健自身が「めちゃくちゃいい映画なので絶対観たほうがいいと思います」と自信満々に語るにからは、必ず努力という根拠があるはず。”猫を抱きしめる佐藤健”というのはややズルい気がしますが、どんな芝居をするのかと期待させるところが佐藤健の本当の実力です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る