安室奈美恵は引退後も愛される歌姫!TRFのSUMと結婚・離婚していて息子が1人!復帰の可能性は?

安室奈美恵はアムラーブームを起こした平成の歌姫!沖縄アクターズスクールでスカウトされたのは小学生の頃!


安室奈美恵のプロフィール
◆生年月日:1977年9月20日
◆出身:沖縄県
◆メジャーデビュー:1992年9月16日
◆引退:2018年9月16日

安室奈美恵はアムラーブームを起こした平成の歌姫!

安室奈美恵(あむろなみえ)といえば、日本中に「アムラーブーム」を起こした平成の歌姫です。特に1996年頃には安室奈美恵のスタイルを真似、街には茶髪の長い髪に厚底ブーツとミニスカートの「アムラー」と呼ばれる女の子が街にあふれかえるという社会現象が起こりました。

2018年12月に20代から60代の男女を対象に実施されたアンケート「平成の歌姫は誰」において、安室奈美恵はほかの歌手を抑えて44.4%という圧倒的な投票率で1位に輝いています。

安室奈美恵に投票した人の過半数は現在40代以上の女性ということで、当時アムラーとして街を闊歩していた世代に当たります。懐かしいとあの頃を思い浮かべた人も多かったのではないでしょうか、

安室奈美恵は、沖縄アクターズスクール出身!小室哲哉との出会いでヒット曲を連発

安室奈美恵は小学校5年生の頃、友達の通うアクターズに一緒に遊びに行き、校長に直接スカウトされたのだとか。そして、ダンスグループ「SUPER MONKEYS」のメンバーとして芸能活動をスタートさせました。デビュー曲は1992年9月16日にリリースされた「恋のキュート・ビート/ミスターU.S.A.」です。

デビュー当初はなかなかヒット曲に恵まれませんでした。その後ソロデビューしますが、1995年の小室哲哉との出会いから急激に知名度が上がり、同年10月発売「Body Feels EXIT」を皮切りに1996年8月発売「SWEET 19 BLUES 」など立て続けにヒット曲を飛ばし、その地位を確立。小室哲哉によるプロデュースを受けるのと同時に、レコード会社も東芝EMIからエイベックスへと移籍しています。

2001年からは小室哲哉のプロデュースを離れ、R&Bやヒップホップ路線など幅広い楽曲をリリース。2013年からはエイベックス内の安室奈美恵専用レーベルDimension Pointへ移籍という形をとりました。2015年からは個人事務所 stella88でマネジメントをしていたようです。

2017年11月に発売したアルバム「Finally」には安室奈美恵のキャリアアップに貢献した小室哲哉が提供した楽曲「How do you feel now?」も含まれており、発売時には話題を集めました。

華原朋美とラサール石井の過去とは?小室哲哉との破局理由!インスタには子供との写真も

安室奈美恵には息子が1人!TRFのSUMと結婚、離婚!名曲といえば?

安室奈美恵には息子が1人!TRFのSUMと結婚、離婚

安室奈美恵は1997年10月に19歳の若さで、TRFのダンサーであるSUMと結婚。当時は大きな注目を浴びました。1997年の大みそかに出演した紅白歌合戦では「CAN YOU CELEBRATE?」を熱唱して紅組のトリを務め、その後そのまま1年間の産休入りしました。

翌年1998年5月に一人息子を出産して、若くして母となり、同年12月23日、復帰シングル「I have never seen」をリリースし、大みそかには前年度と同じ「CAN YOU CELEBRATE?」を熱唱して公の場に登場しました。

結婚から5年後の2002年7月に離婚。親権はSUM、養育権は安室奈美恵となりましたが、親権も2005年に安室奈美恵へと移りました。

安室奈美恵の名曲といえば?

安室奈美恵の楽曲はたくさんありますが、中でも特に耳に残る名曲の1つと言えば、紅白歌合戦で何度も披露した「CAN YOU CELEBRATE?」でしょう。

1997年2月19日にシングルでリリースされて以来、結婚式の定番ソングの1つになっています。この歌は1997年1月から放送されたドラマ「バージンロード」の主題歌として、ドラマプロデューサーが小室哲哉に「小室流ウェディングソングを作って欲しい」とリクエストして出来上がった楽曲です。

ほかの名曲といえば、小室哲哉がプロデュースした1996年3月発売の「Don’t wanna cry」や、2016年のNHKリオデジャネイロオリンピック・パラリンピック放送テーマソングでもあり、応援ソングとして多くの人に親しまれた同年7月リリースの「Hero」も高い支持を受けています。

仲間由紀恵は双子を出産後も美しさは健在!「ごくせん」がヤンクミ校長で復活!?

安室奈美恵は引退後も愛される歌姫!復帰への希望も?ラストステージは地元沖縄だった

安室奈美恵のラストステージは故郷沖縄県でのイベント

安室奈美恵は2017年9月20日に、「2018年9月16日に引退する」ということを自身の公式サイトにて発表しました。2018年2月よりラストツアー「namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜」を行い、その後は中国・香港・台湾の各3カ国の計6公演を開催、日本国内だけでなくアジア各国のファンが駆けつけました。

そして2018年9月15日には沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟にてフェス形式のイベント「WE ♥ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭 〜I ♥ OKINAWA/I ♥ MUSIC〜 」が開催。安室奈美恵の現役最後のパフォーマンスが行われるステージとあってチケットの争奪戦が起きるなど、日本全国からの注目を浴びました。

安室奈美恵はその美しい歌声を故郷沖縄で響かせ、引退。翌9月16日に行われた「We♥ NAMIE HANABI SHOW」でステージに立つことはなく、客席からファンと一緒に花火を鑑賞したと伝えられています。

安室奈美恵は引退後も愛される歌姫!復帰への希望も?

安室奈美恵が引退してから時が流れた今でも、引退日を記念して開催される花火イベントは継続され、イベントでは安室奈美恵に関するグッズの販売もされています。

引退前「私がいなくなっても、経済効果を含め、沖縄に貢献できるイベントを続けてほしい」と語っていた安室奈美恵。その意思を反映するために2019年9月、「愛(かな)さ NAMIE いちまでぃん。」というプロジェクトが沖縄県内で開催されました。

「愛さNAMIE」は沖縄の言葉で「WE LOVE NAMIE」、「いちまでぃん。」は「いつまでも、永遠に」という意味であり、沖縄県民に愛されている安室奈美恵という存在が強く感じられる命名です。賛同企業によって、安室奈美恵のファンや沖縄を訪れた観光客にグッズのプレゼントがあるなど、好評だったようです。2020年にはオンラインイベントとして開催されました。

引退後はプライバシーに関わる報道を行わないようにとの通知を徹底したといわれている安室奈美恵ですが、一部のメディアでは将来的に一夜限り、もしくは期間限定で復帰することもあるのではという説も流れています。ただ、公式な情報ではなく、関係者の願望といった域を出ない話なのかもしれません。

現在は「一般人」となった安室奈美恵。復帰への期待を持ちつつも、穏やかに過ごせるようにとそっとその幸せを祈りながら過去の歌声に耳を傾けて思いを馳せているファンが多いことでしょう。1人の女性としての充実した日々を過ごしていてほしいものです。

篠原涼子が女優でブレイクするまでの経歴が意外!旦那や子供との生活ぶりは?
広瀬香美はYouTuberとして大人気!天才と言われた子供時代や元旦那さんも紹介!
KEIKOの現在の病状は?ツイッターの更新は本人?globe復活の日は来る!?

関連記事

ページ上部へ戻る