田中佑典の熱愛彼女は?兄・田中和仁、姉・田中理恵を持つ体操エリートの実力

田中佑典の熱愛彼女は?兄・田中和仁、姉・田中理恵を持つ体操エリートの実力出典:http://mikarin1215.com

田中佑典(体操)熱愛彼女は?兄・田中和仁、姉・田中理恵を持つ体操エリートの実力

田中佑典(体操)に熱愛彼女発覚?産婦人科で目撃された理由とは?

田中佑典(体操)は、1989年11月29日生まれの26歳で、日本を代表する男子体操選手です。田中佑典が体操を始めたのは7歳の時。兄・田中和仁と、姉・田中理恵も幼い頃から体操をしており、当然、末っ子の田中佑典も体操をする環境にありました。ジュニア期から実力を発揮し、強化選手としてナショナル入りを果たして、腕を磨き続けてきた田中佑典。国際大会や世界選手権でも、メダルを獲得し、2度のオリンピック出場を経験しています。

身長166cm、体重58kgの田中佑典。日本人の一般男性平均からみて、身長は高いほうではありませんが、日本代表の男子体操選手の中では身長は高く、細身の印象です。ルックスも整っており、イケメンと言われている田中佑典。熱愛彼女などはいるのでしょうか?驚いたのは、田中佑典が「産婦人科に行っているのでは?!」という噂です。……実際には、「田中佑典」という同姓同名の産婦人科医がいただけで、何の関係もなかったとか。同じく体操の内村航平が、体操部の後輩の女性と結婚したという例もありますから、田中佑典も、身近な女性との喜ばしい話が、突然あるかも知れませんね。

田中佑典(体操)の兄・田中和仁、姉・田中理恵ともに体操エリート!3兄弟オリンピック出場は日本体操史上初!
田中佑典(体操)には、兄・田中和仁と、姉・田中理恵がいます。兄の田中和仁は4つ上で、姉の田中理恵は2つ上と、いずれもオリンピックに出場するレベルの実力を持つ体操3兄弟です。兄の田中和仁は日本大学へ、姉の田中理恵は日本体育大へとそれぞれ進み、体操選手として活躍。

そして2012年ロンドンオリンピックでは、末っ子の田中佑典も含め、日本体操史上初3兄弟出場となり話題になりました。3兄弟揃って出場したロンドンオリンピックでは、兄・田中和仁が田中佑典と共に団体総合で銀メダル、姉・田中理恵が団体総合で8位入賞および個人総合16位という記録を残しています。近年、メディアへの露出も多くなった姉の田中理恵は、高校時代のケガをきっかけに体操から離れ時期もありました。

スポンサーリンク

それでも日体大に進学すると、ケガをした足の手術も経て、全日本選手権やNHK杯、世界選手権出場を果たすなど大活躍。世界体操競技選手権大会では、最もエレガントな選手に贈られる「エレガンス賞」を、日本人で初めて受賞しています。

田中佑典(体操)の出身高校と大学はどこ?性格はかなりマイペース?

田中佑典(体操)の出身高校は和歌山北高等学校で大学は?現在の所属は?

田中佑典(体操)は和歌山県出身です。出身高校は和歌山北高等学校ですから、高校時代は、地元の和歌山県で過ごしていたことになります。ちなみに兄・田中和仁と、姉・田中理恵も同じ和歌山北高等学校を卒業しています。公立で、スポーツが盛んなことに加えて、駅から近く通いやすいという理由でも人気があります。

また、同校で体操部顧問をしていたのは、父の田中章二。田中佑典は、家でも学校でも、父から体操指導を仰いでいました。出身高校こそ同じであったものの、大学は兄弟それぞれ違う道に進みます。田中佑典が進学した先は、順天堂大学。大学1年生のときには、内村航平率いる日本体育大学を僅差で破り、優勝したことで存在感を示しました。現在、田中佑典は、内村航平や山室光史も所属しているコナミスポーツ&ライフで活動しています。

スポンサーリンク

田中佑典(体操)の性格はマイペース?末っ子らしい天性の愛されキャラだった

田中佑典(体操)は、3人兄弟の末っ子からか、世のイメージ的にはマイペースな性格だと思われがちです。実際の田中佑典の性格はというと、やんちゃで頑固な性格で、茶目っ気もある愛されキャラ。高校野球県大会で始球式をした時に、当時話題だったハンカチ王子を真似て見せ、会場中を沸かせるといった肝の据わったところは、さすが体操界の大物といえるでしょう。

両親の話によると、3兄弟がケンカしているのを見たことがないというほど兄弟仲が良く、田中佑典の性格は、おっとりとしていて要領がよいということです。体操界でも「田中家の秘蔵っ子」と言われるだけあり、どの種目も正確に演技できるオールラウンダーで、メダル獲得のカギとして他の選手からも信頼が厚いのが田中佑典。プロフィールにある好きな食べ物に「お菓子全般」とあるあたりは、子供っぽく甘えん坊なイメージを想像して、思わずファンになってしまいそうです。

田中佑典(体操)が金メダル獲得の立役者!予選のミスを見事に立て直した!!

田中佑典(体操)は、リオオリンピックで、男子体操団体総合金メダルを獲得しました!不本意に終わった予選からの奇跡のような大逆転劇は、各メディアでも多く取り上げられ、その栄誉を讃えていました。寝不足になりながらTV中継を見守っていたファンも多かったことでしょう。

金メダルを獲った男子体操団体総合の戦いは、予選からミスを連発し、ハラハラさせられるものでした。開催国ブラジルの観客による自国選手への激しい応援も、繊細な演技が繰り広げられる体操競技の会場では、集中力を欠き、調子を狂わせる要因にもなったようです。そんな完全アウェイな雰囲気の中、空気に呑まれてしまったのか、田中佑典はあん馬で落下。ロンドンオリンピックや世界選手権でも、ミスをして優勝を逃した経験のある田中佑典は、嫌でもその感覚を思い出したに違いありません。

しかし、プレッシャーに打ち勝った田中佑典は、続く決勝でミスのない素晴らしい演技を披露。メディアに向かって「みなさん、心配だったでしょ?」と、逆に笑い飛ばして見せました。決勝での完璧な演技は、内村航平も絶賛する美しいもの。他の日本選手にも勇気を与える素晴らしい結果を出しました。

大一番の短い時間に、ミスを取り返す、田中佑典のハートの強さは見事の一言。リオオリンピックで最高の結果を出した田中佑典たちが見つめているものは、4年後の東京オリンピックでの連覇だけです。田中佑典には、大きな怪我をすることなく、さらなる高みを目指していって欲しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る