秋元龍太朗の熱愛彼女は?楽しんごとの意外な関係!事務所独立後の初ドラマは高校生役!

秋元龍太朗は舞台で人気を誇る俳優!熱愛彼女は?女装がハマり過ぎ?楽しんごとの関係とは?


秋元龍太朗のプロフィール
◆生年月日:1995年3月13日
◆出身:東京都
◆身長:180cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:フリーランス

秋元龍太朗は舞台で人気を誇るイケメン俳優!高畑充希とのCMも話題に

俳優の秋元龍太朗(あきもとりゅうたろう)は、2008年の第21回ジュノンスーパーボーイコンテストで、フォトジェニック賞を受賞し、芸能界デビューを果たしています。「スカッとジャパン」の「胸キュンスカッと」に出演した際にも「かっこいい!」と話題になっていました。

イケメン若手俳優の登竜門といえば、漫画・アニメ・ゲームを原作とする2.5次元ミュージカル舞台が定番です。秋元龍太朗もまた、2014年10月から舞台「弱虫ペダル」に、2015年5月から舞台「戦国無双」に出演。さらに2016年4月からは「黒子のバスケ THE ENCOUTER」の舞台にも立ち、熱量の高いファンを獲得していきました。

また、将来有望と見出されたイケメン若手俳優は「仮面ライダーシリーズ」に出演することが多々ありますが、秋元龍太朗もその例にもれず、2011年放送「仮面ライダーフォーゼ」に単発で出演しています。

また、秋元龍太朗は、2016年9月8日から放映されてた、ダイハツ新型軽乗用車「ムーヴキャンバス」のCMにも出演。同CMでの秋元龍太朗は「見かけで好きになるほど子供じゃない」と、主演・高畑充希にフラれてしまいますが、しっかりイケメンキャラをアピールしており、このCMで全国的知名度をアップしました。

秋元龍太朗の熱愛彼女は?女装がハマり過ぎ?

秋元龍太朗にはプライベートを共にする熱愛彼女が存在するのでしょうか。デビューしてから10年以上経ちますが、未だに熱愛彼女の報道はないようです。

そんな秋元龍太朗は、ジュノンスーパーボーイコンテスト受賞と同年の2008年に、V6の冠番組「学校へ行こう!」に、まさかの女装姿で出演していました。

女装姿は、男性視聴者からも「萌え~!」と称賛の声が上がるほど、何の違和感もないハマリ具合。顔の綺麗なイケメン俳優は女装もイケるということを証明しました。

女装姿も美しい秋元龍太朗の横に並ぶ、彼女や結婚相手の報道がいつの日か誌面を飾るとしたら、どんなお相手なのでしょう。

秋元龍太朗は楽しんごの中学時代を演じていた!

秋元龍太朗は、オネエキャラでブレイクした時期があったお笑い芸人・楽しんごの役を演じたことがあります。2011年2月放送の「金曜日のスマたち」の再現VTRに、中学時代の楽しんご役で出演。立ち振る舞いのせいで、不良グループのイジメに遭ったという楽しんごを演じていました。

綺麗な顔立ちが買われたキャスティングだったのかもしれません。視聴者は「このイケメン誰!?」と美男子ぶりにザワついていました。

高畑充希の歌はコブクロ小渕も絶賛!アクの強いドラマキャラとの共通点とは?

秋元龍太朗の身長、出身校や血液型は?舞台「弱虫ペダル」「黒子のバスケ」での役柄!

秋元龍太朗の身長・体重やプロフィール!出身校や血液型は?

秋元龍太朗は、1995年3月13日生まれの東京都出身。2008年開催のジュノンスーパーボーイコンテスト入賞を経て、中学生の頃から芸能界活動を開始しているため、出身高校は芸能コースのある高校だろうという説がありますが、高校名については公表されていません。

特技はサッカーで、9年間続けていたのだそう。公式な発表は残っていないようですが、大学には進学せずに芸能活動に集中したようです。秋元龍太朗の血液型はB型。身長は178cmとなかなかの長身です。体重は公表されていませんが、すらりとした細身の体型を保っています。

俳優業の傍ら、雑誌「ニコラ」でメンズモデルを務めていたこともあり、小顔とスラリと伸びた手足は、舞台でも殊更に映えるというものです。

秋元龍太朗の舞台「弱虫ペダル」「黒子のバスケ」での役柄は?

秋元龍太朗は、2014年10月から公演の「舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇〜野獣覚醒〜」では副主将黒田雪成を熱演。以後2017年まで毎年同役で出演しています。青みがかったシルバーに輝く髪も非常に似合っており、まるで二次元から飛び出したような美男子ぶりでした。

2015年7月公演の舞台「SOLID STARSプロデュースVol.4『三ツ星に願いを!』」にて主演を演じるなど、主役級舞台俳優として確実に成長を遂げています。

2016年4月から上演された「黒子のバスケ」で演じた役は、主人公・黒子テツヤ擁する誠凜高校の5番で、ポイントガードの伊月俊。安直なダジャレ好きながら、「キューティクルサラ男」との異名を持つ、冷静沈着な隠れ美男子です。どの作品でも期待を裏切らないビジュアルでファンを沸かせていました。

秋元龍太朗の演劇への思いは?ドラマや映画でも飛躍の予感

2.5次元舞台で知名度を上げた秋元龍太朗は、2017年6月から香港やロンドンなど国内外で上演された蜷川幸雄一周忌追悼公演「NINAGAWAマクベス」といった演劇作品にも出演しています。

また、コロナ禍で中止になったものの、2020年3月より公演が予定されていた古典喜劇「或いは怒りっぽい恋人」にもキャスティングされていました。

同作に対するインタビューにて、舞台について「お客さんがその場にいる」「生ものでそこでしか感じられない」と魅力を語り、多くの出会いに恵まれたことから「演劇に育ててもらった」と振り返っています。

演劇について「ライフワークとして続けていきたい」と明かしていますが、映像の世界にもその活躍の場を広げており、2021年には4月期ドラマ「きれいのくに」に出演。公開予定は未定ながら、2020年にクラウドファンディングを行って制作されている映画「HAKONIWA」では、佐藤乃莉とともにダブル主演を務めることが発表されています。

小澤廉は仮面ライダーから2.5次元の世界へ!刀剣乱舞にも出演?A3降板にファン悲鳴

秋元龍太朗は事務所を離れフリーに!ドラマ「きれいのくに」で高校生役!

秋元龍太朗は事務所を離れフリーに!

秋元龍太朗は2020年8月にデビュー当時から11年間所属していた芸能事務所「エヴァーグリーン・エンタテイメント」との契約を終了し、フリーランスに転身しました。

円満退社だったようで、秋元龍太朗は自身のツイッターに「当時13歳だった自分を社長が熱く優しく迎え入れてくれて、25歳になった今、背中を優しく押してくださりました」と心境を投稿しています。

気になる今後の活動については「芝居はずっと続けていきます。今後のことはSNSで随時報告させて頂きますが、暫くの間はフリーで活動することになります」と投稿しています。

今後、ずっとフリーかもしれませんが、「暫くの間」という表現からすると、いずれ他の芸能事務所に所属することも選択肢に入っているのかもしれません。

秋元龍太朗は、独立後も活動状況をまめにツイッターにアップしているので、最新情報が知りたい場合はツイートをチェックしてみるとよいでしょう。

秋元龍太朗がドラマ「きれいのくに」で高校生役!

秋元龍太朗は2021年4月12日よりスタートの吉田羊主演のドラマ「きれいのくに」にて、高校生・中山役を演じています。撮影時26歳でありながら高校生役を演じる秋元龍太朗。そのピュアな魅力に注目です。

「きれいのくに」は、ほとんどの大人が「同じ顔」をした不条理な国を描いた「青春ダークファンタジー」ということで、少し変わったストーリーでメディアからも注目を浴びています。

秋元龍太朗の芸能活動の軸であった舞台が、新型コロナウイルスの流行によって厳しい状況に置かれていますが、このドラマを機に映像分野の活躍が増えていくことになるのでしょうか。

「きれいのくに」での演技をはじめ、フリーとなった秋元龍太朗がどんな活動を展開していくのか、見守っていきたいものです。

吉田羊はメガネ美人!ドラマで恋する母を熱演!結婚しない理由への返しがナイス?!
高崎翔太は2.5次元俳優としてデビュー!ドラマ作品にも活躍の幅を広げる
黒羽麻璃央は2.5次元界のプリンス!「刀剣乱舞」「黒子のバスケ」など数々の舞台に出演

関連記事

ページ上部へ戻る