篠原涼子が女優でブレイクするまでの経歴が意外!旦那や子供との生活ぶりは?

篠原涼子の芸能界デビューは歌手だった!女優としてブレイクするまでの意外な経歴とは?


篠原涼子のプロフィール
◆生年月日:1973年8月13日
◆出身:群馬県
◆身長:162cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

篠原涼子のルーツはアイドルだった!

篠原涼子(しのはらりょうこ)が芸能界入りすることになったのは高校生だった1989年、オーディション情報誌「月刊デ・ビュー」に掲載されていたオーディションへの応募がきっかけだったといいます。見事合格を勝ち取り、現在も籍を置くジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属。同年10月に戦隊ドラマ・高速戦隊ターボレンジャーにゲスト出演したのが女優・篠原涼子の初仕事でした。

そんな篠原涼子は翌1990年4月、女優の道から外れて東京パフォーマンスドールのメンバーに加わり、アイドルとしてデビューすることに。グループの中心として活躍した篠原涼子はデビュー翌月にグループ内で結成した派生ユニット・ゴルビーズ名義でシングル・JUST LIKE MAGICをリリース。同曲でCDデビューしています。

パードル、TPDとも呼ばれた東京パフォーマンスドールは多人数でメンバーを構成し、ダンスパフォーマンスをしながら歌うアイドルグループの先駆けとなりました。篠原涼子が1994年9月まで在籍したこのグループには、仲間由紀恵も1996年に短期間ながらメンバーとして名を連ねています。

東京パフォーマンスドールの人気が高まるとともにメディアでの露出も増えた篠原涼子は、1991年12月から1997年4月まで「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラーとして出演。同番組で5年余りに亘ってアイドルらしからぬ体当たりでコントを演じ、お茶の間の知名度をアップさせます。

そして1994年7月、当時人気絶頂だったTK・小室哲哉のプロデュースでリリースしたソロシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」が200万枚のダブルミリオンを達成する大ヒットを記録。同年の「第45回NHK紅白歌合戦」にも出場しました。

ここから2000年に入る頃まではシングルやアルバムをリリースし歌手活動をしていた篠原涼子ですが、2000年代以降はドラマで主演を務める機会が増え、徐々に女優業へシフトしていきました。

篠原涼子が女優としてブレイクしたきっかけは?

篠原涼子は2001年に初めて舞台に挑戦しています。作品は、それまで数々の名優が演じてきた「ハムレット」。演出は厳しい稽古で知られる蜷川幸雄でした。同作で市村正親演じるハムレットの相手役・オフィーリアを熱演した篠原涼子は女優としての評価を高め、以降様々なドラマで主演を務めるようになります。

2004年の春ドラマ「光とともに… ~自閉症児を抱えて~」で自閉症児を抱える母親、翌2005年3月放送のスペシャルドラマ「溺れる人」でアルコール依存症と闘う女性と、いずれも難しい役どころを好演した篠原涼子は、ザテレビジョンドラマアカデミー賞、ギャラクシー賞などを受賞。演技派女優としての地位を確立しました。

そして2006年1月、スペシャルドラマやスピンオフ、劇場版が何作も制作される大ヒットとなった「アンフェア」の放送がスタート。篠原涼子は同作で演じた暗い影を持つ女刑事・雪平夏見がハマり役となり、一躍ブレイクを果たします。芯の強い女性役で確固たる人気を築いた彼女は、2007年1月から放送されたドラマ「ハケンの品格」でも主演。ハイスペックすぎる派遣社員・大前春子を好演し、平均視聴率が20%を超える人気を獲得しました。

小室哲哉の最大ヒットは篠原涼子?!意外なあの人もプロデュースしていた!

篠原涼子が結婚した旦那・市村正親との年の差は?子供は何人?

篠原涼子が結婚した旦那の経歴がスゴい!

篠原涼子は2005年12月8日、俳優の市村正親(いちむらまさちか)と結婚しました。1974年から1990年まで劇団四季に在籍した市村正親は、1980年代には様々な作品に主演する劇団の看板俳優となり、退団後も舞台を中心に活躍。2000年代に入ってからはドラマや映画にも進出し、舞台仕込みの重厚な演技で存在感を示しています。

そんな市村正親と篠原涼子は蜷川幸雄の演出で2001年9月から11月まで上演された「ハムレット」で主人公のハムレット、オフィーリアとして共演。これが交際スタートのきっかけとなりました。

歳の差を乗り越えて結婚した2人ですが、市村正親は1984年に劇団四季の女優と結婚しており、篠原涼子とは再婚になります。

篠原涼子と市村正親の年の差は?子供は何人?周囲の反対を乗り越えた結婚だった

篠原涼子は1973年8月13日生まれ、1949年1月28日生まれの市村正親とは24歳の歳の差があります。親子ほど歳の離れた市村正親との結婚に、篠原涼子の父親は反対したのだそう。篠原涼子は母親を2歳で亡くし、父親はそれ以降、男手ひとつで3人の子を育て上げているだけに、父親としては認め難かったのでしょう。

最終的には父親にも認められ、篠原涼子と市村正親は2005年12月8日に入籍しますが、式は挙げませんでした。2人が挙式したのは、結婚から5年が経った2010年8月、篠原涼子の故郷の群馬県内でチャペル付きの会場を借り切って双方の親族を招き、食事会を開催したといいます。

この結婚式は、当時闘病中だった篠原涼子の父親にウエディングドレス姿を見せるため、2人が企画したものです。娘の幸せな姿を涙ながらに見届けた父親は、この3日後に帰らぬ人となりました。

篠原涼子と市村正親の間には、2008年5月に第一子となる長男が、2012年2月には第二子となる次男が誕生しています。

宮本亜門が結婚しない深いワケ!心中未遂事件を告白した真相は?宮本亞門に改名!?

篠原涼子主演「ハケンの品格」が再放送中!ステイホーム中の動画投稿にファンもほっこり!

新型コロナウイルスの感染拡大で、2020年の春ドラマは軒並み放送延期に追い込まれています。篠原涼子が主演を務め、13年振りの復活を果たす予定だった「ハケンの品格」もそのひとつです。

そんな中、苦肉の策として「春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編」が最終回まで放送されることになりました。2007年1月期に放送された前作を再構成した「特別編」は、篠原涼子演じる大前春子の歴史に迫る物語となっています。

外出自粛が呼びかけられていた2020年4月29日、篠原涼子は同作の公式ツイッターに動画を投稿しました。エプロン姿で動画に登場した篠原涼子は「大変な状況のなか、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私はですね。部屋に閉じこもっているままですがなんとか楽しく過ごしています。みなさんも楽しい時間を過ごしていただけたらと思っています」とファンに呼びかけました。

篠原涼子が自宅内で自撮り撮影したこの動画には、怪獣のマスクや紙袋をかぶって横切る子供の姿が映りこんでいます。このツイートを見たファンからは「お子さん可愛すぎます! 」「お子さんがチラチラ入ってくるの、とても微笑ましいですね」といったコメントが寄せられました。

放送延期を経て、2020年6月17日からスタートした「ハケンの品格 第2シリーズ」も8月5日で最終回を迎えます。第1シリーズと変わらぬ優秀ぶりを発揮した大前春子の姿がまた見られなくなるのは寂しい限りですが、TVerやhuluで見逃し配信がされています。12月9日にはDVD BOXの発売も決定しており、こちらも人気を集めそうです。

沢尻エリカ「別に」発言騒動は竹内結子の「ひと言」が引き金だった!?
上戸彩が産後初の仕事復帰で美ボディ披露!離婚危機説を払拭するほどの仲良しだった!
吉瀬美智子がモデルから女優へ転身したきっかけは?生い立ちが壮絶だった?

関連記事

ページ上部へ戻る