エド・はるみがテレビから姿を消した事情!性格は?現在はYouTubeで活躍中!?

エド・はるみはテレビから干されたの?出演が減った理由を語っていた!


エド・はるみのプロフィール
◆生年月日:1964年5月14日
◆出身:東京都
◆身長:155cm
◆血液型:A型
◆所属事務所:吉本興業

エド・はるみがテレビから消えた事情!たった一言が引き金に

エド・はるみは、「グ~!」と親指を突き出す一発ギャグで人気者となり、2008年の流行語大賞を獲った女芸人です。「グ~!」が最高潮に達した時の「コォーッ!」もインパクト抜群だったにもかかわらず、ある時を境にテレビから消えてしまいました。

「干された?」などと様々な疑惑が飛び交って死亡説まで出ましたが、2014年、エド・はるみは「ナイナイアンサー」に出演して、仕事が激減するきっかけとなった出来事を語っています。ある時、飛行機に搭乗したエド・はるみは、自分の座席が空調の真下だと気付き、CAに他の席と替えてもらえないか尋ねましたが「ない」と断られてしまいました。しかし他のCAに声をかけたところ、実は空席が多く、すぐに移動することができたそうです。

その後、最初のCAが通りかかった時、エド・はるみが「席ありましたよ」と告げてしまったのが運のツキ。本人は「席あったよ〜、もうもう〜」とお茶目なノリを意図していたそうですが、相手にはそう伝わらなかったようです。「はぁ?」という反応だったばかりか、数週間後、最初のCAと思われる人物がSNSにて「『ちょっと空調寒いんだけど席ない?』って言ってきた」「エド・はるみムカつく」と発言しているのを見かけ、ネットで拡散されているのを知ったそうです。

現在であれば顧客の情報を発信したことについてモラルを問う風潮になっていたかもしれませんが、当時は「エド・はるみ性格悪い」「CAたちに嫌われまくり」などと実際の状況を知らない人からも一方的なエド・はるみの人格へのバッシングが始まり、仕事が減ったそうです。

2017年5月に「エゴサーチTV」に出演した際、一連の流れをエド・はるみとともに検証したお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣は「席移動してからCAさんに話しかけたのはいらなかったな」と客観的にコメントしていました。エド・はるみは話しかけたことを認めていますが、怒鳴ったなどのエピソードは誇張されたもので事実ではないと明かしています。拡散した人たち含め、各々が言葉のもつ力の怖さを認識して、慎重に選んでいれば、大ごとにはならなかったのかもしれません。

エド・はるみの性格が悪いと噂になった背景にはマネージメント問題があった?

エド・はるみはマナー講師だった経歴もあり、「性格が悪いのでは?」と判断されるようなネタは、必要以上に面白おかしく書き立てられることがありました。しかしその原因として、当時の男性マネージャーの怠惰があったということを、2011年に公表しています。

2008年から2009年のマネージャーは、普段から連絡がつかない問題児。番組側からの詳細説明はおろか、番組のオファーを受諾したこともエド・はるみに伝えないため、共演者に迷惑をかけることも少なくなかったそうです。さらに、「スケジュールが一杯」と勝手にオファーを断ってしまうため、仕事がなくなっていったのだとか。エド・はるみ自身も当時のブログで「もう、彼のことを言っても仕方がありません。自分の力ではどうしようもなかった巡り合わせや運の悪さを、今さら嘆いても仕方がありません。ここからまた、一から努力して、這い上がって行くしかありません」と語っていました。

ガンバレルーヤのインスタに和む人多数!「好きになってごめんなさい」MVがかわいすぎると話題に

エド・はるみの実は高学歴芸人!小池百合子政治塾「希望の塾」に参加していた!?

エド・はるみは高学歴芸人!性格は生真面目で向上心の塊

エド・はるみは、千葉県市川市にある私立日出学園高校(偏差値64~)を経て、明治大学文学部卒業した高学歴の持ち主です。演劇科で演劇学を専攻していたエド・はるみは、大学卒業後は、劇団付の演劇研究所で芝居を学び、舞台女優として活動していた時期があり、お笑いに転向したのは2004年頃からです。

ある瞬間から、「ふつふつと沸き起こる情熱を抑えきれず」と芸人を目指すようになったといいます。2005年に、吉本興業の養成所・NSC東京11期生の最年長として入学し、皆勤賞で卒業となった翌年に芸人デビューを果たしました。このことからも、エド・はるみの生真面目な性格が伝わってきますが、その間には、パソコン関連の資格を取得し、コンピューターインストラクターや、マナー講師の仕事もしています。

2015年、慶應義塾大学大学院の修士課程システムデザイン・マネジメント研究科に合格し、大学院生となったエド・はるみ。在学中は”お互いが笑顔で暮らせる、気持ちよい社会を目指す”という目標を抱え、コミュニケーションについての研究に取り組んでいたようで、無事に修士課程を修了しました。高学歴芸人であるエド・はるみは、常に向上心を持って前向きに進む姿勢も魅力です。

エド・はるみは小池百合子政治塾「希望の塾」に参加するも政治家には転身せず

エド・はるみは近年、お笑い芸人としての活動よりインテリな面が目立っています。エド・はるみは、2016年10月末には、小池百合子東京都知事が塾長を務める政治塾「希望の塾」に出席し一時期は政界への進出を考えているのではと噂になりました。

しかし、エド・はるみ本人は、「”社会のしくみ”を肌身に感じつつ、勉強したい」という理由から「希望塾」に応募しただけであって、政界進出への意図はなかったようです。実際に出馬はせず、学業への道を歩んできました。大学院で取り組んでいる研究に活かすために「希望塾」へ参加していたとのこと。勉強のため、そういった場にも参加するあたり、エド・はるみの真面目な性格がうかがわれます。

小池百合子と小泉純一郎は結婚寸前だった?サリーのコスプレが衝撃!

エド・はるみはライザップのCMに登場していた!現在はYouTubeでも活躍中!

エド・はるみはライザップのCMに登場していた!

エド・はるみは2017年4月10日よりオンエアされていたライザップのCMに登場していたのを覚えている人もいるかもしれません。エド・はるみはライザップを始める前、「『50歳を超えた今だからこそ、健康的で綺麗な身体を造りたい!!』との思いで、ライザップへの挑戦を決意した」と語っていました。

ライザップで痩せた後は、「専属トレーナーさんの設計したプログラムのおかげで、筋肉量を落とさずに健康的に痩せる事が出来たので、痩せるにつれ少しずつ運動もできるようになりました」と変化を明かし、「今では昔のようにマラソンも楽しみになっています。いくつになっても、何にでも挑戦することができるという事をライザップを通じて学ぶとことができたんです」とコメントしていました。常に前向きにチャレンジしているエド・はるみの姿は同年代の女性から見ても好感度が高い印象だったことでしょう。

エド・はるみはYouTubeでも活躍中!

エド・はるみは慶應義塾大学大学院修士課程を修了後、現在も研究員として研究を続けています。研究や日常生活の中で学んだことや感じたことを発信する目的で「エド先生のYouTube 未来人間学」というYouTubeチャンネルを開設し、不定期に発信しています。

その内容はエド・はるみの下積み時代の話やディズニーランドやスタバなどの経営戦略について、江頭2:50の「エガちゃんねる」とのコラボ、またはマナーの話など多岐に渡っており、どんな人が観ても楽しめるテーマ選びとなっています。

テレビでは一時期トラブルに見舞われ、その活躍に消化不良が残ったエド・はるみ。YouTubeではファンからは「乾いたスポンジに水がぐんぐん吸い込むような語り口で、とても分かりやすくお話しされるので、興味をもって登録してみました」といったコメントも寄せられています。

歯車を狂わせるほどの力をもつ「ネット上の言葉」ですが、逆に人生を前向きに一変させることもあります。エド・はるみの発信によってポジティブな気持ちになる視聴者もいることでしょう。これからもエド・はるみのYouTubeチャンネルで元気な活躍を見せてほしいものです。

江頭2:50の破天荒伝説・名言エピソード集!生い立ちや名前の由来は?江頭2:45って誰!?
光浦靖子と大久保佳代子、オアシズにコンビ格差が生じていた歴史!留学は?
ハイヒール・モモコの自宅はシャネルだらけ!旦那の浮気は公認?息子や娘の現在は?

関連記事

ページ上部へ戻る