半田健人の歌謡曲愛は阿久悠のお墨付き?!「仮面ライダージオウ」で乾巧が15年ぶりに帰ってくる!

スポンサーリンク

半田健人の歌謡曲愛は作詞家・阿久悠のお墨付き?!実家がお金持ち?

半田健人の歌謡曲愛は作詞家・阿久悠のお墨付き?!ついにはアルバムまで

俳優や歌手として活動している半田健人(はんだけんと)。深夜のバラエティ番組「タモリ倶楽部」に出演した際、「高層ビル好き」というマニアックな趣味の持ち主であることを明かし、新たな一面をのぞかせました。この他にも、半田健人が愛してやまないものが昭和の歌謡曲です。

NHKの「通(つう)」という番組に出演した際には、歌謡曲の歌詞の深さや、歌手の見方などに加えて、「歌謡曲の正しい聴き方」まで披露。オーケストラのバック演奏にまで言及する半田健人のディープな昭和歌謡曲愛には、あの大物作詞家の阿久悠も唸ったというエピソードがあります。

半田健人自身も、2006年から歌手活動をしており、これまでにアルバムやシングルをリリースしてきました。2018年に発表した2枚目のアルバムとなる「生活」も、1970年代のフォークからカントリーソングまでを網羅しているなど、半田健人の昭和歌謡曲愛は止まりません。

半田健人の実家はお金持ち?

半田健人は、「実家がお金持ちなのではないか」という噂が囁かれています。その理由は、半田健人の出身地にありました。半田健人の出身地は、兵庫県芦屋市です。芦屋といえば、全国的に有名な高級住宅街があることで有名で、実際に高額所得者が多く住んでいる地域があります。あわせて、半田健人の実家が自営業を営んでいるという話も出たことから、「実家は裕福」という噂に繋がったようです。

スポンサーリンク

半田健人は「仮面ライダー555」の俺様キャラ乾巧役で人気に!所属事務所は?

半田健人は「仮面ライダー555」の俺様キャラ乾巧役で人気に!

2001年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストで、ファイナリストに選ばれたことがきっかけで芸能界入り。翌2002年に、仲間由紀恵が主演を務めた大人気学園ドラマ「ごくせん」第5話にゲスト出演し、俳優デビューを果たしました。さらに2003年には、特撮テレビドラマ「仮面ライダー555」の主演に大抜擢されます。

「仮面ライダー555」は、当時主流だったガラケーをベルトにセットして変身するという、スタイルも懐かしい平成仮面ライダーシリーズ第4作目作品。「仮面ライダー555」で主人公の乾巧役を演じた半田健人は、イケメンの俺様キャラが人気を博し、その認知度を急上昇させました。

半田健人の所属事務所は?マネージャーが原因で干されていた?!

半田健人が所属しているのは、制作プロダクションのウッドオフィスです。社内に設けられたマネジメント部門A3プロデュースには俳優はもちろんのこと、タレントのせんだみつおや、プロゴルファーの横峯さくらのようなアスリート、アーティストも所属しています。2003年に「仮面ライダー555」の乾巧役でブレイクした半田健人でしたが、それから数年はあまり目立った活動が見られませんでした。

スポンサーリンク

イケメンな上、演技の評判も良かった半田健人が、なぜその後の作品に恵まれなかったのでしょうか。それには、マネージャーが関係していたようです。番組本番中に怒鳴り始めたり、半田健人と共演者のコメントがかぶっただけで激怒といったトラブルを起こしていたとか。

そのため、半田健人が起用されにくくなり、仕事が減っていったのではと言われています。こうしたトラブルが起こるたびに、スタッフや共演者に謝罪して回っていたという半田健人ですが、現在も同じ事務所に所属しています。

半田健人が最新作「仮面ライダージオウ」に出演!乾巧が15年ぶりに帰ってくる!

半田健人が演じた「仮面ライダー555」の乾巧が、2018年9月2日から放送がスタートした「仮面ライダージオウ」に登場すると話題になっています。「仮面ライダージオウ」は、平成仮面ライダー20作品目となる最新作。時空を超えて歴代の平成仮面ライダーたちが登場して共に戦うという、平成の最後を飾るにふさわしく、かつこれまでにない設定になっています。

新旧の仮面ライダーシリーズファンにとって見逃せない内容になることは容易に想像できますが、半田健人が、草加雅人役の村上幸平と一緒に出演するのは第5話と第6話です。本放送から実に15年ぶりに復活を遂げる「仮面ライダー555」での演技に注目ですね。

一時は活動が停滞した時期もあったものの、近年は、歌手として、あるいは俳優として精力的に活動している半田健人。9月に西日本を襲った豪雨の災害支援チャリティライブに出演、2019年には、細川家の家臣・長岡興長役で出演している時代劇映画「武蔵-むさし-」の公開も控えています。演技力や歌唱力に加え、昭和歌謡や高層ビルなどマニアックすぎる趣味を持つ半田健人のタレント性に魅力を感じる関係者も多いとか。これから、ますます楽しみですね。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る