般若(ラッパー)が逮捕されたラッパーたちを痛烈批判!初の日本武道館ワンマンライブ決定

般若(ラッパー)が逮捕されたラッパーたちを痛烈批判!KREVAを公然挑発、その結末は?

般若(ラッパー)が逮捕されたラッパーたちを痛烈批判!堪忍袋の緒が切れた

ラッパーによる薬物不法所持が相次ぐ中、人気ラッパーの般若が、ついに重い口を開きました。きっかけは、2018年1月に、般若の先輩にあたるUZIが大麻取締法違反で逮捕されたことです。

しかし、般若は、大麻否定派として知られています。「フリースタイルダンジョン」でも共演していた先輩ラッパーUZIの逮捕を受けて、インスタグラムで「最悪の気分」と痛烈に批判しました。さらに、自らの意見をラップに乗せ、動画にして公開している般若は、自身のブログで「20年もやってきて一体やってんだよオイ」と怒りをあらわに。

UZIだけでなく、カリスマラッパーZeebraを筆頭に、2014年に大麻取締法違反容疑で逮捕されたG.K.MARYANや、UZIを擁護する発言をしたDARTHREIDERやサイプレス上野ら先輩ラッパーたちを容赦なくディスっています。

般若(ラッパー)がKREVAを公然挑発!その結末はまさかの大人対応

般若(ラッパー)は、ラップのフリースタイル&MCバトル番組「フリースタイルダンジョン」で、ちょっとした騒動を起こしたことがあります。2016年5月の放送で、番組の終わりに突然「おいKREVAてめえブルッてんじゃねえぞこの野郎!俺と勝負しろ」と公然と挑発。「10年前みたいにオメェ俺からバックレらんねーぞ」と、何やら因縁があることをうかがわせる発言を続けました。

名指しされたKREVAといえば、日本を代表するヒップホップアーティストで、NHK紅白歌合戦にも出場経験のある大御所。どうやら、ヒットチャートを意識した音楽活動を続けるKREVAに、どうしても物申したかったようです。
しかし当のKREVAは、先輩の余裕からか、般若とは同じ舞台に立たないとやんわり否定しました。

ツイッターでも、「フリースタイルダンジョン」に出ることは一生ないと断言しています。KREVAの大人の対応により、このバトルはとりあえず終結しましたが、コアなファンの間では、般若とKREVAの本気のバトルを見届けたいという声が後を絶ちません。

般若(ラッパー)が「少年ジャンプ+」のCMに出演!嫁SAYとは?

般若(ラッパー)が「少年ジャンプ+」のCMに出演!ラッパー以外の活動も意欲的!

般若(ラッパー)は、「フリースタイルダンジョン」という人気番組で活躍していることもあり、普段はヒップホップ音楽を聴かない人々にも認知されているほどの人気ぶりです。その人気と知名度により、映画出演やCM出演などメディアへの露出も増えてきました。

「フリースタイルダンジョン」で「週刊文春撮られましたー」とラップしたのも人気ゆえ?実はこれは、「週刊文春」にて、渡辺謙に激似していると取り上げられたことを指していたようです。意外なところでも注目を集める般若のパフォーマンスが特に好評なのが、少年ジャンプのCM。少年ジャンプのアプリ「少年ジャンプ+」のCMに出演した般若は、海賊の格好をして「海賊ラップ」と称するラップを披露しています。

もともと漫画好きで知られる般若が披露した海賊ラップの歌詞に、少年ジャンプの世界観がぴったりマッチし、少年ジャンプのファンからも大好評を集めました。

般若(ラッパー)の嫁SAYについて知りたい!

2014年に、般若(ラッパー)と歌手のSAYの結婚が発表されました。般若の嫁となったSAYは、長野県出身の歌手です。中学生の頃、TLCの音楽に衝撃を受けるや、すぐに作曲とストリートダンスを始めました。また、父親が牧師であることからゴスペル音楽に親しんで育ってきた経験が、SAYの音楽活動の原点のひとつとなっています。

ラッパーの般若と歌手のSAYが出会ったのは2012年。SAYがリリースしたシングルでコラボしたことがきっかけでした。それ以降、SAYのライブに般若がゲスト出演などしていくうちに交際へと発展していったそうです。般若が自身のサイトで結婚を報告する一方で、嫁のSAYは、自身のブログにて「誰かの嫁になるとは思っていなかった」と心境を報告。

まっすぐな般若に惹かれ、「初めて人生をかけて愛したい人に出会えた」と喜びを爆発させています。

般若(ラッパー)が初の日本武道館ワンマンライブへ!平和をテーマにした楽曲がアツい!

着実にステップアップしてきた般若(ラッパー)が、2019年1月11日に、東京・日本武道館で自身初のワンマンライブを行うことを発表しました。2009年の東京・TSUTAYA O-EAST公演を皮切りに、渋谷公会堂、SHIBUYA-AX、日比谷野外音楽堂と、徐々にワンマンライブ会場を大きくしてきた般若。満を持しての日本武道館でのワンマンライブ「おはよう武道館」のチケットは、2018年4月1日より先行予約販売が行われています。

音楽以外の分野での活躍もめざましい般若。過去の日本の戦争を批判した作品や、痛烈な反戦メッセージを言葉にした作品が多いことからも、その根底には「平和」を強く願う気持ちがあることが分かります。表現の過激さから時に反感を買うこともありますが、戦争を知らない世代が多くなってしまった世の中で、若者からの支持も厚い般若の存在は重要です。そのブレない姿勢で、初の日本武道館でもキレッキレな平和のメッセージを届けてくれることでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る