池上彰は元NHK記者!現在は誰にでも分かりやすく専門知識を噛み砕く敏腕フリージャーナリスト

「池上彰」という名前を聞いて、国内に知らない人はいないでしょう。現在フリージャーナリストの彼は、元NHKの社会部記者・ニュースキャスターを務めていました。

NHKを退職したのは2005年の頃。フリーランスのジャーナリストとして手広く活躍している池上彰は現在68歳。多数の書籍も出版しており、加えて各番組においても時事ネタやニュースを子供にも分かりやすく解説してくれる姿勢に好感がもて、お茶の間でも人気沸騰です。

誰もが知るフリージャーナリスト・池上彰について改めてご紹介します。

池上彰の書籍はどれも分かりやすいと評判

池上彰は、多数の書籍を出版していることでも有名です。直近で出版された最新作は、2019年2月に発売された「僕たちはなぜ働くのか」「わかりやすさの罠 池上流『知る力』の鍛え方」「会社のことよくわからないまま社会人になった人へ」「イラスト図解 社会人として必要な経済と政治のことが5時間でざっと学べる」「速すぎるニュースをゆっくり解説します Fast News, Slow Journalism」など。

そんな池上彰の著作の中で最も人気を博しているのが「池上彰と考える、仏教って何ですか?」「池上彰の『経済学』講義1」「知らないと損する 池上彰のお金の学校」などの作品です。わかりやすく専門知識を学べると人気で、子供にも大人にも分かりやすくニュースを解説してくれる人として広く認知されています。

お金の本質的な部分・税金などの仕組みが詳細に解説されている「知らないと損する 池上彰のお金の学校」は、お金まわりや経済関連に知見がない方でも分かりやすい構成になっています。

「池上彰のやさしい経済学」は、難解なイメージのある経済学に関して、同じく誰にでも分かりやすいように解説している1冊。大人ほど、いまさら「知らない」とは言えないような内容を取り扱ってくれているので、この数々の書籍で改めて復習しているビジネスパーソンも多いことでしょう。

こちらもおすすめ:星浩の「安倍晋三首相イヤホン事件」が大反響!朝日新聞時代の経歴は?

「池上彰のニュースそうだったのか!!」が大好評

多数の書籍出版に加え、池上彰は様々な番組にも出演しています。

「池上彰の現代史を歩く」「池上彰のニュースそうだったのか!!」「グッド!モーニング」「池上彰スペシャル」などがその代表例。

「池上彰のニュースそうだったのか!!」については、日頃ニュースで報道されている内容に関して「いまさら人に訊けない…」と思われている時事ネタ・単語を中心に解説してくれます。分かっているようで分かっていないような部分をピンポイントで掘り下げてくれるので、ニュースに対する理解度が格段に深まるのがその特徴。

たとえば、3月10日に放送された「池上彰の現代史を歩く」のテーマは「知っているようで知らない沖縄」。現代、表には見えてきていない沖縄の真実を深掘りする内容で、池上彰自身が実際に沖縄を歩きながら、1972年5月までアメリカの手にあった沖縄という土地に関して、「そもそもなぜ沖縄はアメリカの配下にあったのか?」という点から考察。疑問に思う点を的確に拾い、客観的な視点から解説してくれています。

池上彰の学歴が流石すぎる!

慶應義塾大学出身の池上彰。偏差値70の看板学部とも言われている経済学部を卒業しているという話ですから、さすがとしか言いようがありません。

池上彰自身が高校生の頃に大好きで、特に熱心に取り組んでいたのは、政経だったそう。思いが深まり、「経済学をさらに深く学びたい」と思い立ったことから経済学部を選んだといいます。

池上彰は過去のインタビューで「私が子供の頃は日本がまだ貧しい時代でした。空腹を抱えた子供も多く、給食費さえまともに払えないことがあった。貧富の格差を是正するためには、経済学を学ぶのが一番だと考えたんです」と語っています。この希望動機も、なんとも池上彰らしいですね。

進学後、2年生の頃に見た「浅間山荘事件」の報道が、具体的にNHKを受験するきっかけとなりました。無事NHKに入社できた後は、「ホテルニュージャパン火災」「日本航空350便墜落事件」などの有名事件を先陣きって取材。定年を前にした54歳の時点で急遽フリーランスへ転向したことは、周りをにわかに驚かせました。

池上彰は家族も優秀!

池上彰の奥さんや子供など、家族の情報はあまり表に出てきていません。むやみに余計なことは話さない池上彰ですから、自身のプライベートもあまり表に出さないようにしているのかもしれませんね。

ただ、奥さんとはNHK勤務時に出会ったことを明かしています。当時から忙しかったであろう池上彰、奥さんも元NHK職員だったと考えれば、社内恋愛である可能性もあるかもしれません。子供は男の子2人に女の子1人で、2人の息子は池上彰の母校である慶応や、客員教授を務める東大合格者を多数輩出している武蔵高等学校を卒業しているそうです。

今後もあらゆる事件を分かりやすく解説してくれるであろう池上彰。私たちも自分の頭で時勢を見つめる考察力を養わなければいけませんね。

<こちらもおすすめ!>

池上彰 なにわで経済学を説く!いったい大阪の何がダメダメ?
丸山ゴンザレスは自称「犯罪ジャーナリスト」どん底の無職時代があった?スラム街での衝撃体験とは
大谷昭宏は新聞記者からジャーナリストへ!漫画のモデルにもなっていた

関連記事

ページ上部へ戻る