井之脇海の子役時代や出身大学は?人生変えた香川照之の言葉とは!ドラマのために10kg大増量?

井之脇海は子役時代「天てれ」や「金八先生」に出演!芸能界に入ったきっかけや家族は?


井之脇海のプロフィール
◆生年月日:1995年11月24日
◆出身:神奈川県
◆身長:177cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:ユマニテ

井之脇海は子役としてデビューし、てれび戦士としても活躍!演技派俳優に

俳優の井之脇海(いのわきかい)は、子役として芸能界にデビューしました。2006年から2008年には、NHK Eテレの子供向けバラエティ番組「天才てれびくんMAX」にレギュラー出演するてれび戦士としても活躍。その他に進研ゼミのCMや、2008年のドラマ「3年B組金八先生」など多数の映像作品にも子役として出演していました。

現在は、安藤サクラや岸井ゆきのなど演技派俳優を多く抱える芸能事務所のユマニテに所属していますが、子役時代の所属事務所は劇団ひまわりです。系列事務所の砂岡事務所を経て2016年7月に現事務所に移籍しています。

井之脇海は2017年1月から放送された大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演したことから、大きな注目を集めるようになりました。

大河ドラマや朝ドラの出演歴を重ねているほか、2020年7月から放送された石原さとみ主演ドラマ「アンサングシンデレラ」にも出演。同年10月クールの深夜ドラマ「ハルとアオのお弁当箱」では吉谷彩子とW主演を務め、2021年4月公開の映画「砕け散るところを見せてあげる」に出演するなど、ドラマや映画を中心に活躍しています。

井之脇海が芸能界に入ったきっかけは?母親をまめに気遣い、父親とは登山へ出向く親孝行息子!

井之脇海が芸能界に入るきっかけとなったのは、家庭内の事情でした。母親が病気になっただけでなく、愛犬までも病気になってしまったことから、家の空気が悪くなり、あまりかまってもらえない状態が続いていたといいます。

そこで、どうすれば自分のことを注目してもらえるようになるのかと考えた井之脇海。出した結論が、テレビに出ることだったそうです。こうして、テレビに出ることを目指して劇団ひまわりに通いはじめた井之脇海は、念願かなって子役デビューを果たし、芸能活動を始めることになりました。

両親は離婚しましたが、「マザコンかと思うくらい、携帯の発信履歴が母だらけ」と語っており、1人暮らしをしている今も、病弱で寝込むことが多い母とは密に連絡を取り合っているとのこと。

また、離れて暮らしていた父親とは17歳の頃から一緒に山に登りに行くなど良い関係を保っているようです。井之脇海いわく、「『百名山制覇!』という僕の目標は、一足先に百名山を登り始めた父の影響が大きい」とのことで、男同士共通の趣味でつながっています。

岡山天音が「ひよっこ」でブレイクするまで。独特の個性で名バイプレイヤーに

井之脇海は香川照之の助言で大学へ!映画「トウキョウソナタ」で天才ピアノ少年役を熱演!

井之脇海の出身大学は?進学の助言をしたのは香川照之

井之脇海は、俳優としての仕事を続ける傍らで、日本大学藝術学部映画学科演技コースで学び、無事に卒業しています。大学進学に関して助言をしたのは、2008年9月公開の映画「トウキョウソナタ」で共演した香川照之でした。

「トウキョウソナタ」で井之脇海の父親役を演じた香川照之と撮影中に話していた時に、「海、大学は出たほうがいいぞ」と言われたことから進学を決めたと言います。のちに「香川さんからアドバイスされた言葉も僕の人生を変えました」と語っています。かくいう香川照之は東京大学文学部出身という高学歴ですから、さぞ説得力があったことでしょう。

こうして進学した日芸では、仲間同士お金を出し合って泊りがけで撮影をするなど、充実した青春時代を過ごしたと、のちのインタビューで語っています。「大学に行ってすごくいい友達もできましたし、大学に行ってよかったなと思っています」と、香川照之のアドバイスは的確だったようです。

井之脇海は映画「トウキョウソナタ」で天才ピアノ少年役を熱演!

井之脇海は、香川照之と親子役を演じた映画「トウキョウソナタ」で、天才的なピアノの才能を持った少年役を演じています。天才ピアノ少年役ということもあり、この作品では、オーディションの参加条件として、ピアノを弾けることも重要視されていたそうです。実際、以前の井之脇海のプロフィールには特技にピアノと書かれていました。

とはいえ、映画の中で流れる演奏や、ピアノを弾いている手元シーンは、井之脇海と同世代のピアニスト高尾奏之介によるものでした。井之脇海は高尾奏之介の演奏に合わせる演技をしていただけですが、当のピアニストからも「よく合わせた」と太鼓判をもらっています。

映画の評判を見ても、ラストのピアノの演奏シーンに感動したという声が多く、井之脇海の演技が観客の心に響いたことはたしかなようです。

香川照之は東大出身バイリンガルのハイスぺだった!?プロデュースした昆虫絵本が発売前重版の大ヒット

井之脇海は大河や朝ドラでも活躍!上白石萌歌との共演が好評!ドラマの役作りで10kg大増量!

井之脇海は大河や朝ドラでも活躍!第2の高橋一生?

井之脇海は、2013年9月から放送の朝ドラ「ごちそうさん」や2017年4月から放送の「ひよっこ」で広く顔が知られるようになっていきました。

大河ドラマの経験も積み上げており、2012年1月より放送された「平清盛」や2017年1月より放送の「おんな城主 直虎」、2019年1月より放送の「いだてん」に出演しています。

特に井之脇海に注目が集まった「おんな城主 直虎」で演じたのは、菅田将暉演じる万千代と共に徳川家康の草履番から小姓へとのし上がっていく、万福という役です。

菅田将暉とは、朝ドラ「ごちそうさん」や映画「帝一の國」などでも共演している井之脇海。2017年は共演も3作品目で、私生活では菅田将暉から「イノ」と呼ばれる間柄だとか。公私にわたって親交があり、ともに注目俳優といわれる井之脇海と菅田将暉2人の演技からは、これからも目が離せませんね。

井之脇海と同様に、子役から大河ドラマ出演へとステップアップしていった注目俳優といえば、忘れてはならないのが高橋一生でしょう。

高橋一生は、現在、テレビで見ない日がないほど大活躍中です。奇しくも、「おんな城主 直虎」では、叔父と甥という間柄で高橋一生と共演していた井之脇海。第2の高橋一生とも呼ばれていますが、自身の進むべき道を進むことで、彼をしのぐ活躍を期待したいところです。

井之脇海は上白石萌歌とのぎぼむすカップルが好評だった!

井之脇海は2018年7月より放送された、綾瀬はるか主演ドラマ「義母と私のブルース」に出演、綾瀬はるか演じる亜希子の義理の娘・宮本みゆきを演じる上白石萌歌の元クラスメイトで彼氏となる黒田大樹役を好演し、話題を呼びました。

爽やかで好感度の高いカップルぶりは視聴者からも好評でした。少年時代役から引き継いで、思春期に入ってのみゆきに対する心情の変化を繊細な演技で見せた井之脇海は、人間の心の奥底ににあるたくさんの感情や本音を表現するのが上手だと評判です。

2016年より放送された「午後の紅茶」のCMシリーズ内でも、井之脇海と上白石萌歌は高校生カップルを好演。熊本県南阿蘇村の美しい自然の風景を舞台に展開された、ストーリー性のあるCMはまるでミニドラマのようでした。

井之脇海がドラマの役作りで10kg増量!

井之脇海は、2021年1月22日スタートの長瀬智也主演ドラマ「俺の家の話」にて、プロレスラー・プリティ原の役を演じます。役作りにあたり、井之脇海はなんと10㎏もの増量に励んだそうです。

また、ドラマの内容について「初めて脚本を読んだ時に、嫌なことや辛いことを全て忘れて、笑いながらあっという間に読んでしまいました。この笑いを早くみなさんに届けたいです」と、語っています。「物語全体はもちろんですが、プロレスチームの面白くも熱い部分にも注目して笑っていただきたい」ともコメントしており、井之脇海イチ押しの楽しい作品となっているようです。

俳優として活躍している井之脇海ですが、大学では監督や脚本についても勉強したようなので、将来的には俳優業の傍ら監督や脚本家としての活躍もあるかもしれません。これからも分野にとらわれず、幅広い経験を積んでいってほしいものです。

井之脇海が出ずっぱり!過去出演作品やプロフィールを紹介!ステップアップした作品とは?
上白石萌歌と萌音姉妹の見分け方と2人とも歌が得意な事情!大学や身長は?ハーフなの?
安部勇磨と高橋一生は兄弟だった!顔が似てないのは複雑な家庭環境のせい?

関連記事

ページ上部へ戻る