井浦新の嫁は誰?若い頃のイケメンぶりが話題に!出演映画も紹介

井浦新のプロフィールを紹介!

俳優であり、ファッションデザイナーとしても活躍する井浦新(いうらあらた)は、1974年9月15日に東京都日野市で生まれました。

井浦新が芸能界入りしたのは19歳の時、大学生でモデル事務所にスカウトされたのがきっかけでした。モデル時代は「an・an」「MEN’S NON-NO」「asayan」など人気ファッション雑誌の表紙を飾り、1990年代後半にはパリコレや東京コレクションなど、世界的なファッションショーにも出演しました。

1998年11月に「REVOLVER(リボルバー)」というブランドを立ち上げ、2007年には「ELNEST CREATIVE ACTIVITY(エルネスト・クリエイティブ・アクティビティ)」と名前を変えて独立。ブランドディレクターとしての顔も持っています。

そんな井浦新は、1999年4月公開の映画「ワンダフルライフ」のオーディションに合格し、自身初となる主演の座を射止めて以降、俳優業を本格化させます。2001年5月公開の映画「DISTANCE」でも主演に起用され、2002年7月公開の映画「ピンポン」で窪塚洋介扮するペコの相棒・スマイルを演じたことで、さらに注目を浴びました。

デビューして間もなく、本名から「ARATA」という芸名に変えて活動していた井浦新は、2012年放送のNHK大河ドラマ「平清盛」への出演が決まったタイミングで、本名の「井浦新」に戻して活動することを発表しています。

2012年6月公開の映画「11・25 自決の日 三島由紀夫と若者たち」で主人公の三島由紀夫を演じたことをきっかけに、本名に戻そうと考えたという井浦新。理由を問われた取材に対し、「エンドロールで三島さんを演じた役者の名前がアルファベットで表記されるのは美しくないと思いました。流れとしても今が一番いい時期ですから」とコメントしています。

「平清盛」で、日本の第75代天皇・崇徳上皇を演じることになったのも「一番いい時期」と考えた理由だったのかもしれません。「三島由紀夫さんを演じて、その思想を肌で感じた」とも語っている井浦新。自身が演じる人物に対して敬意をしっかりと形で示すのは、俳優という仕事にそれだけの覚悟を持って臨んでいるということなのでしょう。

こちらもおすすめ:平山祐介はパリコレ経験者のファッションモデルだった!筋肉トレーニングがスゴすぎた!

井浦新の出演映画・ドラマをチェック!

俳優として安定した活躍ぶりを見せる井浦新は、これまで多くの映画に出演しています。

カナダのトロント国際映画祭でも上映された初の主演映画「ワンダフルライフ」で「第14回高崎映画祭」最優秀新人男優賞を受賞。俳優として一気に知名度が上がった「ピンポン」では、「第17回高崎映画祭」最優秀助演男優賞を受賞しています。

また、2009年5月公開の映画「空気人形」では、心を持ったラブドールに想いを寄せられるレンタルビデオ店員を演じ、「第24回高崎映画祭」最優秀主演男優賞に輝きました。

その他にも、2008年8月に第1章、2009年1月に第2章、同年8月に最終章が公開された「20世紀少年」や、2013年9月に公開され、「第66回カンヌ国際映画祭 」審査員賞を受賞した「そして父になる」、2016年7月公開の「HiGH&LOW THE MOVIE」などに出演。2008年9月に吉高由里子主演で公開された映画「蛇にピアス」では、顔にいくつもピアスをつけ、身体中に刺青がある強烈なビジュアルの彫師・シバを演じ、話題を集めました。

また、2019年も、2月公開の「赤い雪 Red Snow」、7月公開の「こはく」、5月に一部地域で公開され、今後全国公開予定の「嵐電」、9月27日公開予定の「宮本から君へ」と4作に出演。「こはく」「嵐電」の2作では主演を務めています。

テレビドラマへの出演も多く、代表的な作品には、2011年7月「陽はまた昇る」や、2012年の大河ドラマ「平清盛」、2012年7月「リッチマン、プアウーマン」、2018年1月「アンナチュラル」、2019年1月「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」などがあります。

こちらもおすすめ:松重豊の嫁は誰?子供はアナウンサー?「孤独のグルメ」と実像にギャップあり?

井浦新の嫁は誰?

井浦新は結婚しており、子供もいます。嫁は、衆議院議員・山本有二の娘だそう。これは、2012年1月26日放送の「会いに行ける国会議員 みわちゃんねる 突撃永田町!!」という番組で、山本有二が明かしています。

芸能人があまり好きではなかったという山本有二は、娘が井浦新と結婚することに、最初は乗り気ではなかったといいます。しかし、小学校の先生をしている井浦新の両親と初めて顔合わせをした際、両親の誠実さに感心し、「この両親の息子なら安心できる」という思いで結婚を許可したのだとか。

今では井浦新を自慢の婿だと思っているという山本有二。井浦新自身は、結婚の時期や相手を自ら進んで公表していませんでしたが、山本有二が自慢の婿として紹介したことで暴露されてしまい、嫁が誰なのか発覚したようです。一般人なので顔写真などは公開されていませんが、美人嫁だと噂されています。

井浦新の子供が誕生した時、山本有二は「どうしてこんなに可愛いんだろう」と、初孫に目尻を下げまくっていたそう。美男美女を両親に持つ井浦新の子供は、どれだけ可愛いのか気になりますね。

井浦新の若い頃がカッコいいと話題に!?

トップモデル「ARATA」としてパリコレなどに出演していた井浦新の若い頃が、カッコいいと評判です。

現在の井浦新も、大人の魅力でカッコいいのは間違いありませんが、モデル・ARATA時代は、俳優とはまた違ったオーラが漂っています。俳優として有名になってからの井浦新しか知らない人は、若い頃の画像を見て驚く人もいるようです。

ここしばらくは俳優業がメインのため、昔はモデルをしていたということさえ知らない人も結構いるのではないでしょうか。若い頃はおしゃれなイケメンという雰囲気だった井浦新。年齢を重ねた今は、落ち着いた大人の男性としてのカッコよさがあり、どちらも素敵です。

井浦新は長年インスタグラムをしており、頻繁に更新しています。投稿されている写真もバラエティに富んでいるので、のぞいてみると面白い発見があるかもしれませんね。

2018年1月から石原さとみ主演で放送されたドラマ「アンナチュラル」で、主人公のミコトと度々意見が対立する法医解剖医・中堂を演じ、「第96回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」「第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」の助演男優賞を受賞するなど、円熟味を増した演技にますます磨きのかかる井浦新。現在はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」で、なつの将来に大きく関わる東洋動画アニメーターのリーダー・仲努を好演しています。

ドラマの展開とあわせ、これからどんな作品で楽しませてくれるのか、今後の活躍も楽しみですね。

<こちらもおすすめ!>

田中圭は「おっさんずラブ」で大注目の俳優!バラエティでも大人気の愛くるしい魅力
斎藤工のパリコレデビューの思い出とは?結婚願望はゼロ?称賛されるボランティア活動とは?

濱田岳と嫁の身長差が話題に!俳優の転機になったドラマは?父親はまさかのアノ人!?

関連記事

ページ上部へ戻る