笠松将が主演を務める「ファンファーレが鳴り響く」の公開予定は?憧れの俳優は?

笠松将の憧れの俳優は?韓国語が話せるようになったのは独学!? 


笠松将のプロフィール
◆生年月日:1992年11月4日
◆出身:愛知県
◆身長:182cm
◆血液型:B型
◆所属事務所:鈍牛倶楽部

笠松将が憧れる俳優とは?

笠松将(かさまつしょう)は、映画情報サイト「シネマトゥデイ」で2019年1月に公開されたインタビューの中で、憧れる俳優は「デイアンドナイト」で共演した田中哲司であることを明かしています。その理由について、笠松将は田中哲司の芝居が好きであること、また芝居に対する考え方がカッコいいことを挙げ、先輩としてのあり方についても憧れていると話しています。

笠松将はどうして韓国語が話せるの?

韓国語が話せるという笠松将。独学なので自信がないとしながらも、楽しんで学んでいるようです。韓国映画が好きであることと、K-POPが流行っていたことが韓国語に興味を持ったきっかけなのだそう。

そんな笠松将が好きな韓国映画に挙げるのは、2017年11月に公開された「MASTER/マスター」。イ・ビョンホンやカン・ドンウォンが出演する同作で笠松将が気になった俳優は、キム・ウビンなのだとか。芝居がともかくいいと、手放しで褒めています。

宮沢氷魚の父はTHE BOOMの宮沢和史!父に憧れて俳優の道へ

笠松将のプロフィールや代表作を紹介!

笠松将のプロフィールと経歴

笠松将は1992年11月4日生まれ。愛知県名古屋市出身です。高校卒業後、18歳で上京した笠松将は、アルバイトをしながら映画のエキストラに応募する生活を2年ほど続けていました。

撮影に参加した現場で声をかけてくれる俳優の出演作品を観ているうちに、演技に興味を持ち始めたという笠松将。舞台のオーディション参加をきっかけに最初の芸能事務所・トリプルエーの所属タレントとなり、俳優活動をスタート。現在所属する鈍牛倶楽部には、2017年に移籍しています。

撮影中、作品を面白くするためであれば突飛なことをしても許されるのが、俳優業の面白いところだと語る笠松将。2019年に20代男優では1位となる出演本数を達成していますが、その数は連続ドラマと映画をあわせて18本にも上ります。

笠松将の代表作は?

笠松将の代表作といえるのは、映画では2019年1月公開の「デイアンドナイト」、同年9月公開の「おいしい家族」、2020年1月公開の「花と雨」などが挙げられるでしょう。「おいしい家族」では、松本穂香演じる主人公・橙花の弟でマイペースな翠を、「花と雨」では、実在の日本人ヒップホップMC、SEEDA(しーだ)役で主演を務めました。

ドラマでは、2019年3月から放送された「平成物語 ~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間~」で演じたヒロインの夫・貴大役で評価された他、2020年1月8日からHey!Say!JUMP・中島裕翔の主演で放送がスタートした「僕はどこから」でも、名門大学への入学に固執する母親の束縛から逃れるため、主人公を巻き込んで重大な事件を起こしてしまう青年を熱演しています。

磯村勇斗が「今日俺」で人気!仮面ライダー俳優だった?他の出演ドラマは?

笠松将が主演を務める映画「ファンファーレが鳴り響く」で祷キララと共演!あらすじを紹介

笠松将は、2020年に公開を控える映画「ファンファーレが鳴り響く」で主演に抜擢されました。同作で、笠松将は吃音症を理由にイジメられながらも家族の前では平静を装う高校生・神戸明彦を、ヒロインの祷キララは、殺人の欲求を持つ才色兼備のクラスメイト・七尾光莉を演じます。

ある日、自分をイジめていたグループの一人を光莉と殺してしまった明彦は、そこから二人で逃亡を続けながら殺人を重ねていきます。若者の鬱屈した姿を描き出す同作は、2020年8月28日から北海道夕張市で開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」でのプレミア上映でお披露目となり、その後全国の主要都市で公開予定です。

映画撮影の合間を縫うように、2020年2月15日放送の「トップナイフ -天才脳外科医の条件-」第6話、2020年3月21日からWOWOWプライムで放送を開始する「有村架純の撮休」第3話へのゲスト出演に加え、2月27日からNetflixで配信がスタートしたオリジナルドラマ「FOLLOWERS」、春からFODで配信予定の「いとしのニーナ」にもレギュラー出演する笠松将は、まさに息をつく暇もない忙しさ。

「せっかくいい映画を作っても、いろんな人に見てもらえないと意味がない」という彼は、様々な作品に出演することで知名度のアップを図っている最中なのでしょう。「笠松が出ているなら見たい」と言われる役者になるため、インパクトの強い役柄で存在感を示す笠松将の描く世界観に、今後ますます多くの注目が集まるのではないでしょうか。

柾木玲弥は「次世代カメレオン俳優」と称される演技派俳優!好きな女性のタイプはキャピキャピ系?
前原滉は弱冠26歳の次世代を担う若手俳優!代表作は連続テレビ小説「まんぷく」「あゝ荒野」
岡山天音が「ひよっこ」でブレイクするまで。独特の個性で名バイプレイヤーに

関連記事

ページ上部へ戻る