河合郁人のプロフィールと経歴!芸人張りのトーク力と得意の〇〇〇〇とは?!

ジャニーズ事務所きってのジャニーズ好きアイドル!河合郁人ってどんな人?


河合郁人のプロフィール
生年月日:1987年10月20日
出身:東京都
身長:170cm
血液型:A型
所属事務所:ジャニーズ事務所

河合郁人のプロフィール!

河合郁人(かわい・ふみと)は、1987年10月20日生まれのアイドル歌手です。現在はジャニーズ事務所のユニット、A.B.C-Zに所属しています。

A.B.C-Zは、橋本良亮(はしもと・りょうすけ)、戸塚祥太(とつか・しょうた)、五関晃一(ごせき・こういち)、塚田僚一(つかだ・りょういち)そして河合の5人グループ。ステージ上でのダンスやバック転などのアクロバットを得意としていて、メンバー全員がバク宙ができる、というので驚きです!

河合がジャニーズに入るきっかけとなったのが、1996年に放送されたドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ)に出演していた木村拓哉。そのかっこよさに瞬く間にファンになり、当時の服装なども木村を意識していたと言います。

小学校低学年の頃は、友だちとユニットを組んで、『ミュージックステーション』や『8時だJ』(共にテレビ朝日)に出演するジャニーズの歌やダンスを覚え、真似をしていました。

その後、母親や友人の勧めもあって、小学4年生の時に自らジャニーズ事務所に履歴書を送ります。一度目は不合格でしたが、翌年再チャレンジし、1999年5月9日に晴れてジャニーズ事務所に入所しました。オーディション当日は、所属していた少年野球団の試合日でしたが、そちらは休んでオーディションに参加したそうです!子どもながら、河合の本気度がうかがえますね。

入所後は、ジャニーズJr.内ユニットA.B.C.として、2008年からは橋本良亮を加えた5人でA.B.C-Zとして活動。先輩である堂本光一や滝沢秀明の舞台・コンサートでのバックダンサーを経て、2012年にメジャーデビューを果たしました。

グループが得意とするアクロバットをファンに伝えるため、自ら当時社長のジャニー喜多川に提案し、ジャーニーズ史上初めて、CDではなくDVDでのデビューとなりました。

河合郁人のジャニーズ好きは母譲り!ファンの間で話題のお兄さんとは?

河合の母親は少年隊の大ファンで、幼い頃から一緒にジャニーズの曲を聴いて育ったそうです。

また、兄と妹が1人ずつおり、お兄さんは「サイコバニー」というアパレルの渋谷店で店長をされています。お店のインスタグラムでお兄さんのお顔の写真を見ることが出来ますが、骨格や口元が河合郁人とソックリ!とファンの間で話題になっています。舞台やコンサートに来ることも多いそうで、仲の良い家族のようですね!

音楽番組からものまねグランプリまで! 幅広いジャンルで活躍する河合郁人

”かっこいい路線”から”お笑い担当”に?!河合郁人のキャラ遍歴

河合は元々、木村拓哉に憧れていたこともあり、自身では”かっこいい路線”だと思っていたようですが、先輩の滝沢秀明に「お前は違う」と言われ、”お笑い担当”へ路線変更したのだとか…。先輩からそんなことを言われたらショックに感じてしまいそうですよね。しかし持ち前の明るさと、幼い頃から行っていた「ジャニーズものまね」を活かして、今ではバラエティでもひっぱりだこになっています。

2009年のジャニーズタレントを中心に掲載している雑誌Myojoの企画では、”一番おもしろい人部門”で1位に選ばれるなど、ファン公認の面白さのようですね。

バラエティ番組では、2018年12月13日放送のダウンタウンDX(読売テレビ)で「ジャニー喜多川さんがジャニーズタレントを”YOU”と呼ぶのは、名前を間違えてショックを受ける子がでないようにするため」「松潤は薄暗いカフェでもサングラスを外していなかった」など、今までは謎に包まれていたジャニーズ内のおもしろエピソードを赤裸々に語り、笑いをとっていました。

ダウンタウンの2人も爆笑するほど、軽快なトークでスタジオを沸かせた河合。芸人並みのお笑いセンスの持ち主のようですね!

ジャニーズのものまね芸人=河合郁人?ものまねグランプリでは〇位を獲得!

河合郁人がバラエティ番組でブレイクしたきっかけのひとつに、ものまねが得意、ということも有名です。自らが所属しているジャニーズ事務所の先輩・後輩のものまねを得意としており、レパートリーを常に増やしていると言います。

大好きな木村拓哉(元SMAP)を始め、東山紀之(元少年隊)、松岡昌宏(TOKIO)増田貴久(NEWS)、亀梨和也(KAT-TUN)、菊池風磨(Sexy Zone)など、本当にたくさんのジャニーズタレントのものまねが出来るようですね!

特に、松本潤(嵐)のものまねが得意で、「松本潤のJr.時代のターンと今のターン」や「WISHリリース当時のクセ強めな松本潤」など、長年のジャニーズファンだからこそ出来る、細かいものまねなどが話題になっています!

2020年5月19日にはついに、「ものまねグランプリ 次世代mのまね芸人No.1決定戦&歌ものまねNo.1決定戦スペシャル」(日本テレビ)に参戦し、得意のジャニーズものまねで、初出場ながらなんと2位に輝きました!しかも1位のモリタク&河口とは、4点差という僅差で、河合自身も「悔しいですね!またチャレンジしたいです!まだネタ、あと600くらいありますから!」と話しています。

最近では、後輩から「〇〇のものまねをする河合郁人のものまね」を披露されるほど、河合郁人=ものまねという印象が強まっているようですね。

30代になった河合郁人の今後の目標とは?

そんな彼は、2018年10月20日に出演した舞台「ジャニーズ伝説2018」公演後のサプライズカーテンコールで、31歳を迎えた今後の目標を聞かれると「まずはレギュラー番組を増やして、勢いのあるタレントになりたい。MCをもっと磨いて、いずれは中井(正弘・元SMAP)さんみたいに、自分の名前がついた番組を40歳までに持てるようになりたい」と話しています。

2020年9月にはテレビ朝日で初の単独冠番組を担当するなど、目標へと着実に突き進んでいる河合。今後の活躍にも注目です!

関連記事

ページ上部へ戻る