小日向雪は将来有望株の新人女優!ラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」に出演

小日向雪は将来有望株の新人女優!ラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」に出演出典:https://ameblo.jp
スポンサーリンク

小日向雪は将来有望株の新人女優!初レギュラードラマは「こえ恋」

小日向雪はイトーカンパニー所属の女優!

小日向雪(こひなたせつ)は、イトーカンパニーグループの一角を担うラッキーカムカム部門に所属している女優です。

イトーカンパニーは、ともさかりえがブレイクしたことで事業を拡大し、落合モトキや相楽樹など今活躍中の若手俳優が多く所属している芸能事務所。小日向雪も、今後の活躍が期待されている女優の1人で、2012年に放送された日本テレビのドラマ「三毛猫ホームズの推理」第2話にてドラマデビューを果たしました。

小日向雪の初レギュラードラマは「こえ恋」!役柄は女子高生

小日向雪は、2016年にテレビ東京で放送されていたドラマ「こえ恋」で、初めてレギュラー出演を果たしています。「こえ恋」は、漫画アプリ「comico」に連載されていたどーるるのマンガを実写化した作品で、緑川学園光琳高校を舞台に繰り広げられる、一風変わった青春恋愛ものでした。

小日向雪が演じたのは、女子高生の仲村香織役。初めてのレギュラー出演ということでかなり気合が入っていたようで、最終回を迎えた時には「寂しい気持ちになった」と明かしています。

スポンサーリンク

小日向雪がTwitterでプライベートギリギリツイート?!映画や舞台にと精力的に女優活動

小日向雪がTwitterでプライベートギリギリツイート?!

小日向雪は、ほぼ毎日、Twitterで呟いています。自身の出演情報もありますが、プライベートなこともジャンジャンツイートしています。北海道出身の小日向雪は東京で一人暮らしをしていますが、2人いる弟の内の1人が、4月に東京の大学に入学した様子。時々その弟と会っているという小日向雪は、顔出しNGの弟の顔は隠しつつ2人一緒の写真もアップしています。

ちなみに、弟は小顔だそうです。その他にも、大学の友達が舞台を観に来てくれたというツイートがあるなど、私生活の様子を隠す気配はありません。とはいえ、プライベートに触れつつもギリギリまでしか見せないところは、やはりプロの女優ですね。

小日向雪は映画や舞台にも出演!精力的に女優活動

小日向雪がこれまでに出演した映画は、2013年公開の「ソラから来た転校生」やホラー作品「讐 〜ADA〜 第一部 戦慄篇第二部 絶望篇」。2014年は、「こっくりさん 恋獄版」や「そこのみにて光輝く」「日々ロック」「零 ゼロ」と出演作品数も急増。2016年には、オダギリジョーと蒼井優の共演で話題になった「オーバー・フェンス」にも出演しました。

スポンサーリンク

演劇が大好きという小日向雪は、実際に演劇や舞台を観に行くことも多いと言いますが、自身も舞台「嘘より、甘い」や「瘡蓋の底」「再生ミセスフィクションズ2」などに出演。「月ノ原中学音楽準備室」という朗読劇に参加したこともあります。2018年7月28日からは、東京五反田アトリエヘリコプターで公演予定の玉川企画「バカンス」に出演予定です。

小日向雪がドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」に出演!地道な活動はいつか花咲く予感

日本テレビドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」に出演する小日向雪。エイリアンの兄弟が人間の姿になって、東京で地球移住計画を決行しようとするというユニークなストーリーで、エイリアンの兄をA.B.C-Zの戸塚祥太、弟をHey! Say! JUMPの伊野尾慧が演じます。

ユカ役で出演する小日向雪がどのような役どころなのかは明かされていませんが、予告編に映っているシーンを見る限り、エイリアンではなく人間役のようです。メインとまではいきませんが、話題作だけに、本作で目を引く演技ができれば、大きくステップアップするチャンスです。

現役大学生の小日向雪は学業に重きを置いていることもあって、芸能活動が活発とは言えません。今はまだ知る人ぞ知る女優と言えるかもしれませんが、ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」出演など地道に活動を続けています。2017年1月に、TBSのバラエティ番組「金スマ」の高橋真梨子の人生を再現したドラマで、高橋真梨子本人を演じていたのも小日向雪でした。

彼女のTwitterを見ると、そんな小日向雪の演技力に魅了されたファンがたくさんいることが分かります。主役だからといって驕り高ぶることなく、どのような役柄であっても出演できることに感謝している謙虚さが、ファンの心をつかんで離さないようです。大学を卒業するまでは今のペースで活動していくとのことですが、いつか必ず大きな花を咲かせる予感がします。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る