瀧本美織がデビュー10周年!カレンダーで見せる姿とは!?ガールズバンドとしての過去とは!?

瀧本美織のルーツはアイドル!?ライブで歌う姿がカッコいい!


瀧本美織のプロフィール
◆生年月日:1991年10月16日
◆出身:鳥取県
◆身長:162cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:スターダストプロモーション

瀧本美織のルーツはアイドルだった!?

瀧本美織(たきもとみおり)といえば、若手女優の一人として活躍している方ですよね。しかし元のルーツはアイドルだったという事を知っていますか?

瀧本美織は小学生時代から芸能界に興味を持っており、ダンススクールなどに通うために度々上京していました。その夢が叶ったのが2003年8月、エイベックス所属のダンスボーカルユニット・SweetSメンバーとしてデビュー。「MIORI」という芸名で芸能活動をスタートしました。

しかし歌手としての活動期間は短く、デビュー3年後の2006年8月にリリースされたベストアルバム「Delicious ~Complete Best~」を最後にSweetSは解散。同時に、瀧本美織の歌手活動も休止となります。

瀧本美織がライブで歌う姿がカッコいい!

2002年にエイベックスの主催で開催されたオーディション「avex audition 2002」で合格した15名から選抜された5人のメンバーで結成されたSweetS。デビューまでの道のりは、2003年4月より始まったバラエティ番組「プラチナチケット」内のコーナー「セルフプロデュースCD ~はじめてのCDリリース、5人だってできるもんっ」で紹介されました。

女優としての瀧本美織はどちらかというとおっとりしている印象が強いのですが、ライブパフォーマンスはパワフルで、男性のみならず女性ファンまでも魅了しました。

SweetSの解散後、2014年に5人組のガールズバンド「LAGOON(ラグーン)」を結成し、再び音楽活動を始めた瀧本美織。「MIORI」としてボーカルを務める彼女の歌声は業界でも高評価でしたが、メンバーそれぞれが異なる職業を持ちながら活動するという異色のグループ事情は長く続けられず、2年足らずで解散となりました。

LAGOON解散後、ミュージカルなどの舞台や、長年イメージモデルを務めて好評だった「ソニー損保」のCMで歌声を披露している瀧本美織ですが、ソロデビューなど本格的な音楽活動を再開するニュースは聞かれません。解散発表の際、ファンに「バンドでの経験と学んだことを生かし、これからも音楽にのせていく気持ちを大切に歌っていきたいと思っています」とメッセージを送っていただけに、いつかまたステージ立つ姿を見られることを期待したいですね。

濱田マリの若い頃がカッコいい!バンド時代の歌は?ボルダリングで筋肉がスゴい!?

瀧本美織のインスタとブログでたどる活動の軌跡

瀧本美織のプロフィールが知りたい!

瀧本美織は、1991年10月6日に鳥取県鳥取市で生まれました。小さい頃から歌うことが大好きだという彼女の趣味はカラオケで、よく安室奈美恵や椎名林檎の曲を歌うそうです。

他にもバトントワリングやダンス、短距離走、新体操等スポーツも特技としており、学生時代の運動会の100メートル走では、常に1位だったそうです。

このように特技の多い瀧本美織なのですが、ダンスに関しては先ほど少し紹介したようにダンスを習うために何度も上京するほどで、さらにスゴいのが、TRFのSAMに直接指導してもらっていたようです。

そのおかげで、現在でもダンスに関しては基本的に踊れるという実力派です。歌にダンス、さらにはスポーツも演技も素晴らしい瀧本美織。素晴らしすぎますね。

インスタとブログでたどる活動の軌跡

瀧本美織は多忙な仕事に追われる傍ら、インスタグラムや公式ブログ「Miori Takimoto」を更新し、日々の生活について紹介しています。

令和最初のドラマ出演となった、2019年6月から放送のドラマ「仮面同窓会」に出演した際はビジュアル撮影の様子などを紹介し、作品をPRしていました。溝端淳平の民放ドラマ久々の出演となった同作に、瀧本美織は高校時代に主人公が憧れていた同級生・竹中美郷役で出演しています。

ブログでは他にも、どハマりしているサラダの話や、地元の鳥取で仕事をした時のこと、誕生日を迎えての心境などが綴られています。2020年1月3日から5日まで3夜連続で放送されるドラマ「破天荒フェニックス」や、元日放送の「相棒18 元日スペシャル」など、出演作に関する情報も満載です。

また、インスタでは出演作で共演した俳優たちとのツーショット写真やプライベートタイムに撮った写真など、オフショットが多数投稿されています。どちらもファン必見ですね。

上野樹里と旦那のインスタ仲良し写真にほっこり。連ドラ復帰で演技力に再評価

瀧本美織の出演ドラマがてんこ盛り!10周年カレンダーが好評

2010年1月に公開された映画「彼岸島」でヒロインのユキ役を演じ、女優としての活動を始めた瀧本美織は、デビュー10周年を迎えます。

これまでを振り返り、過去の出演作をイメージした衣装を時代のトレンドやファッションを取り入れて再現し、オリジナリティあふれるビジュアルで構成されたカレンダー「瀧本美織 カレンダー 2019.4-2020.3」が、2019年3月に発売されました。

カレンダー発売日の3月23日に渋谷で開催された販売記念イベントには、直筆サインが入ったイベント限定表紙のカレンダーが用意されたのに加えて握手やツーショット写真のチャンスもあり、海外から駆け付けたファンもいたのだそう。

NHK BSプレミアムで3月29日に放送されるドラマ「金魚姫」でヒロインを務める瀧本美織。同作で彼女が演じるのは、金魚です。志尊淳演じる主人公・潤が祭りの金魚すくいで持ち帰った琉金は潤の目の前で人間の姿となり、リュウと名付けられます。伝説の黒らんちゅうを追い求め、生まれ変わり続けているというリュウを家におき、黒らんちゅうを探す手助けをする潤。ともに暮らすなかで距離を縮めていく2人は、周囲の人々の思惑により思わぬ運命をたどることに。

ファンタジックでありながらもダークな世界観が絡み合う不思議なストーリーの同作で、瀧本美織が演じる美しい金魚姿は必見です。

唐田えりかが初ヒロイン映画でカンヌへ!韓国でもドラマ出演で注目度上昇中
岩谷時子と越路吹雪とともに歩んだ半生がドラマに!印象的な作詞フレーズと作品の数々
波瑠が朝ドラ「あさが来た」ヒロイン4度目の挑戦で勝ち取る!

関連記事

ページ上部へ戻る