小手伸也はザキヤマ似!?「真田丸」から「エグゼイド」の不気味社長へのギャップが話題に

小手伸也が主宰する劇団「innerchild」とは?公演の作風が話題に!?


小手伸也のプロフィール
◆生年月日:1973年12月25日
◆身長:176cm
◆出身:福島県
◆血液型:B型
◆所属事務所:オフィスPSC

小手伸也は劇団「innerchild」の主宰!劇団名は心理療法の専門用語だった!

個性的な演技で売り出し中の俳優・小手伸也(こてしんや)。アクが強くて個性的な人物から癒し系まで様々な役柄をこなすバイプレーヤーとして脚光を浴びています。NHK大河ドラマ「真田丸」や月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」などに出演し、45歳で大ブレイク。バイトで食いつなぐ日々から一転した遅咲きぶりに、シンデレラボーイならぬ「シンデレラおじさん」と自称するほどです。

舞台役者として長年経験を重ねた小手伸也は、劇団「innerchild(インナーチャイルド)」を主宰。同劇団は、小手伸也が脚本・演出を手がける作品を発表する場として立ち上げた劇団です。劇団での小手伸也は舞台役者と演出、作家の1人3役で活動することが多く、ブログで自身を「何でも屋」と称するほどです。

小手伸也が主宰する「innerchild」の作風とは?

小手伸也が主宰する劇団「innerchild」は、心理療法の専門用語が由来です。日本語に訳すると「内なる子ども」という意味で、主に自己カウンセリングでトラウマを抱えた人向けに用いられる療法です。

その名の通り、心理学やメンタルをメインテーマに据えた独特の作風で異彩を放つ劇団「innerchild」。神話や宗教に始まり、民俗、歴史から物理科学やオカルト、お笑いに至るまで多彩なエッセンスを盛り込むストーリーは、下手に扱うと分かりにくい作風に陥る危険がありますが、その点は演出で見事にカバー。設立時からプロジェクターを使用し、投影された映像と舞台のリンクでストーリーが進行する仕掛けで観る人の視覚に訴え、観る人を作品世界へ引き込む独特な演出方法で、ファンから絶大な支持を得ています。

田村たがめが「香川照之の昆虫の昆虫凄いぜ!」でイジられる!夫・皆川猿時ともに劇団大人計画所属

小手伸也の年齢は?プロフィールや経歴をご紹介!ザキヤマに似てる?

小手伸也は下積みが長かった「シンデレラおじさん」!アルバイトでアドリブ術を鍛えた?

小手伸也は東京都立竹早高校から早稲田大学教育学部へ進学し、在学中に演劇サークル「早稲田大学演劇倶楽部」に所属したのをきっかけに、俳優としてのキャリアをスタートします。1998年に劇団「innerchild」を旗揚げし、舞台役者と演出家、作家を兼任しながら活動していましたが、2016年放送のNHK大河ドラマ「真田丸」や、2018年4月から放送された月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」、同じく月9ドラマ枠で同年10月から放送された「SUITS/スーツ」出演で脚光を浴びました。

長い下積みを経て、ドラマや映画、バラエティにナレーションと多方面で活躍する現在は「シンデレラおじさん」と自称。40代半ばで「シンデレラボーイ」と呼ばれるには、抵抗があったということのようです。下積み時代は通販番組のコールセンターで電話応対のアルバイトをしていたという小手伸也。理不尽なクレーム対応も求められる仕事を経験したことが、アドリブ力を鍛えるのに役立ったのだとか。どこでどんなことが役に立つか、分からないものですね。

小手伸也はザキヤマに似てる?食レポ企画で影武者に?

特徴的な風貌の小手伸也ですが、その見た目からザキヤマことお笑い芸人のアンタッチャブル・山崎弘也に似ていると言われています。ネットでも両者の比較画像がアップされていますが、顔の形から雰囲気に至るまでソックリ。この他人の空似を活かし、小手伸也はザキヤマの影武者をした経歴があるのだそうです。

スケジュールが押してしまい、スケジュールに入っていた食レポ企画の現場へ行けなくなった山崎弘也に代わり、小手伸也が急遽ザキヤマとして食レポを撮影。撮り終えたシーンに山崎弘也がアフレコで声を入れ、ピンチをしのいだのだとか。ザキヤマに代わって小手伸也が出演していることに気付く視聴者はほとんどおらず、2人の激似ぶりを証明するエピソードといえますね。

山崎弘也は、相方の柴田英嗣が2010年2月から休業したのに伴い、約10年間にわたってアンタッチャブルとしての活動を休止していました。2人が久々に並んだ姿を見せたのは、2019年11月29日放送のバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」でのこと。過去の出演でも、ザキヤマが来ると見せかけて別人が登場するという「コンビ復活ネタ」で度々イジられていた柴田英嗣。この日、いつもの調子で登場した“なんちゃってザキヤマ”が、小手伸也でした。

柴田英嗣も困惑気味にツッコミを入れるほど仕草までザキヤマになりきり、その後に本物の山崎弘也が登場する驚きの展開に最高の華を添え、視聴者からも「小手さん…からのザキヤマ最高」「小手さんありがとう」と熱い感想が寄せられています。

中島広稀は林遣都とソックリ!?2人の関係は?憧れの俳優は?

小手伸也が見せるギャップ演技に話題集中!「真田丸」「エグゼイド」まで

小手伸也の名を一躍有名にしたのが、大河ドラマ「真田丸」への出演です。それまで舞台出演がメインだっただけに、豊臣家の家臣・塙団右衛門役でオファーを受けたの心境は「青天の霹靂」だったといいます。

「真田丸」に起用された理由を「自意識過剰気味な役者がいい」と聞かされ、小手伸也は「なるほど」と納得したのだそう。舞台で傍若無人な人物も演じるなどアクの強い演技に定評があり、インパクトの大きい風貌に自己主張の強さと、まさに自意識過剰の権化のようなキャラクターの塙団右衛門は、小手伸也にピッタリのキャスティングだったのです。

アクの強いキャラクターといえば、2016年10月から放送された「仮面ライダーエグゼイド」で演じた天ケ崎恋も、同作の登場人物屈指の濃さで知られています。アクの強い風貌に、鼻につくキザなオーバーリアクション、しかもナルシストという強烈なネタキャラだった天ケ崎恋。出番は多くありませんでしたが、そのキャラの濃さで存在感を発揮しました。

最近のドラマでは、2019年4月から放送された「集団左遷!!」に、福山雅治演じる主人公・片岡洋の前に立ちはだかるエリート銀行員・鮫島正義役で出演。それまで演じてきたアクの強いキャラとは180度異なり、冷徹で非情なヒールの役柄を演じました。鮫島を演じるにあたり、小手伸也は「どういう人物が手強いか考えて、感情を消してみようと思った」と役作りについて明かしています。

2019年3月から放送されたNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」に起用され、様々なメディアで公言していた朝ドラ出演の念願も叶えた小手伸也。主演を食うほどの存在感を放つ彼が、次はどんなキャラで楽しませてくれるのか楽しみですね。

浅野和之が「ワンピース」に出演!?「コウノドリ」の役柄は?前歯が話題に?
青木崇高と嫁・優香の馴れ初めは?大河ドラマ「西郷どん」のアドリブに絶賛の嵐!
滝藤賢一は知らない人などいない名バイプレイヤー!ドラマ・CMで大活躍

関連記事

ページ上部へ戻る