南沢奈央は若林正恭と結婚秒読み?!ブログ「南沢奈央の読書日記」が面白い!

スポンサーリンク

南沢奈央は若林正恭と結婚秒読み?!立教大学卒の才女!

南沢奈央は若林正恭と結婚秒読み?!

女優の南沢奈央(みなみさわなお)は、2018年1月に、お笑いコンビ・オードリー若林正恭との熱愛が報じられました。その後、ラジオ番組で、オードリー若林正恭が「バリバリ付き合ってる」と堂々の交際宣言をした他、南沢奈央の所属事務所も2人の真剣交際を認めていています。

オードリー若林正恭にプロレスの面白さを教えてもらったことをきっかけに、共通の趣味の読書や落語を通じて交際するに至ったりました。今も順調にお付き合いを続けているようですが、気になるのは秒読みとも噂されている結婚です。交際が発覚した当時、南沢奈央は27歳で、若林正恭は39歳でした。

以前から、年齢的にも結婚を焦っていると話していたのはオードリー若林正恭のほうですが、今のところ、南沢奈央と結婚する可能性や時期については触れていません。とはいえ、「ここまできたら早く結婚してほしい」というファンも多いようです。

スポンサーリンク

南沢奈央は立教大学卒の才女!仕事と勉強を両立させていた

南沢奈央は、中学3年生の時にスカウトされたことがきっかけで芸能界に入りました。とはいえ、スカウトされた直後は、高校受験を控えていたことから話を断ったそうです。高校進学後に、芸能界に入ることをあらためて決意し、BS-iのテレビドラマ「恋する日曜日 ニュータイプ」の主演・多々野ユリ役でデビューを果たしました。

高校在学中にさまざまなドラマや映画に出演し、瞬く間にブレイクした南沢奈央でしたが、当時通っていたのは、偏差値68という明治学院高校。勉強と仕事を両立させることはかなり大変だったと思われますが、さらに立教大学の現代心理部映像身体学科に進学し、卒業しているのもすごいところです。南沢奈央が、努力家や才女と言われている理由はまさにこにあります。

南沢奈央のブログ「南沢奈央の読書日記」が面白い!CM、ドラマの出演作品は?

南沢奈央のブログ「南沢奈央の読書日記」が面白い!自分自身の近況や心情も

読書家であることでも有名な南沢奈央は、「南沢奈央の読書日記」というブログを書いています。毎週金曜日にコンスタントに更新されていて、自分が読んでみたいろいろなジャンルの本を紹介中です。とはいえ、ただ単に感想や書評をまとめているわけではなく、自分自身の近況や心情を交えて書いているところが「南沢奈央の読書日記」のポイント。

スポンサーリンク

たとえば、「ごろごろ」とい記事で紹介されているのは高野文子の漫画作品「るきさん」ですが、ブログのタイトルは南沢奈央の「畳の上でごろごろしたい」という思いから取ったものです。都会暮らしをしながらも、想像力が豊かで、時間や仕事に追われることなく過ごしている「るきさん」に憧れる心情が軽いタッチで綴られています。

その他にも、「南沢奈央の読書日記」には、「もやもや、トイレいくよ」や「蛙たちよ、井を飛び越えろ」「情熱2.0」など、彼女の文才を感じさせるタイトルがずらり。読めば、南沢奈央の感性の豊かさに触れることができるでしょう。

南沢奈央のCMなどの出演作品は?とにかく引っ張りだこ

南沢奈央のCM初出演は、2007年3月から放送された、NTT東日本の「DENPO115」です。新しい学生生活のスタートを祝う祖母からの電報を手に微笑む女子学生役を瑞々しく演じました。ピュアな輝きが魅力の南沢奈央は、その後も、江崎グリコ「ポッキー×赤い糸」や、イオングループ「ハピコム」、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」など有名企業のCMに数多く出演しています。

日本ビクターの「甲子園ポスターキャンペーン」や、ネスレ日本「キットカット」の受験生応援キャンペーンなどでイメージキャラクターを務めていた姿をご記憶の方も多いのではないでしょうか。また、2007年の「生徒諸君」や2008年の「栞と紙魚子の怪奇事件簿」「赤い糸」など出演したドラマも数えきれないほど。

最近は、テレビで見る機会が少なくなったという声もあるようですが、2018年3月にはTBS系列のドラマ「ミステリー作家・朝比奈幸作シリーズ2鳥啼村の惨劇」等にも出演。その他にも、映画や舞台はもちろんのこと、教養番組や紀行番組などで幅広く活躍中です。

南沢奈央は舞台「罪と罰」に出演!舞台女優として成長中

南沢奈央が女優になろうと決めたのは、黒木メイサ主演の舞台「あずみ ~AZUMI RETURNS~」を観たことがきっかけでした。当然、舞台に立つことは女優としての目標の1つだったに違いなく、そんな南沢奈央の願いが叶ったのは2009年のことです。

舞台「赤い白 黒い砂」で初舞台を踏んだ南沢奈央は、京都と東京での公演を終えた後、「1度経験したことをまたやる時、前回以上の力を発揮するためには努力を怠らない」と心に決めたそうです。また、舞台を経験したことで、女優としての幅が広がったとも語っています。

近年も、2016年11月には舞台「サバイバーズ・ギルト&シェイム」でヒロイン役を務めている他、2017年7月には青山クロスシアターで公演されていた舞台「カントリー〜THE COUNTRY〜」に出演するなど意欲的な南沢奈央。精進する心を持ち続ける限り、舞台公演を1回終えるごとに、さらなる実力をつけていくことでしょう。

そんな南沢奈央が、2019年1月に公演される舞台「罪と罰」に出演することが発表されました。「罪と罰」は、ロシアの文豪ドストエフスキーの小説を舞台化した作品で、主人公の青年ラスコリニコフは三浦春馬が演じます。南沢奈央の役どころは、ラスコリニコフの妹ドゥーニャ。芯の強さを持つ帝政ロシア時代の娘を、どのように演じるのでしょうか?オードリー若林正恭との交際も順調な様子の南沢奈央が、これまでとはまた違った演技を見せてくれるかもしれず楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る