仲野太賀の映画・ドラマにみる俳優魂は父・譲り?菅田将暉とは嫉妬しあう親友!?

仲野太賀のファン代表は父・中野英雄?改名した理由がカッコいい!

仲野太賀のファン代表は父・中野英雄?ツイッターで出演作アピール!

個性派俳優として知られている仲野太賀。父は俳優の中野英雄です。1992年1月から鈴木保奈美主演で放送されたフジテレビドラマ「愛という名のもとに」でチョロこと倉田篤役を演じていたと聞けば、ピンとくる方もいるはず。最近はVシネマへの出演が中心ですが、これまで様々なドラマや映画に出演しています。

仲野太賀がずっと背中を追いかけてきたという父は、彼のファン代表といっていいかもしれません。中野英雄はツイッターで仲野太賀の映画や舞台など出演作を度々アピール。ファンたちの間でも、中野英雄のツイッターを楽しみにしている人も多いようです。

こちらもおすすめ:中野英雄と哀川翔の出会いが刺激的!一世風靡から名脇俳優へ

仲野太賀の改名した理由がカッコいい!俳優として生きてく決意の証!

太賀は2019年6月、芸名を「仲野太賀」に改めました。2006年に13歳で俳優デビューして以来、親の七光りではなく演技力で勝負してきた太賀。ここまで来るのに、決して順風満帆だったわけではありません。自分の演技に劣等感さえ抱いていたといいますが、2018年は主演映画2本を含む5本の映画に出演し、俳優として高く評価されるようになってきました。

太賀はこれを機に俳優として生きていくことを決意し、その証として改名することにしたのです。本名の「中野」ではなく「仲野」にしたことには、深い意味があります。それは、仲間との出会いが俳優人生の財産だと思うようになり、これまで支えてくれたスタッフや俳優たち“仲間”に対する感謝の気持ちを込めたかったからだといいます。

この改名理由に、彼がこれまで俳優として成長してきた陰には、共演者やスタッフなど多くの人たちとの出会いが大きな意味を成していたことが分かります。仲野太賀自身が作品に全力で向き合うからこそ、出会った人たちとの間に良い関係が生まれるともいえるでしょう。

仲野太賀がブレイクしたドラマは?菅田将暉とは嫉妬しあう親友!?

仲野太賀がブレイクしたドラマは?どんな役柄でもこなしてしまう演技力!

NHK大河ドラマ「風林火山」など数々のドラマに出演してきた仲野太賀は、2016年4月から放送された日本テレビドラマ「ゆとりですがなにか」で、マイペースなゆとり世代の会社員・山岸ひろむ役を演じたことでブレイクしました。

山岸を主人公にしたスピンオフドラマが制作されるなど、同作で一躍知名度を上げた仲野太賀は、2018年10月から賀来賢人が三橋、伊藤健太郎が伊藤を演じて大ヒットし、映画化も決定した日本テレビドラマ「今日から俺は!!」で紅羽高校の番長・今井役を演じ、さらに評価を上げました。

原作での今井は身長192cmの大男。168cmの仲野太賀が演じるとキャストが発表された際には、原作ファンから「イメージが合わない」という声が多く聞かれました。しかし放送がスタートすると、仲野太賀はバカがつくほどお人好しの今井を見事に演じ切り、主役の三橋を食うほどの存在感で人気キャラに押し上げました。どんな役柄でもこなしてしまう仲野太賀の演技力は、業界でも注目されています。

こちらもおすすめ:伊藤健太郎(俳優)の改名理由はドラマ「今日から俺は!!」?ツンツンヘアを自毛で完全再現

仲野太賀と菅田将暉は嫉妬しあう親友!?お互いの家を行き来するくらい仲がいい!

仲野太賀は2014年、第6回TAMA映画賞で菅田将暉と共に最優秀新人男優賞を受賞していますが、実は菅田将暉とは高校時代からの親友。今でも、お互いの家を行き来するくらい仲がいいようです。

仲野太賀が初めて菅田将暉に嫉妬したと言っているのは、2013年の映画「共喰い」のオーディション。仲野太賀は演技を見てもらうことすらなく落選したのに対し、同じオーディションを受けていた菅田将暉は主役に抜擢されたのです。一方、菅田将暉も太賀として活動していた彼と初共演した2012年放送のドラマ「ブラックボード ~時代と戦った教師たち~」で、仲野太賀の泣く演技を見て驚愕。とてもかなわないと感じたことを明かしています。

仲野太賀はスターダストプロモーション、菅田将暉はトップコートと所属事務所は別ですが、お互いが励みになり、高めあう存在であったからこそ、2人は俳優として現在の評価を得られたのではないでしょうか。これからもずっと親友であり、ライバルでもあるという良い関係を続けてほしいですね。

こちらもおすすめ:菅田将暉は池田高校時代もモテモテだった!本名や実家も普通じゃない!?

仲野太賀&菅田将暉が新作映画で異端児YOSHIを教育!?

仲野太賀は、9月6日に公開された映画「タロウのバカ」に出演しています。役どころは、理性的で臆病な高校生・スギオ。菅田将暉も、スギオの友人・エージ役で共演しています。

同作は、戸籍もなく生まれてから一度も学校に行ったことがないという少年・タロウが、仲野太賀、菅田将暉扮する高校生2人と一緒に本能のまま行動するというストーリー。現代社会をどう生きればいいのかということを考えさせられる、大森立嗣監督の問題作です。

主人公・タロウに抜擢されたのは、同作が俳優デビューとなるモデルのYOSHI。先輩にも臆さずタメ口で話すなど、異端児とも言われているYOSHIを仲野太賀と菅田将暉は新人類と呼び、興味津々の様子。仲野太賀は初対面でYOSHIの強烈なキャラクターに少し驚いたようですが、彼の才能を生かすも殺すも自分たちだという責任感から、菅田将暉と分担して作品との関わり方など、俳優としての心得を植え付けていったのだとか。

仲野太賀と改名し、俳優として生きていくこと決意した太賀。「タロウのバカ」のスギオ役もその決意を物語るかのように、なくてはならない重要な役どころです。親友の菅田将暉とは同作でも親友という設定なので、YOSHIも交えた三人がどう関わっていくのかも気になるところですね。

「来る」や「町田くんの世界」など、話題作への出演が増えている仲野太賀は、今後の活躍がますます期待されるところ。2020年の新春映画「静かな雨」では衛藤美彩とのダブル主演も決まっており、どんな役柄をどのように演じるのか、これからも目が離せませんね。

<こちらもおすすめ!>

吉沢亮の「銀魂」沖田総悟が再現度高すぎ!出演ドラマにツイッターが沸く
磯村勇斗が「今日俺」で人気!仮面ライダー俳優だった?他の出演ドラマは?

杉野遥亮は菅田将暉と同事務所の俳優!ファースト写真集「あくび」が絶好調

関連記事

ページ上部へ戻る