田中愛美選手がパラリンピック車いすテニス代表に!大学を退学したのは事故がきっかけ?

田中愛美は2020パラ車いすテニスに出場!選手としての魅力とは?


田中愛美のプロフィール
◆生年月日:1996年6月10日
◆出身:埼玉県
◆身長・体重:非公開
◆血液型:非公開
◆所属:ブリヂストンスポーツアリーナ
◆2020年Toyota Open International De L’ile de Reシングルス・ダブルス優勝

田中愛美は東京パラオリンピック女子車いすテニス代表

田中愛美(たなかまなみ)は、東京パラリンピックにテニス日本代表選手として出場します。

2020年に開催されるはずだったパラリンピックに出場が内定していたものの、コロナ禍で延期。目の前にあった目標が一度立ち消えてしまった田中愛美。しかし、2020年9月にフランスで開催されたITF2シリーズ大会でシングルスとダブルスともに優勝するなど好成績を残し、1年延期となった東京オリンピックにつなげました。

「もうちょっと経験が積めた状態で臨める」と気持ちを切り替え、モチベーションを維持し続けたことで、本番の大舞台には最高の状態で臨めそうです。

田中愛美が世界のトッププレイヤーと戦う強みとは?

田中愛美は、2016年のワールドチームカップで日本代表デビューして以来、車いすテニスの世界ランキング上位をキープしています。

その強さの秘密は、フラット系の低い弾道で放たれる強力なフォアハンドストローク。メディアのインタビューに「もともと、戦略を考えてというタイプではない」「打てるところに自信を持って自分のショットを打つことが一番大事かな」と語る一方、「フォアが低く入っていけば、自信になる」とし、世界で戦う上での強みとしているようです。

世界の強豪を相手に一歩も引かない試合ができる実力を身に着け、いよいよ大舞台に臨む田中愛美が頂点に立てるのか注目です。

セリーナ・ウィリアムズの生涯獲得賞金が女子1位!?プロテニスでの成績とは!?

田中愛美は事故後もテニスに熱中!大学を辞めた理由とは?

田中愛美は不慮の事故で車いす生活に

田中愛美は中学生の頃からテニスを始め、3年生になると部長も務めました。高校でもテニスを続け、充実した学校生活を過ごすはずだった彼女の人生を大きく変えたのは、高校1年の冬。自宅の外階段で転落し、脊髄損傷で下半身が麻痺してしまいます。

この先ずっと車いすの生活が続くことを受け入れられない思いはあったものの、「どうしても部活に戻りたい!」という気持ちが強かったという田中愛美。テニス部顧問の尽力もあり、学校が校内にスロープや多目的トイレを設置するなど、復学できる環境を整えてくれたことで「本当に普通の女子高生として過ごせた」と、パラリンピックの総合情報サイト「パラサポWEB」のインタビューで高校生活を振り返っています。

田中愛美はパラリンピック出場を目指して大学を中退

田中愛美は不自由な身体になってから高校の友人や恩師に助けられ、後ろ向きな気持ちにならず過ごすことができたと、前述のインタビューで感謝の思いを語っています。

自分を支えてくれた人たちへの恩返しは、ありきたりなことではとても足りないと考えた田中愛美が出した答えは、ちょうどその頃に開催が決定した2020東京パラリンピックへの出場でした。しかし、当時はまだ世界ランキング上位にいたわけでもなかった田中愛美は、このままでは目標を達成できないと大学も退学。すでに世界で活躍していた女子車いすテニスの第一人者・上地結衣と同じくテニス一本に打ち込むことを決めます。

それから練習に明け暮れる日々が始まり、2016年には現在のブリヂストンスポーツアリーナへ移籍。より練習に専念できる環境を手に入れたことで、同年は国内外の3大会でシングルス優勝。世界国別選手権に日本代表として出場が決定するなどメキメキと力を伸ばし、世界と対等に戦える技術を身に着けていきました。

杉山愛は元プロテニス選手・テニスの指導者!テニスでのギネス記録とは!?

田中愛美が車いすテニスのルールを解説!ダイエットに余念がない?

田中愛美のコラムが好評!車いすテニスのルール解説も

田中愛美はテニスの総合情報サイト「Tennis Classic」で、2020年11月からコラムを担当しており、その第一回で車いすテニスと通常のテニスとのルールの違いについて説明しています。

車いすテニスと通常のテニスは、大半が同じルールに基づいて試合が行われるものの、ただひとつ「2バウンドで返球してもOK」という点が最も大きな違いなのだそう。しかし、競技性自体はもとより、テニス競技に適した車いすの開発によって年々プレーのレベルが上がり、今では車いすテニスでも1バウンドでラリーするハイテンポな試合が主流になっているといいます。

車いすテニスの競技性を高めた理由について、田中愛美は競技用の車いすが開発されたことが大きいと綴っています。競技が始まった当初、選手たちは通常の車いすを使っていたため、一人でコート全面をカバーするのは大変なことでした。そんな中、車いすテニスの競技人口の増加と人気の高まりに伴い、より競技しやすい車いすの開発が進行。タイヤが八の字になった現在の競技用車いすが誕生し、コート内をスピーディに移動しながらのプレーが可能になったのだそう。

1バウンドでのラリーに加え、車いすテニスならではの2バウンドでの返球を利用したダイナミックな試合運びも醍醐味だと解説する田中愛美。パラリンピックでは、車いすを駆使してコート内を縦横無尽に移動する選手たちのパワフルな試合が見られそうです。

田中愛美はスイーツ大好き女子!ダイエットの秘訣は?

田中愛美は車いすテニスプレイヤーとして良いコンディションを保つため、日頃から体重の管理に最も気を配っていると前述のコラムで明かしています。

ベストな体重から700g増えると、車いすを操る際に重みを感じるという田中愛美。運動量を増やして体重を減らすのは、時間の制限や筋肉痛が試合に影響する恐れがあるため、専ら食事内容の調整で体重をコントロールしているのだとか。

大会が行われる現地に入ると試合当日に備え、野菜中心に摂るなどして食事量を抑えると語る一方、試合が終わった後は大好きな揚げ物とスイーツを満足するまで食べると明かし、20代の女子らしい一面ものぞかせていました。

2021年8月24日に開会する東京パラリンピックの車いすテニスは、8月27日から都内にある有明テニスの森で競技が始まり、女子シングルスは9月3日、ダブルスは4日にメダルの行方が決まります。初の五輪出場となる田中田中愛美が会心の試合でメダルを獲得し、格別に美味しいチキンとアイスを食べられるのか注目が集まります。

国枝慎吾は車椅子テニスの王者!賞金、年収がキビシイ!フェデラーにも認められた実績
石黒賢がとくダネでかつての相棒と共演!テニスで秋篠宮様と対戦!?
一ノ瀬メイ、リオパラリンピックの挑戦!ハーフ水泳選手の家族とは?

関連記事

ページ上部へ戻る