大原優乃の写真集が大ヒット!Dream5・ようかい体操時代の悩みとは?姉弟愛が微笑ましすぎる!

大原優乃はバンドメンバーだった!紅白出場経験も?

大原優乃はバンドメンバーだった!Dream5のダンサーとして活躍

大原優乃(おおはらゆうの)は、2017年6月に「週刊プレイボーイ」でデビューした人気上昇中のグラビアアイドルです。

グラビアアイドルになる前の大原優乃は、バンドのメンバーとして活躍していました。2009年にNHK教育テレビ「天才テレビくんMAX」の番組オーディションで、ダンスボーカルユニット・Dream5のダンサーに選ばれてCDデビュー。2014年には、アニメ「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ「ようかい体操第一」が大ヒット。ライブ活動や音楽番組への出演で、一気に知名度がアップしました。

大原優乃は紅白出場経験アリ!?企画コーナーで場を盛り上げていた!

大原優乃はDream5の一員として、2014年に「第65回NHK紅白歌合戦」の「嵐 meets 妖怪ウォッチ」という企画コーナーに出演しています。当時「妖怪ウォッチ」が一躍人気を博していたことから、オープニング曲を歌うキング・クリームソーダーと共に、場を盛り上げるための出演でした。紅白歌合戦に出場することはDream5のかねてからの願いだったようですが、企画コーナーという形で、その願いは叶いました。

2016年12月にDream5の活動が終了したことを機に、ソロで芸能活動を続けることを決意した大原優乃。Dream5の活動をしていた頃からモデルなどの仕事をしていましたが、子供向け番組で知名度がアップしたため、水着姿になるグラビアモデルなどはしておらず、ソロに転向したことで仕事の幅が広がったともいえます。

こちらもおすすめ:坂井仁香がディズニーのCMで注目度アップ!セブンティーンの美少女モデルはインスタも人気!

大原優乃は雑誌モデルとしても活躍!経歴やプロフィールを紹介

大原優乃は雑誌モデルとしても活躍!ファッション雑誌の専属モデルだった

大原優乃はDream5のメンバーとして活動をしながら、女子中高生向けのファッション雑誌「ピチレモン」や「LOVE berry」の専属モデルとしても活躍してきました。その当時、人知れず自分のバストにはコンプレックスを感じていたといいます。

そのコンプレックスとは、日本女性としては標準よりもサイズの大きなFカップだからというもの。「妖怪ウォッチ」で踊っている時も、胸にさらしを巻いて目立たないようにしていたそうです。ソロになってから、大原優乃はずっと抱いてきたコンプレックスをプラスに変えようと決意し、グラビアアイドルに転身したのです。

大原優乃の経歴やプロフィールを紹介!弟に対する愛がハンパない!?

大原優乃は1999年10月8日生まれ。出身は鹿児島県です。ダンスをしている2歳年下の弟は、「TEAM KAGOSHIMA」として2017年8月にイギリスで決勝大会が行われたダンスの世界大会「UDO STREET DANCE WORLD CHAMPIONSHIP」に出場し、18歳以上のチーム部門で優勝した経験があるのだとか。

そんな弟を溺愛する大原優乃は、2018年12月29日に放送された日本テレビ系列のバラエティ番組「有吉大反省会 2時間半SP」へ「ファンをあきれさせるくらい弟のことしか話さないこと」を反省するために出演。禊は大好きな弟のために、DA PUMPがヒット曲「U.S.A.」で流行させたダンスを完璧にマスターするというものでした。

久々のダンス披露となった大原優乃は、これを1週間でマスター。見事に踊りきって弟にもカッコいいと褒められ、ご満悦でした。番組内では、大原優乃がグラビアアイドルとして活動することを応援しているという弟が大原優乃に手紙を読み上げるサプライズも。「やりたいことを楽しんでやり切ってください」という最愛の弟からの激励に、思わず涙する場面もありました。

こちらもおすすめ:ぱいぱいでか美が「有吉反省会」でブレイク!博多大吉の愛人!?

大原優乃、ドラマ挑戦したオペラに絶賛の声!グラビアアイドルとしても人気上昇中!

グラビアだけでなく、女優として舞台や映画、テレビドラマなどの出演も増えつつある大原優乃。最近では、菅田将暉主演で2019年1月から放送されたドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」に、生徒の辻本佑香役で出演しました。

同作は衝撃的な学園ミステリーとして話題を呼びましたが、特に第8話の放送が注目を浴び、視聴率が番組最高の12%を記録。この数字をたたき出したのは、大原優乃の歌声があまりにも素晴らしかったからかもしれません。

大原優乃が演じた辻本佑香は、歌が好きな美少女。自習時間に廊下で歌うシーンがありましたが、その歌はJ-POPなどではなく、オペラでした。このシーンのために、大原優乃はオペラをたくさん練習したと語っていましたが、その努力が実ったということでしょう。画面を見ていなければ番組のBGMかと間違えてしまいそうなほどの美声に、視聴者からは「インパクトすごかった」「歌うますぎ」「新境地」など、絶賛の声がたくさん寄せられていました。

女優の仕事をこなしながらも、大原優乃の活動はやはりグラビアが中心かもしれません。雑誌の表紙オファーは年間30誌を超えるとか。2019年3月には、オンライン書店「Fujisan.co.jp」で取り扱っている雑誌やフリーペーパーで表紙を飾った回数が一番多い女性に贈られる「カバーガール大賞」を受賞しています。

そんな大原優乃はグラビアデビューした翌年の2018年3月1日に、初めての写真集「ゆうのだけ」を発売。ファンの間で「清純すぎるFカップ」と呼ばれている彼女のファースト写真集は、発売前にもかかわらずAmazonの写真集ランキングで1位を獲得しました。20歳になる誕生日の2019年10月8日に発売が決定した2冊目の写真集では、鹿児島や沖縄で撮り下ろした写真に加え、ランジェリー姿も披露しているとのことで、第1弾以上の売上を記録する可能性大です。

守ってあげたくなるような純粋さが、大原優乃の魅力かもしれません。今後、グラビアアイドル、そして女優としても、どのように成長していくのかが楽しみですね。

<こちらもおすすめ!>

大原優乃は元Dream5のメンバー!ファースト写真集が発売前にランキング1位奥山かずさはモデル・女優!グラビア界のニューヒロインとして名があがっている彼女の経歴とは!? 
グラドル奈月セナのプロフィールが気になる!SNSもスタートしてこれから大注目!?

関連記事

ページ上部へ戻る