音尾琢真はTEAM NACSの愛くるしい末っ子キャラ!しかし実力はNO.1!?

音尾琢真はTEAM NACSの愛くるしい末っ子キャラ!しかし実力はNO.1!?出典:https://www.cinemacafe.net/article/2015/12/07/36227.html

音尾琢真はTEAM NACSの愛くるしい末っ子キャラ!身長体重もTEAM NACS最小だけど意外な一面が!

音尾琢真はTEAM NACSの最年少メンバー!愛くるしい末っ子キャラがチャームポイント

音尾琢真(おとおたくま)は、北海道ローカル劇団から、今や日本一チケットが取れない人気者となった「TEAM NACS」のメンバーです。リーダーの森崎博之をはじめ、安田顕、戸次重幸、大泉洋らを擁する5人ユニット「TEAM NACS」の中で、音尾琢真は最年少です。

そんな音尾琢真は、全国放送された北海道のローカル番組「ハナタレックス」でも知られる通り、離れ目の顔や、恋愛事情をメンバーにいじられるといった愛されキャラでお馴染みです。番組の企画では、「注意力がなくて、何も気付かないおバカちゃん」と認定されたこともありました。

4人の兄貴が主導してくれるためか、のほほんとしているところも、末っ子・音尾琢磨ならではのチャームポイント。口数は少ないですが、安田顕の暗い無口とは違う和ませキャラが、「TEAM NACS」が絶妙なバランスを保つ一因となっています。

音尾琢真は身長体重もTEAM NACS最小だけど意外な一面が!

音尾琢真は、身長170cm、体重60kgです。「TEAM NACS」の中では、末っ子らしく、身長173cmの戸次重幸に次いで最も小柄となっています。1976年3月21日生まれで、北海道旭川出身の音尾琢磨。「TEAM NACS」のリーダー森崎博之の出身校でもある、偏差値60の北海道旭川西高校を経て、他のメンバーと同様に北海学園大学に進学。大学の演劇研究会に所属していた5人によって、後に「TEAM NACS」が結成されています。

年齢や身長まで、末っ子づくしの音尾琢真ですが、高校時代は男子新体操部に所属しており、運動神経は「TEAM NACS」のメンバー内ではピカイチです。また、父親は元北海道警察の警官で、音尾琢真が出演した映画「日本で一番悪い奴ら」のモデル警察官と同僚だったという、意外に骨太なエピソードも。こういった背景を匂わせない、のほほんとした雰囲気が、音尾琢真の魅力と言えそうです。

音尾琢真と美人嫁の結婚馴れ初め!舞台で引っ張りだこの演技派俳優に!

音尾琢真と美人嫁・春日井静奈との結婚馴れ初めはW不倫だった!?

音尾琢真は、2008年9月13日、3歳下の嫁・春日井静奈と結婚しています。春日井静奈は、内田有紀や米倉涼子を輩出したユニチカ水着キャンペーンモデルから芸能界入りした美人女優です。3歳から始めたクラシックバレエやモダンダンスでの華やかな活動歴もあり、抜群のスタイルを誇ります。

「目と目の間は離れていても、アナタの心は離さない」と謳う音尾琢真ですが、ややうだつの上がらない風貌の男が、誰もが羨む美人嫁と出会ったきっかけが気になります。2人の出会いは、2006年から北海道HTBテレビで放送されていた「やまだひさし 音尾琢真 素晴らしい世界」でした。

春日井静奈をゲストに迎えたドラマコーマーで、濃密なW不倫の関係を演じたことをきっかけに、2人は急接近。DJやまだひさしの世話の下、長らく秘密の交際を続けてきた音尾琢真が「不倫相手と結婚します!」と報告した際には、収録現場が笑いに包まれたそうです。

音尾琢真に大物舞台演出家からの止まないラブコール!実力はTEAM NACSでNO.1か!?

音尾琢真は、「TEAM NACS」の中でこそのほほんとした末っ子キャラですが、ただの甘えん坊ではありません。大泉洋や安田顕、戸次重幸に比べると影は薄く感じてしまいますが、2本のNHK大河ドラマ「龍馬伝」「花燃ゆ」で重要な役どころに抜擢されるなど、今、俳優・音尾琢真の存在感は高く評価されています。

新体操部で鍛えた身体能力と、歌のうまさにも「TEAM NACSではNO.1」との定評があり、舞台の大物演出家からのラブコールも絶えない音尾琢磨。映像作品では脇役ポジションの音尾琢真ですが、2011年から出演している主演舞台「ORANGE」は、「TEAM NACS」メンバーとしては初の再々演を果たしました。

また、2014年には、絶対に主役を譲らないことで有名なラーメンズ小林賢太郎が、音尾琢真の表現力に惚れ込み、自身の作品「ノケモノノケモノ」の主演に抜擢しています。

音尾琢真が映画「無限の住人」の豪華キャストに仲間入り!第1子も誕生して末っ子キャラ返上!?

音尾琢真は、末っ子だからこそ、4人の兄の成功や失敗例を静観する目を持っていると、「TEAM NACS」のリーダー森崎博之や大泉洋は言います。そのため、キャラに反して、メンバーの相談役を担う頭脳派でもあるそうです。なおかつ芝居における繊細な表現力で、現在の音尾琢真には、”TEAM NACSの切り札”との呼び声も高まっているといいます。

そんな音尾琢真は、2017年4月29日公開の木村拓哉主演映画「無限の住人」にも出演していました。音尾琢真が演じたのは、福士蒼汰演じる天津影久の祖父で、江戸最強の道場を破門にされた天津三郎役。木村拓哉演じる百人斬りの侍・万次との共演シーンはありませんが、万次と影久が出会うきっかけとなる、重要にして渋い役どころです。

音尾琢真は、超豪華キャスト揃いの同作への出演に、「わたくしごときが……」と謙遜気味でしたが、これまでのキャリアを眺めてみれば、異論を唱えるものは誰もいないでしょう。2017年1月4日には、「長い間、諦めずに頑張ってくれた妻に感謝します」と、結婚してから9年越しとなる第1子誕生を報告した音尾琢真。父親となり、さらに懐が深くなっていくであろう表現力は、もう末っ子という呼び名は相応しくないのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る