淵上泰史は「昼顔」や安達祐実との濡れ場を演じた映画「花宵道中」で飛躍!辛い経験で色気が増した?

淵上泰史は「昼顔」や「花宵道中」で飛躍!実家は人気パン屋!結婚しているの?


淵上泰史のプロフィール
◆生年月日:1984年4月30日
◆出身:和歌山県
◆身長:176cm
◆血液型:非公表
◆所属事務所:アパッチ

淵上泰史は「昼顔」や安達祐実との共演映画「花宵道中」が俳優人生の転機に

淵上泰史(ふちかみやすし)は2011年にデビューして以降、数々の映画やドラマに出演していました。いずれも脇役で、デビューからしばらくの間は、大きな注目を集めることはありませんでした。

しかし、主婦が平日に不倫するというセンセーショナルな設定で話題を集めた、2014年7月から放送の上戸彩主演ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」に出演して以来、次第に名前が知られていくことに。

そして、淵上泰史の俳優人生に大きな転機をもたらしたのが、安達祐実と共演した2014年11月公開の映画「花宵道中」でした。淵上泰史は、安達祐実演じる遊女・朝霧の相手役である半次郎を演じました。

初オールヌードを披露して大注目を集めていた安達祐実の濡れ場の相手という、大役を担った淵上泰史。大女優との濡れ場ということで、かなり緊張もしたそうですが、「朝霧を本当に好きになるように演じた」と真摯なコメントを残しています。映画「花宵道中」はその後の俳優業への大きな弾みとなりました。

淵上泰史の実家は人気パン屋!結婚や身長・体重は?

淵上泰史の身長は176cm、体重は65kg、スラッとした細身の長身体型で、現在は、大森南朋など、実力派俳優が数多く在籍しているアパッチ事務所に所属しています。

実は淵上泰史はデビュー前にテレビ出演歴があり、2010年8月放送の「行列のできる法律相談所」に登場、若槻千夏が見つけた素人イケメンとして紹介されていました。

2011年公開の映画「軽蔑」で役者デビューを果たした淵上泰史ですが、この時の舞台あいさつで淵上泰史の実家がパン屋であることが話題になり、「ベーカリーキッチントムトム」という店であることが明かされています。

気になる結婚歴ですが、2021年時点では特に熱愛報道や結婚についての情報もないので、未婚のようです。

安達祐実のインスタに登場する旦那とのツーショットが話題に!?美肌維持の美容法は?

淵上泰史のサッカーの腕前が凄かった!繊細な演技力が光るドラマや映画は?

淵上泰史はサッカーの腕前が凄かった!デビューまでは苦労の道のり

淵上泰史は、俳優になる前に、プロのサッカー選手を目指していました。その熱意は本物で、中学・高校時代は、サッカー部に所属する傍らで、ガンバ大阪のユースチームに所属し、トップチームを狙っていたというハイレベルなものでした。

しかし、プロを目指して頑張ってはいたものの、トップに上り詰めることがなかなかできずにいた淵上泰史は、いつしかサッカーの道を断念し、ガンバ大阪を去ります。

その後も、流通経済大学に進んでサッカーを続けますが、大学4年生のときに、突然サッカーに対する熱意がなくなってしまったそうです。サッカーから退いた淵上泰史が選んだのは、役者の道でした。

すぐに有名になれたわけではなく、小劇場での黒子やチケットのもぎりなどをして生計を立てながら、さまざまな芸能事務所の扉をたたいていたとか。2011年6月公開の映画「軽蔑」で俳優デビューするまでは、なかなか相手にされなかったそうです。

この映画がきっかけで芸能事務所アパッチに所属するようになったものの、それでも2014年頃まではマネージャーと1日4~5件のテレビ局や映画制作会社を回るなど、顔を知ってもらうのに苦労していました。

役者を目指してからデビューまでに7年近く、名前が売れるまでに約3年の時間がかかった淵上泰史。サッカーでプロになれなかった挫折に対して「いい役者になって見返してやりたい」という強い思いがあったからこそ諦めずに走り続けられた、と語っています。

淵上泰史はドラマや映画で繊細な演技を披露!「ファースト・クラス」「恋ヘタ」にも出演

淵上泰史はデビュー後、ドラマや映画など数々の作品に出演。2014年7月放送のドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」と同年11月の映画「花宵道中」に出演したことで転機を迎え、その名が一気に知られるようになりました。

「不倫」と「純愛」と相対するテーマでしたが、どちらも繊細な演技が求められた出世作の2作品。見事に演じ切った淵上泰史は、2014年10月放送の沢尻エリカ主演ドラマ「ファーストクラス」ではバイセクシャルの矢野隆太郎役を熱演しました。

2017年4月放送のドラマ「恋がヘタでも生きてます」では女性との関係にドライな考えを持つ橋本司を好演し、次々と話題作に出演しています。

ドラマに出演するたびに演技力を示すだけでなく、その独特の魅力で世の女性を虜にしているようです。

2021年10月公開の映画「燃えよ剣」では長州藩士で明治維新三傑の一人・桂小五郎を演じる淵上泰史ですが、周りの俳優陣に負けず、また新たな魅力を見せつけてくれることでしょう。

山田裕貴は父を演技で超えた?ドラマ出演数がハンパないカメレオン俳優の目標は目立たないこと…!?

淵上泰史は映画「ダブルミンツ」初主演で色気アップ!現代ならではのテーマを熱演

淵上泰史は映画「ダブルミンツ」で初主演!辛い別れを経て大人の色気が進化

淵上泰史はバイプレイヤーとして活躍することが多い演技派俳優ですが、2017年6月公開の映画「ダブルミンツ」では主役・壱河光夫を演じ、そのセクシーな魅力で話題を呼びました。

劇中では田中俊介演じる光央との男性同士の恋愛模様が描かれており、異色の内容で注目も集まった作品です。この映画の撮影中に淵上泰史は、母親が亡くなるという悲運を経験しています。

後のインタビューで、母親が亡くなった際に3時間だけ地元の和歌山県に帰って、夜行バスで撮影現場に戻って仕事をこなしたことを明かしていました。

「人生でいちばんつらい中、演じていた役者かもしれません」と振り返る一方で「男の子は母親が死ぬと1人前の男になる、って言葉がありますが、僕自身、役者としても男としても、ひと皮むけたような気がします」とも語っており、自身の変化を感じたようです。

「色気がある」「セクシー」といった言葉で紹介される機会がさらに増えたのには、こうした背景も関わっているかもしれない、と自己分析している淵上泰史。出演してきた作品のテーマや役柄のイメージもありますが、人間としての深みが増した内面の変化が、演技や表情にも大人の色気として反映されているのかもしれません。

淵上泰史がドラマと映画で現代ならではのテーマを熱演

淵上泰史は名脇役として活躍していますが、現代ならではのテーマを扱うドラマと映画への出演が続きました。

2021年1月30日より放送のドラマ「ナイルパーチの女子会」は、水川あさみ演じる大手総合商社勤務のキャリアウーマン・志村栄利子と、彼女が心酔しているSNS日記の作者・丸尾翔子の友情が思わぬ方向へ進んでいく様子を描いた作品。このドラマで淵上泰史は、栄利子の同期・杉下康行役を演じています。

現代人にとって欠かせないコミュニケーションツールの1つとなっているSNSをテーマに展開されるストーリーについて、淵上泰史は「初めて脚本を読んだ時、とても疲れました。それだけパワーバランスが不安定な内容です」と、その印象を述べています。

2021年1月8日に公開された映画「おとなの事情 スマホをのぞいたら」にて、淵上泰史は木南晴夏と新婚カップル役を熱演。映画は、3組の夫婦とひとりの独身男性が、年に1度集まり友好を深めていたものの、ある参加者の発言をきっかけに、スマホに届くメールと電話を全員に公開するゲームを開始するというストーリーです。

この作品は、イタリア映画「おとなの事情」を日本版にリメイクしたコメディ。結婚したての夫婦の夫役を務める淵上泰史も、巧みにストーリーの面白さを引き出しているようです。「面白かった」「怖かった」「考えさせられる」と、バリエーション豊かな感想が寄せられています。

淵上泰史が次はどんなテーマのドラマや映画でその演技を見せてくれるのか、これからも楽しみに見守っていきたいですね。

 益岡徹は結婚して家族アリ!無名塾出身俳優のデビュー秘話!
田口浩正・芋洗坂係長のテンション復活の条件とは?朝ドラ「エール」で松尾諭と似てると話題に
斎藤工のパリコレデビューの思い出とは?結婚願望はゼロ?称賛されるボランティア活動とは?

関連記事

ページ上部へ戻る