宮本亜門が結婚しない深いワケ!心中未遂事件を告白した真相は?宮本亞門に改名!?

宮本亜門が結婚しない深いワケ!心中未遂事件を告白していた!?


宮本亞門のプロフィール
◆生年月日:1958年1月4日
◆出身:東京都
◆血液型:O型
◆演出家デビュー作:アイ・ガット・マーマン(1987年4月11日~13日)
◆演出家

宮本亜門が結婚しないのには深いワケがあった!

宮本亜門(みやもとあもん・2019年より亞を使用)は、1958年1月4日生まれ。ホリプロ、スポーツ文化部所属の演出家です。これまでに、オペラ・歌舞伎・ミュージカルなど、幅広いジャンルのステージの演出を手掛けてきました。

宮本亜門は、1978年のミュージカル「シーソー」で、演出家ではなく、ダンサーとしてデビューします。その後も、ダンサーかつ振付師として活躍していた宮本亜門は、演出の勉強をするため、渡米を決意。アメリカのショービジネスの薫陶を受け、日本に帰国しました。

そして1987年4月に発表したのが、オリジナルミュージカル「アイ・ガット・マーマン」。ここに演出家・宮本亜門が誕生しました。なお、宮本亜門初演出作「アイ・ガット・マーマン」は、1988年に文化庁芸術祭賞を受賞しています。

大人の魅力たっぷりの素敵な男性である宮本亜門。結婚しているのかどうか、関心を寄せられることも多い存在ですが、結婚はせずに独身を貫いています。実は、宮本亜門が結婚しないのには、深いワケがあるそうです。過去の事件がトラウマとなり、人間不信なところがあるという宮本亜門。テレビ出演時の明るい様子からは全く想像つきませんが、本人が若き日の事件を語っていました。

宮本亜門は心中未遂事件を告白していた!

宮本亜門はトラウマとなっている過去について、2008年11月5日放送の「わたしが子どもだったころ」や2015年5月24日放送のバラエティ番組「誰だって波乱爆笑」などで自ら告白しています。宮本亜門は、なんと過去に心中未遂事件を起しているというのです。「なんで生きているのだろう」「人とどうやってコミュニケーションをとればいいのだろう」と思い悩んでいた15歳の宮本亜門は、当時の彼女と夜寝る前に睡眠薬を飲み、同じ時間に死のうと約束したそうです。

そして睡眠薬を飲み、心中自殺を図った宮本亜門。しかし明朝、すっきりと目覚めてしまいました。これにはカラクリがあったのです。睡眠薬を買いに来た宮本亜門の様子を見て、おかしいと感じた薬局の店員が、睡眠薬ではなくビタミン剤を売ったためでした。朝起きて彼女に電話をかけ、薬を飲んだか問うと、彼女は冗談だと判断して薬を飲んでいませんでした。このことがきっかけで、人間不信に陥った宮本亜門は、1カ月ほどひきこもりになってしまったそうです。

この心中未遂事件を、宮本亜門はなぜ告白したのでしょうか。若者の自殺や、さまざまな事件が取りざたされている昨今。いわゆる成功者である宮本亜門でさえ、苦しみ思いつめられた過去もあったと告白することで、絶望に陥っている人々に、生き延びた先の未来を伝えたかったのかもしれません。悩み苦しんできた宮本亜門の告白は、ただ「命を大切に」と言われる以上に心に響くものがあります。

錦織一清が結婚せず独身を貫くワケは?ダンスの神様の現在は演出家!少年隊の今後は?

宮本亜門主催オーディションで発掘された俳優・女優達!2019年には舞台「金閣寺」を演出

宮本亜門主催オーディションで発掘された俳優・女優達!

宮本亜門は、オーディションで配役を選出します。有名俳優の子供だなどといった事情に縛られることなく、実力だけで選んでいくそうです。実力重視のオーディションで宮本亜門に発掘され、活躍している俳優や女優はたくさんいます。

神田沙也加も、宮本亜門に見出された女優の一人です。松田聖子の娘だから選出されたのではなく、神田沙也加には、心を掴む力があったと宮本亜門は語っています。世界的大ヒットとなった「アナと雪の女王」で、圧倒的な歌唱力を披露した神田沙也加のその後の活躍ぶりを見れば、宮本亜門の見極める力の確かさが分かります。

2015年にはミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い」のオーディションで、当時AKB48メンバーだった田野優花と、NMB48メンバーだった梅田彩佳をW主演に選んだ宮本亜門。オーディション合格によって実力が認められた田野優花と梅田彩佳は、その後も複数のミュージカルや舞台で活躍しています。俳優や女優達の実力が見極められるからこそ、宮本亜門演出の舞台は面白いのでしょう。

宮本亜門は2019年に舞台「金閣寺」を演出

宮本亜門は、2019年2月に上演された「金閣寺」を演出していました。これは三島由紀夫の代表作である「金閣寺」を、音楽家の黛敏郎がオペラ化した作品です。2018年3月には、ドイツ語でのフランス公演も行われた、日本オペラの代表作とも言えます。

宮本亜門曰く、この作品は原作以外にいくつか映画化もされており、それぞれまったく違う視点で描かれているそう。宮本亜門の「金閣寺」は、コーラスが忙しいくらいに歌い、動く作品になりました。宮本亜門は、「これまでのいろいろなオペラ『金閣寺』の演出の中でも、もっともコーラスを主役にしていると言えるでしょう」と語っています。

白井晃が演出舞台が高評価なワケ!稲垣吾郎主演の舞台「No.9―不滅の旋律―」が再演

宮本亜門は前立腺がんを患うも精力的に活動!亞門に改名!?コロナ禍で新プロジェクトも!

宮本亜門は2019年に番組で前立腺がん発覚!治療後、宮本亞門に改名!

宮本亜門は、2019年2月に「名医のTHE太鼓判!」というテレビ番組の企画で人間ドックを受けました。そこで前立腺に影があると言われ、精密検査を受けると、ステージ2の前立腺がんであることを告げられました。

その後も「自分らしくなれるのは舞台だ」と、舞台の稽古をしていましたが、1人になると「演出で人にこんなこと言ってるけど、一番自信がないのは自分じゃないか」と落ち込んだと言います。前立腺の全摘出手術を受け、今でも後遺症は残っているそう。しかし宮本亜門は、退院した日から飛行機に乗り、ノンストップで活動しているというから驚きです。

2019年9月8日には名前の漢字を変更して「宮本亜門」から「宮本亞門」に改名したことを発表。直後の9月19日「東スポweb」に心境を明かしたところによると「リセットをさせてもらって、次の1歩を行ける」と癌治療をきっかけに、より強い名前に替えたとのこと。宮本亞門はがんについての講演会で「悲劇も喜劇も、俯瞰して見る」と語っています。つらいことを乗り越えた経験は、演出家としての今後に活きるのではないでしょうか。

宮本亞門はコロナ禍で「上を向いて~SING FOR HOPEプロジェクト」を発足

宮本亞門は、新型コロナウイルスによる「コロナ禍」の状況において、「上を向いて~SING FOR HOPEプロジェクト」を発足しました。これは医療従事者などコロナ禍で働く人々や、部屋で不安を抱え未来を案じている人々に対し、「何かできることはないか」という宮本亞門の想いから始まったプロジェクトで、多くの著名人が参加しています。

プロジェクトの第1弾、第2弾として、シングバージョンとダンスバージョンの2種類の動画を制作。リモート撮影で合唱を構成したシングバージョンには、市村正親、鹿賀丈史、城田 優などが参加し、ダンスバージョンにはISSAや宮川大輔のほか世界トップクラスのダンサーが参加。これらの参加者には、宮本亞門が個人的に連絡をとったそうで、宮本亞門への信頼の厚さがうかがえます。

生死の重みと向き合ってきた宮本亞門。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けているエンターテイメント業界にあっても、前向きです。オンラインでの展開について、自身はテクノロジーに疎く時間はかかるとしながらも「あるじゃない!こんなに情報、そして人に感動を伝える方法論が」と期待を語っています。パワーアップした宮本亞門は、苦境にある業界を力強く引っ張って変化を起こしてくれるに違いありません。

福田雄一が映画「ヲタクに恋は難しい」監督に!過去の代表作は?学生時代にしていたスポーツは?
つかこうへいに鍛えられた豪華俳優陣!石原さとみ、阿部寛、草なぎ剛の出演舞台とは?
喰始のデビューはワハハ本舗の演出家!公演中に逮捕されかけた?

関連記事

ページ上部へ戻る