シシド・カフカがドラムで歌う理由とは?髪型チェンジとドラマが話題に

シシド・カフカとドラムの出会いは?ドラマ出演も話題に


シシド・カフカのプロフィール
◆生年月日:1985年6月23日
◆出身:メキシコ
◆身長:175cm
◆血液型:O型
◆所属事務所:cutting edge

シシド・カフカとドラムの出会いは?

ミステリアスな唯一無二の存在感を放つ、シシド・カフカ。激しくドラムを叩きながら歌う彼女のドラムとの出会いは、14歳の時でした。

父親の仕事の関係で12歳の頃にアルゼンチンへ移住したシシド・カフカですが、彼女自身は移住に後ろ向きでした。多感な年頃であり、また言葉の壁も大きかったのです。

周囲に馴染めず耐え続けていた彼女に、運命的な瞬間が訪れます。ドラムとの出会いです。ドラムならではの「一歩引いたポジション」を気に入ったシシド・カフカはドラムに熱中するようになり、これをきっかけに音楽好きな友人にも恵まれていったのです。

シシド・カフカは歌手活動以外にも女優としても活躍中!話題となった初ドラマ出演作品は?

シシド・カフカの記念すべき初ドラマデビューは、2014年10月からフジテレビ系で放送された「ファーストクラス」です。このドラマには数々の悪女が出演し、主演の沢尻エリカ演じる吉成ちなみを貶めようと試みます。シシド・カフカはその中の悪女の一人を演じ、話題を集めました。

シシド・カフカの女優としての快進撃は、その後も続いていきます。2017年4月から放送されたNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」にヒロインを演じる有村架純をサポートする役どころを熱演した他、同年7月から放送された「カンナさーん!」にも渡辺直美演じる主人公・カンナの夫・礼の浮気相手、草壁真理役で出演。クールながらも一本筋の通ったキャラクターを好演し、好評を得ました。

こちらもおすすめ:高橋メアリージュンは刑務所出身!?「闇金ウシジマくん」で確立した悪女の地位

シシド・カフカの髪型チェンジは究極の断捨離?意外な素顔に驚きの声

シシド・カフカの髪型チェンジは究極の断捨離だった!?バッサリと50cm切った本音とは?

漆黒のロングヘアーがトレードマークだったシシド・カフカですが、2017年10月23日に発売された雑誌「AERA」の表紙でショートカットの新しい髪型を披露しました。

ショートカットにしたのは小学生以来だという彼女が切った髪の長さは、実に50cmにもなります。長年のトレードマークであった髪型をバッサリと切った理由について、シシド・カフカは「髪型の印象が強かった分、その枠から動けなくなるのが怖かった」と語りました。

シシドカフカが語る意外な素顔に驚きの声!髪を切る前と現在との違いを自身が分析!?

クールビューティーとアウトローさが入り混じった激しいドラミングが印象的なシシド・カフカにとって、ロングヘアーはアーティストとして自身を表現する大切なものでした。しかし、彼女の心に変化が生まれます。

「昔は私のミュージシャンとしてのイメージを追求するあまり、沢山の決まり事を作っていました」と語るシシド・カフカ。ドラミングも歌も肩に力を入れずにパフォーマンスできるようになり、考え方も柔軟になってきたことが、長い間こだわってきた髪型を変えようと思えたきっかけになったといいます。

自由奔放に突き抜けてきたように見えていたシシド・カフカの、己の制約によって息苦しさを感じていたという意外な素顔に、ネットでは驚きの声が上がりました。

こちらもおすすめ:miwaは天才的なシンガーソングライター ロングヘアーをバッサリ切ったショートヘアが大反響!

シシド・カフカが創る感性のリズムイベント「el tempo」に注目

2019年10月14日に「高崎芸術劇場 スタジオシアター」で開催されたリズムイベント「el tempo(エル・テンポ)」のプロデュースを、シシド・カフカが手がけました。

「el tempo」は、アルゼンチンを代表する打楽器奏者、作曲家、そして指揮者であるサンティアゴ・バスケスが提唱する究極の即興演奏を楽しめるイベントです。サンティアゴ・バスケスが開発した、アルゼンチンのブエノスアイレス発祥の「Rhythm with Signs」は、100種類以上のハンドサインを「コンダクター」が操作し指示を出すことで、何人もの演奏者による即興演奏を可能にする画期的なシステムです。よって、音楽のジャンルを超えた奏者を招いては一期一会なセッションを展開するという魅力的なイベントが可能になったのです。

2006年から開催されるようになったリズムイベントは人気を博し、現地ブエノスアイレスでも高い評価を受けています。シシド・カフカがプロデュースする「el tempo」はサンティアゴ・バスケスから直接指導を受け、構成は彼女自身が行っています。10月に開催したイベントは好評のうちに幕を閉じ、同月に早くも次回は2020年2月15日に横浜ランドマークホールで行われることが発表されました。

14歳の孤独の中でドラムと出会い、ミュージシャン「シシド・カフカ」の原点である様々なリズムに改めて向き合おうと試みているシシド・カフカ。髪型も音楽も良い意味で力の抜けてきた彼女の新たな挑戦から、ますます目が離せません。

<こちらもおすすめ!>

シシド・カフカの本名、身長、体重は?国籍、父母は?
Official髭男dismは島根で結成!結成当初は上京組を羨ましがることも?
majikoはシンガーソングライター | 名前の由来と気になる最新アルバムとは?

関連記事

ページ上部へ戻る